専門店商材を扱う会社がECでどのように立ちまわるべきか

専門店商材を扱う会社がECでどのように立ちまわるべきか

現場の最前線で活躍するいつも.コンサルタントに聞く!!
企業のEC担当はこんな時どうすればいいの!?

生花販売店様Question.立ち上げ当初はそれなりにECも成長してきたのですが、今現在自社ECの成長率は店舗に比べると良くありません。何から手をつけるべきかも分かりませんし・・・まずはどのような点に注目して展開していくべきでしょうか?

Answer.自社ECの立ち位置を見極めるために、直接お客様にヒアリングせよ!

やはりどのような商材をどういう風に売るかによってやり方は変わってくると思います。いわゆるお花屋さんというのは、路面店が多いと思います。

その上で、ECがどのような役割を担うべきかを考えていく必要があると思います。
例えばお花屋さんは、商材的にも接客が非常に重要ないわゆる『専門店』に属すると思います。こういったお店はEC上で商品を売るには、プリザーブドフラワーのようなECにマッチした商材を用意して売上を上げていきつつも、店舗にお客様を誘客することで全体の売上を上げていくという方法がマッチすると思います。

専門店の方はしっかりと店舗で接客を行って購入して頂く方が合っているため、いかに店舗に送客できるかがポイントになってくると考えられます。店舗で接客を行っている知識の多い方にブログやメルマガを執筆してもらうとか、店舗スタッフとお客様のコミュニケーション頻度を高めるのも有効ですね。

とはいえ、迷った時に非常に有効なのが顧客に直接ヒアリングするのが一番課題を発見しやすいと思います。ECの利用頻度や利用目的、また、利用していない方にはその理由を聞いてみたりすると実に多くの発見があります。これは店舗を持つ会社の強みでもありますね。

・ECに関する経営や売り上げアップのご相談は株式会社いつも.にお気軽にお問合せください。
・また、より実践的な情報がいつも.の本「ECサイト[新]売上アップの鉄則119」に掲載しています。
ご興味のある方はぜひご購入ください。

自社ECカテゴリの最新記事