2018年、楽天市場で注目すべきは?

会議

こんにちは。株式会社いつも. の吉川です。

2017年の楽天市場では、スーパーSALEの伸び率にどんな傾向があったでしょうか。

本日は前年と比較したスーパーSALE時の伸び率を、全体・ジャンル別にまとめてみました。
2017年を振り返り、2018年良い結果を残せるようにしたいですね。

2017年は、殆どのジャンルでイベント期間中の実績が昨年対比を上回る好調な結果でした。
特に2017年6月は前年比140%を超えるなど、イベントの重要性がより顕著になってきています。
では、ジャンルごとの売上伸び率をみてみましょう。

下記は、各ジャンルごとのスーパーSALE時の伸び率をまとめています。
※各ジャンル内で最も売上規模の大きいサブジャンルTOP10の数字を使用

<全体>
3月  117%
6月  142%
9月  130%

<美容・コスメ・香水>
3月  124%
6月  132%
9月  109%
12月 110%

<日用品雑貨・文房具・手芸 日用品・生活雑貨>
3月  130%
6月  120%
9月  103%
12月 113%

<食品 惣菜・食材>
3月  104%
6月  142%
9月  117%
12月 93%

<百貨店・総合通販・ギフト>
3月  362%
6月  290%
9月  166%
12月 162%

<家電 生活家電>
3月   85%
6月  144%
9月  129%
12月 122%

<ダイエット・健康>
3月  89%
6月  111%
9月  108%
12月 115%

<スマートフォン・タブレット>
3月  140%
6月  104%
9月  109%
12月 131%

<ジュエリー・アクセサリー>
3月  114%
6月  131%
9月  123%
12月 105%

<レディースファッション トップス>
3月  107%
6月  119%
9月  136%
12月 134%

<メンズファッション トップス>
3月  107%
6月  140%
9月  121%
12月 113%

<インテリア・寝具・収納 収納家具>
3月  105%
6月  117%
9月  119%
12月 113%

上記のような結果となっております。

ジャンル別にみると、2017年、特に大きな伸び率で市場を牽引したのが「贈答品・ギフト」のジャンルです。3年連続で右肩上がりに成長しており、楽天市場全体としてギフト需要が高まっています。「インテリア」「ファッション」のジャンルでは後半の伸び率が特に好調でした。「ダイエット・健康」「家電」のジャンルでは、前半は昨年を下回る数字でしたが、後半にしっかり回復できています。

全ジャンルに共通する傾向としては、9月のスーパーSALEでは、中日である月、火曜日に全ショップ対象ポイント2倍企画が開催。最終日の水曜日は、楽天イーグルス勝利でポイント2倍あす楽3倍キャンペーンが重なり中日の数字の落ち込みが小さくなりました。

更に、2017年9月からは“5の倍数の日”と“SPU(スーパーポイントアップ)”も始まりました。特に“5の倍数の日”は、12月のスーパーSALEの中日や大感謝祭の最終日とも重なり、昨対比を上回る結果を残すことができた店舗様も多くありました。2017年第3四半期の決算資料でも、楽天市場流通総額における楽天カード決済比率は54.3%となっており、継続的に拡大中です。“5の倍数の日”“SPU”は今後も外せないイベントになりそうです。

今後も、新しく導入されるイベントにアンテナを張って自店舗のキャンペーンとうまく融合させることが2018年も売上アップにおいて重要となるでしょう。

いつも. では課題解決へ向けた糸口をお伝えするセミナーを多数、開催しております。

おかげさまで毎回多くのお客様にお申込みいただいておりますがその中で「行きたいけれど忙しくて参加できない」という声も頂きました。

そこで弊社ではセミナーライブ配信を開催しております。

オンラインでどこでもご覧いただけますのでイベント対策をしっかり行いたい方課題解決の足掛かりを見つけたい方は是非ご参加ください。

効率的に売上をアップする、いつも.式経営セミナー
https://seminar.itsumo365.co.jp/
  •  

ECに関することならなんでもお問い合わせください。

相談フォーム

  • ECノウハウセミナー開催中!
  • ECに関する情報発信中!

株式会社いつも.公式ブログは
株式会社いつも.が運営しています。

人気の投稿

メルマガ簡単登録

ECサイト経営者様・幹部様必見!
ノウハウやセミナー情報をお届け!