広告費用対効果向上!Amazon広告の新機能活用法

広告費用対効果向上!Amazon広告の新機能活用法

みなさまこんにちは。ECコンサルタントの高木です。今回はAmazonで2014年11月にスタートしたCPC型の広告スポンサープロダクトで新しく実装された2つの機能とその活用法をご紹介しましょう。

費用対効果の高いAmazon広告

Amazonで実装されたCPC型の広告スポンサープロダクトは、1クリック2円~と1クリックあたりの単価が低く、早くに始めた事業者様は、大変な効果を実感していました。現在少しずつ利用する店舗が増えてきたため、徐々に単価は上がってきてはいるものの、まだまだ他のモールと比べると高い費用対効果を維持していると言えるのです!

今後もクリック単価は競争が激化するたびに上がっていくことが予想されますが、先日新たに2つの機能が実装されました。それが除外キーワードの設定と検索マッチタイプの追加です。すでにgoogleのアドワーズ等のサーチワード広告を経験されている方ならご存知かもしれませんが、それぞれの機能と広告効果を上げるための活用法をご紹介しましょう。

 

除外キーワード

除外キーワードとは、自社商品と結び付かないワード等を指定して除外する機能です。クリック単価を支払うCPC広告の場合、あまりに目的とかけ離れたワードで流入してくる数が多くなると、すぐ離脱されてしまうため、広告の費用対効果はその分下がってしまいます。そこで、流入ワードを調べて離脱者の多い類似キーワードや第2検索ワードなどを指定して除外することが可能になる機能です。

ちなみにAmazonでは、2つの設定方法があり、通常の掲載商品毎の設定と広告グループ毎の設定を行うことが可能です。商品数が多くなると1品1品に除外キーワードを設定したり変更するのは大変な手間になりますが、Amazonの場合広告グループ毎に設定することが可能ですので、全体を通して除外したいキーワードを一気に省くことが可能になります。

 

完全一致・フレーズ一致の検索マッチタイプ追加

Amazonではこれまで部分一致のみの対応になっていましたが、最近完全一致とフレーズ一致の2つのマッチタイプが追加されました。

例えば『メンズ シューズ』というキーワードを設定していた場合、『メンズ 靴』や『メンズ 靴 人気』のようなものまで全て表示されていました。これは広告を出稿する始めのうちは露出を増やすことにも繋がりますので良いのですが、ある程度流入ワードのログが溜まってくれば、よりコンバージョン率の高いお客様とマッチすることで費用対効果を上げることが可能になってきます。

そこで、ログを見てコンバージョン率の高いキーワードが分かっていれば、指定した「メンズ シューズ」というキーワードのみマッチする完全一致や、まだ少し流入数は欲しい、流入ワードを知りたいという場合には、「メンズ シューズ」という指定したキーワードは完全一致で、前後の検索ワードはマッチ条件を指定しないフレーズ一致を設定することが効果的です。

 

すでに広告をはじめている方であれば、ある程度ログが溜まっていると思いますので、2つの新機能を併せて活用することで費用対効果を上げていきましょう。また、これから広告を検討するという方は、まずは広告を出してログを溜めていくことが重要です。まだまだ費用対効果は高い状態ですが、今後競争が激しくなってきた際に、今のうちから売上による優先順位が高い状態を作り出しておくことで、激しい競争をスムーズに乗りこなすことが可能になります。今後も新しい機能は続々と出てくるため、できるだけ早く取り組むことをオススメ致します!

 

アマゾンカテゴリの最新記事