楽天市場における商品にマッチしたターゲット選定法

楽天市場における商品にマッチしたターゲット選定法

こんにちは。
株式会社いつも. 集客コンサルタントの高橋です。

今回は商品にあったターゲットの絞り方について説明いたします。

例えば「植木鉢」を販売している店舗があったとします。

その「植木鉢」の販売対象は個人向けでしょうか?法人向けでしょうか?
個人向けの場合、その商品は玄人向けでしょうか?素人向けでしょうか?
またその植木鉢は魅せるインテリア用でしょうか?

このように“「植木鉢」を売る”といえども、買い手を想像したページ作りを行わなければお客様は迷ってしまいます。

特に商品名に入れるキーワードは検索流入へのひも付きが強いため、ターゲットを意識して商品名を作成するようにしましょう。


また、楽天市場でのスマートフォン比率は70%を超えていると言われているため、スマートフォンユーザーを意識したキーワードを入れることも重要です。

若者も多く検索することを考えると、おしゃれな植木鉢であれば「インスタ映え」「フォトジェニック」等、流行りのキーワードを入れることも重要となります。

このように、若者の間で流行っている言葉もしっかりチェックが必要です。


また、クリック課金型の広告を運用している場合、しっかりと露出させたいキーワードで出ているか心配になりますよね。

一つずつキーワードを検索して露出できているかを確認されていると思いますが、きちんとスマートフォンと楽天市場アプリでも検索しているでしょうか?

多くの方はスマートフォンから検索をし、商品ページにたどり着くため広告が表示されているかの確認はスマートフォンから行いましょう。

特に、4月にリリースされた楽天プロモーションプラットフォーム(RPP)広告は一度の設定で多くのユーザーにリーチできることが魅力の広告であるためPCとスマートフォンでの出し分け設定はできない仕様となっています。

そのため、PC・スマートフォン両デバイスでしっかりと確認することがアクセスを最大化させるために重要なポイントとなります。

ターゲットの絞り込みを行ったあとは、任意のキーワードで表示ができているかしっかりと確認をおこないましょう。


とは言え、

「具体的にどのように確認を行えば良いか分からない・・・」
「キーワード数が多い場合はどうするの?」

とご不明な方もいらっしゃると思いますので、広告運用で効果を上げるための重要なポイントをまとめてお伝えするセミナーを開催します。

任意のキーワードの表示確認方法・成果につながるキーワードの考え方や戦略から、事例と共に実際どんな運用をしたのかといった具体的な内容もお伝えしていきますので、楽天でスマーフォン経由での集客を増やし、売上アップした経営者様・EC責任者様は是非ご参加ください。


セミナーの詳細・お申込みはこちら

モバイルファースト時代の
楽天スマホ経由のアクセスと売上アップ事例公開セミナー

■開催日程

7月18日(水)【東京】
https://seminar.itsumo365.co.jp/rakuten/tessoku/180718

7月25日(水)【WEB】
https://seminar.itsumo365.co.jp/rakuten/tessoku/180725

楽天市場カテゴリの最新記事