「信頼出来るパートナー企業と契約したかった。」お客様の声:マンフロット株式会社様

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%88

楽天市場店のスムーズな立ち上げに成功!初年度の売上計画達成へ

「楽天コンサルティング」や制作支援などで成果を上げたマンフロット様の事例を紹介

写真やカメラの三脚、バッグ、アクセサリーなどの製造販売を手掛けるマンフロット株式会社。イタリアに本社を構え、「マンフロット」「ジッツオ」「ナショナルジオグラフィック」など複数のグローバルブランドを展開しています。2015年9月に日本でEC事業を開始する際、弊社が提供する各種制作支援サービスや「楽天コンサルティング」「楽天CPC広告運用代行」「楽天検索エンジン最適化サービス」などをご契約いただきました。その結果、EC事業のスムーズな立ち上げに成功し、順調に売り上げを伸ばしています。EC事業の取り組みや、「楽天コンサルティング」の成果などについて、マンフロット株式会社のeコマースセールスマネージャー・谷原克己様にうかがいました。

■マンフロット株式会社様の事例

<課題>EC参入に向け、パートナー企業を探していた

<対策>弊社の「楽天コンサルティング」などを契約

<成果>楽天市場店のスムーズな立ち上げに成功、売上計画達成が視野に

「しっかりした運営体制を作るため、信頼出来るパートナー企業と契約したかった」

御社の事業の概要をお聞かせください。

写真やカメラの三脚、バッグ、アクセサリーなどの製造販売を手がけています。本社はイタリアにあり、「マンフロット」「ナショナルジオグラフィック」「ジッツオ」「ラストライト」などのブランドをグローバルで展開してきました。撮影用機材のメーカーとしては、高価格帯に分類されており、例えば、三脚の価格は平均数万円で、中には20万円を超えるものもあります。プロカメラマンや映画撮影の現場などで使用されているほか、多くのアマチュアカメラマンの方にも、ご愛用いただいています。

現在運営しているネットショップの概要を教えてください。

まず、2015年9月に楽天市場店をオープンしました。楽天市場店はアウトレットストアとして運営しており、パッケージに傷や汚れが付いた商品や、展示会などで使用した展示品などを扱っています。メーカーの強みを生かしながら、お客様に喜んでいただくために、新たな販売チャネルを作りました。2016年2月には、新品を扱うネットショップとして自社ECサイトもオープンしました。

日本でECを開始したのは、どのような理由があったのでしょうか。

2015年に弊社グループが世界共通のECプラットホームを導入することになり、そのタイミングで日本でもECを開始することが決まりました。グローバルの戦略の一環です。

EC事業を立ち上げる際、弊社の各種制作代行サービスや「楽天コンサルティング」「楽天CPC広告運用代行」「楽天検索エンジン最適化サービス」などをご契約いただきました。弊社にご依頼いただくまでに、どのような経緯があったのでしょうか。

ECへの参入にあたり、すべての事業を当社だけで立ち上げるには、人手やノウハウが足りませんでした。また、しっかりした事業基盤を作りたいと考えていましたので、まずは信頼出来るパートナー企業と組むことに決めました。数社のコンサルティング会社をピックアップし、吟味した結果、いつも.さんと契約した経緯があります。

「契約の決め手は「EC支援の実績」「社内のオープンな雰囲気」「英語を話せるコンサルタントの存在」

ECのコンサルティング会社がたくさんある中で、弊社を選んでくださった決め手は何だったのでしょうか。

決め手は主に3点あります。一つ目は、いつも.さんはEC支援で豊富な実績を持っていること。7000社以上もの企業の支援をしてきたのであれば、信頼できるだろうと判断しました。

決め手の二つ目は、いつも.さんの本社を訪問したとき、社内の雰囲気が良かったことです。私がオフィスを訪れると、デスクワークをしていた社員の皆さんが立ち上がり、挨拶してくださいました。コンサルティングは形のないサービスですから、業務の運営実態が分かりにくいと不安になりますよね。そういった中で、御社の業務の中身というか、社員さんの顔が見えたことは安心感につながりました。

bl1a8929-3

 

そして、決め手の三つ目は、御社には英語を話せるコンサルタントさんがいたことです。EC事業の立ち上げには、イタリア本社のEC担当者も携わりました。その担当者は日本語が通じにくかったのですが、御社の高木さん(編集部注:コンサルティング事業部・高木修事業部長)が楽天市場の仕組みや特徴を、英語で直接説明してくださったので、非常にスムーズに仕事が進みました。

「弊社の課題を外部から指摘してもらえるのがメリットだと感じます」

楽天市場店のオープンから1年が経過しました。これまでにご利用いただいた弊社のサービスの成果を、どのように評価されていますか。

楽天市場店をオープンする際、必要なコンテンツを一から自社で制作するのは難しかったですから、御社と契約したことでスムーズにECサイト立ち上げられたと思っています。また、楽天市場は独特の規約や検索アルゴリズムがある上、売り上げを伸ばすには広告運用や検索対策などの専門知識も必要ですから、その辺りを的確にアドバイスしていただけて助かりました。

KPIの達成度など、数字に表れている成果はありますか?

KPIは売上高を最も重視しているのですが、計画に対して順調に推移しています。具体的な数字は申し上げられませんが、2016年12月期におけるEC事業の計画達成に向け、ほぼ狙い通りに売り上げを伸ばすことができました。売り上げを伸ばすために必要な集客や転換率の施策を、一緒に考えていただけているので、そのことが成果につながっていると思います。

当初ご契約いただいた「楽天CPC広告運用代行」「楽天検索エンジン最適化サービス」などは契約を終了し、現在は「楽天コンサルティング」をご利用いただいています。「楽天コンサルティング」のどのような点に効果を感じていますか。

EC業界の様々な情報や、自社のネットショップを運営しているだけでは分からない成功事例を教えていただけるので、とても役立っています。

また、弊社の課題を外部から指摘していただけることがメリットです。弊社の楽天市場店はアウトレットストアなので、「売りたい商品」を常に仕入れられるわけではありません。化粧箱不良やパッケージが破れた商品が、一定のペースで出てくるわけではありませんから、商品供給の努力を怠ると、店舗の品揃えが悪くなってしまいます。いつも.さんは、常々、「売り上げを伸ばすには商品が命だから、品揃えや取り扱い点数を増やすことが重要」とおっしゃっていますよね。楽天市場店の品揃えが少なくなると、私のお尻を叩くわけじゃないですが、商品を増やす意識付けをしてくださってます。

谷原様の仕事を追い立てているようで、なんだか申し訳ない気もしますが・・・

いやいや、むしろ、外部から指摘していただくことは必要ですよ。自分たちだけで仕事をしていると、腰が重くなるというか、品揃えが減ってきても「まだいいかな」と甘えてしまうこともありますから。いつも.さんは、直近の楽天スーパーセールに向けて、いつまでに、どのぐらいの商品を揃える必要があるといった具体的なアドバイスをくださるので、助かっています。

そうおっしゃっていただけて安心しました。それでは、これで最後の質問となりますが、御社のEC事業の今後について教えてください。

今年9月で楽天市場店が1周年を迎えたわけですが、これまで順調に売り上げを伸ばすことができました。自社ECサイトの業績も堅調に伸びており、EC事業全体の成長を感じています。まずは2016年12月期の計画達成を目指しますが、当社は3カ年計画も策定していますから、数年後を見据え、どのような施策を打つべきか、今からしっかり考えていきたいです。

 

楽天コンサルティングはコチラ

http://itsumo365.co.jp/sem/?feed=rss2&cat=331

http://itsumo365.co.jp/sem/?feed=rss2&cat=331
  •  

ECに関することならなんでもお問い合わせください。

相談フォーム

  • ECノウハウセミナー開催中!
  • ECに関する情報発信中!

株式会社いつも.公式ブログは
株式会社いつも.が運営しています。

人気の投稿

メルマガ簡単登録

ECサイト経営者様・幹部様必見!
ノウハウやセミナー情報をお届け!