メルカリも参考にする中国の動き

180712_01_w1000xh502

みなさん、こんにちは。
株式会社いつも. グローバルEC事業部の責任者を務めております、立川(たつかわ)です。


■イノベーションの中心「上海」で起きていること

今、世界から注目が集まっている都市のひとつが「上海」です。
その上海を変えた中国全土に広がるイノベーションの波について、視察から見えた動きを共有します。

中国は、ここ1年で大きな変化が起きています。この変化をもたらしている背景には、監視カメラと個人情報等のビッグデータが結びつくなど、技術的なイノベーションが人の意識を変えているためです。

都市の中では北京・上海・深センなど、IOTやネットとモノが繋がるスピードは加速しており、特に上海は金融においてもAIやビックデータを中心とした新しいビジネスを産むために世界中から人が集まりました。

そんな上海で何が起きているのかというと、アリペイ・ウィチャットペイという電子決済が一気に広がり、全サービスプラットフォームに浸透し、世界に先駆けてこの1年で一気に全国民へと広がっていきました。


さらにその進化は加速度的に進んでおり、10億人レベルの位置情報・買い物履歴・生活習慣などの個人情報とひも付き10億という超巨大規模のビッグデータがサービスとして使えるようになっているため、世界のビジネスに大きなインパクトを与える存在となっているのです。

アプリで100万ダウンロードがヒットとされる日本に対して、中国ではその10倍100倍という規模で分母の大きなビックデータを得ることができるため、データに基づいたサービスの改善に取り組めるレベルが非常に高くなりました。これに世界中の企業が目をつけています。

日本のフリマアプリ『メルカリ』も、上海にスタッフを常駐させて、新しいビジネスをキャッチして日本で導入しています。中国の莫大なビックデータでテストを行い、メルペイ・メルチャリといったサービスを日本で展開しているのです。

このように、大きなビジネスが動く街となった上海では、優秀なエンジニアやクリエイターの人件費は日本よりも高くなっているため、日本で採用した人材を上海に連れていくなど、さらに様々なビジネス分野から優秀な人材が多くが集まるようになっているのです。


180712_w1000xh528


■人とモノ、そして様々なビジネスが集まる中国

中国では、大きな金融プラットフォームを持つアリババグループ・テンセントが、成長しているコンテンツを競い合うように買収して仲間にしており、例えばスーパー・宅配・出前など多くのサービスがこの2大勢力に紐づく状況になっています。

アリババが提唱した『ニューリテール』や『OMO』(オンラインメジャーオフライン)という考えを見てみると、融合や統合と言った意味合いを持ちます。

オムニチャネルに近い概念ですが、元々あるものを結びつけるというよりは、もっと0ベースで最初からリアルとネットの垣根がなくショップとビッグデータを紐付けて考えています。

そんな中国でも、Eコマースの成長率は前年比20%程度となり、伸び率は少しずつ低下しています。大きな成長を続けてきたECですが、市場規模は小売全体の15%くらいなので、残りの8~9割をどう取りこんでいくのかは、アリババやテンセントにとっても、非常に大きなテーマとなっています。


■日本のメーカー・PB保有企業は、アメリカと中国を同時に攻める動きに

日本の大手企業やメーカー・ブランド・PB保有企業は、3年~5年先を見据えて、ECのグローバル化に取り組んでいいます。

一時は「中国向け越境EC」モデルが優先度が高かった状況ですが、最近は、アメリカはAmazonを活用して参入し、中国は現地法人をベースに、現地からアリババ・JDの複数チャネル展開が主流になっています。グローバル化の順番としては「アメリカ+中国」同時に攻める。その後は、ASEANを攻める。になるかと思います。


アメリカや上海視察報告含め中国・ASEANの動向とEC進出ポイントについて現地の写真を交えて共有するフォーラムを企画しました。経営者・戦略担当・マーケティング担当の方はぜひ、ご参加ください。

日本のEコマース市場も競争が激しくなる中で、5年後を見据えて中国・ASEAN含めたグローバル展開は重点テーマとなっています。本イベントにてEC動向と今後の戦略についてご確認ください。

2018年Eコマースグローバル展開を目指す中国・ASEAN Eコマースフォーラムin東京

日時:7月26日(木)
場所:御茶ノ水ソラシティ
定員:先着70名

フォーラムの詳細・お申し込みはこちら
https://seminar.itsumo365.co.jp/ec_ekkyou/180726

  •  

ECに関することならなんでもお問い合わせください。

相談フォーム

  • ECノウハウセミナー開催中!
  • ECに関する情報発信中!

株式会社いつも.公式ブログは
株式会社いつも.が運営しています。

人気の投稿

メルマガ簡単登録

ECサイト経営者様・幹部様必見!
ノウハウやセミナー情報をお届け!