ユニークな発想で顧客を悩ませないECサイト 最大2500%成長の理由とは

ユニークな発想で顧客を悩ませないECサイト 最大2500%成長の理由とは

みなさまこんにちは。株式会社いつも.コンサルタントです。当社が日本独占公式パートナーを務める世界最大規模のEコマースに関するカンファレンス&展示会IRCE(Internet Retailer Conference&Exhibition)2016に参加してきた中から、私たちが特に注目した今後日本で重要となってくるであろう最新情報をご紹介していきましょう。

顧客を悩ませないという発想のサイトが大きな成長を遂げ、大変注目を集めています。実際に伸びているECサイトを事例にその謎に迫ってみましょう。

売上昨対2500 %のレシピサイト「HOME CHEF」

homeC

なんと売上昨対2500 % という驚異的な伸び率を示している「HOMECHEF」はオシャレな料理を中心としたレシピサイトなのですが、実はそのレシピで使用する食材が無駄なくセットになって販売されており、ユーザーは食材を残すことなくレシピの料理を楽しむことができるようになっています。比較的料理が苦手な人をターゲットにしており、30分以内で調理可能なレシピを手頃な価格帯で集めるなど、これまで大手がやってこなかったユニークなカテゴリーであると言えます。

また、米国では更にニッチな商材もECで伸びいます。それが最近注目されている「saatva」や「leesa」といったマットレスのECサイトです。

mat01 mat02

多くのECサイトでは、多数のブランド品を取り揃えた専門店が多いのに対して、これらのECサイトは、一つのマットレス(1SKU)しか扱わないという非常に大胆な戦略をとっています。店舗として一つの商品を自信を持って訴求し、顧客に悩む余地を与えないと言うわけです。これは、これまでの健康食品や化粧品と言った単品通販とは異なる発想として注目されています。

最後に紹介するのは髭剃りの定期購入ECサイト「Dollar Shave Club」。

shave

Dollar Shave Clubは、毎月1回髭剃りを送るというビジネスモデルで、主にひげが濃い人を明確にターゲティングして展開しています。商品は、松竹梅の3つのタイプの髭剃りを用意しており、価格に合わせて6枚刃・4枚刃・2枚刃と分かれています。ユーザーは条件に合う商品を選ぶと、毎月定期的に商品が送られてくる仕組みです。この髭剃りを定期購入で売るという発想は大手髭剃りメーカーがすぐに同様のサービスを開始させるなど、業界に大きな影響を与えていますが、特にこのサイトが注目を集めたのは「Dollar Shave ClubがYouTubeに投稿したサービス紹介動画です。

あっと言う間に口コミで人気を呼び、YouTubeの視聴回数は2271万回と一気に広まっていきました。1分半の動画には同社のCEOがコミカルに商品や会社の良さをアピールするのですが、放送禁止用語を使ったり、商品が入った段ボールを投げたりと、少し過激な表現が余計に口コミを増やし、閲覧数を伸ばしたようです

ご紹介したマットレスや髭剃りなど、既に成熟しきった市場商品を深く掘り下げて売る手法が大きな成長を遂げています。アマゾンや大手ECのように、あまりに膨大な商品を取扱い、この商品はここがオススメ!と全ての商品をオススメ提案されると迷ってしまって購入に至らないというようなユーザーにとって、 “間違いない”商品だけを選んでお薦めするというビジネスモデルがマッチしたのだと思います。

・ECに関する経営や売り上げアップのご相談は株式会社いつも.にお気軽にお問合せください。
・また、より実践的な情報がいつも.の本「ECサイト[新]売上アップの鉄則119」に掲載しています。
ご興味のある方はぜひご購入ください。

株式会社いつも. 立川

EC事業戦略・マネジメントカテゴリの最新記事