楽天EXPO2018「やりたいことというより、やらなければいけないこと」三木谷氏

楽天EXPO2018「やりたいことというより、やらなければいけないこと」三木谷氏

楽天EXPO2018が、昨日7月17日に開催されました。
その速報レポートを共有します。

毎年全国で開催される楽天EXPOですが、今年は“集中”のため東京のみで開催になりました。
そのため、品川高輪の広い会場もいつもより、たくさんの店舗さんの熱気に包まれていました。

前回のカンファレンス講演で「決済」「AI・ビックデータの活用」「ワンデリバリー」「シェアリングエコノミー」などの事業戦略をお話されていましたが、今回はその後のアップデート含め、お伝えしていきます。


まず、最初にあったキーワードは「ONE DELIVERY」

photo_01_1000x632

値上げ、不在再配達、配送料規制などの配送に関わる問題についてCtoCの配達網に、BtoCが乗っている仕組みが限界に達しようとしている、この解決は「やりたいことというより、やらなければいけないこと」と語りました。

前回のカンファレンスでも注力して取組むといったとおり、すごいスピードで実施が進んでいるようです。

具体的には、独自配送としてすでに都内23区で楽天のロゴマークがついたトラックが配送を始め、さらに拠点を増やしていくとのことで、ラストワンマイルに本気で乗り出した、という印象です。

「ONEDELIVERY」構想とは、「在庫 / 配達網 / 物流拠点 / ネットワーク」をつなぐということで実現します。

日本のECの20%以上、楽天経済圏においては流通額約12.9兆円(※1)のユーザーデータを保持している楽天のビックデータを活用し、実際に物流拠点や配送ネットワークを構築し独自の物流網を構築する構想です。

具体的には、楽天で購入した商品データ(商品単価や在庫)とユーザーのライフスタイルや登録データが物流情報として取り扱えること、楽天の全国の物流センターで自動化により、高速で出荷され、ユーザー側での受け取り時間の変更があった場合も即時に配達員へ連携することでユーザーは、最短で受け取ることができ受け取りのストレスから解消された最適なお買い物体験が可能になります。


公演中、将来さらに物量が増えると玄関に荷物を置いて完了とする「置き配」が定着していくともお話されていました。

私も消費者として、マラソンやスーパーセールで買い物したときに受け取りのために家にいる必要があること、またバラバラと届くことにストレスを感じていたため「置き配」には賛成です。

500円の文房具は置き配して良いが高級なバッグは置き配不可といった商品が何か、いくらのものか、置き配して良いか、がわかれば良い置き配は効率的な手段でありデータが活用できる「ONEDELIVERY」ならではサービスになると思われます。

ラストワンマイルにも取り組み、楽天ならではの物流システム「ONEDELIVERY」の今後の展開が非常に楽しみです。

(※1)2017年度通期及び第4四半期決算説明会資料参照



次に「チャットシステムを全店舗に導入予定」の発表

前回のカンファレンスで「楽天は店舗がベースです。店舗の皆さんの特徴を、いかに際立たせるかが楽天市場にとってはとても重要です」と三木谷氏が語っていましたが、そのアップデートの1つでしょう。

チャットシステムは「R-Chat」という名称でユーザーとのリアルタイムでのパーソナルなコミニケーションを実現します。店舗への導入は、今年9月下旬頃を予定しているようです。

昨年よりチャットシステムを先行して導入された店舗の数字が公開されましたが、

転換率 → 14.8ptアップ
平均注文額:135%アップ

という効果が出ているとのことです。

チャットシステム導入後の店舗の運用負担を軽減するために、AIを活用したChatobotの提供も行う予定とのことです。


楽天市場のモバイル経由の流通総額「66.5%」
同時に将来は「85%」まで高まるであろうという見解がありました。

元旦に至っては既に、
流通総額比率:76.7%
訪問比率  :86.1%
という数字になっています。

三木谷氏からは、モバイルでは、「文字」の入力から「音声」に代替されるという話がありました。

音声とAIの対話については、高精度なAIを既に開発中でサンプル動画も会場で公開され、動画では楽天グループ内での購買情報や過去の購入履歴からもAIが提案でき音声案内中に、遮るように話しても認識できるなど実用性の高いAIという印象です。

9月以降チャットの運用負荷もAIを活用したChatobotにより大きく軽減されることが期待できます。


第二部となる戦略共有会では「プラットフォーム強化のための料金改定」を発表

大きくは3つになります。


①包括的な物流サービスの提供(ONE DELIVERY)
店舗さんの物流費用の負担軽減を目指し、将来的にすべての店舗の荷物を楽天が受託することを目指す、とのことです。

photo_02_1000x596

すでに物流会社からの提示価格より条件が良い場合には個別の相談も受け付ける、とのことですが大半の店舗にとっては物流費が軽減される、という印象です。


②R-MAILからR-MEssageへのシフト
コミュニケーション手段の多様化により、既存のメルマガ配信システムから、ユーザーの状況に応じた配信ができる「R-MEssage」へシフトしていく、というものです。

例えば、R-Messageでは、お礼メール、購入後3日に店舗おすすめ商品を案内、購入半年後~1年後に買い替えの案内を行ない、フォローやレコメンドのメールが簡単な設定で自動配信できます。

つまりユーザーへのメールを自動化し店舗の負担を軽減できる機能のようですが、料金については、Rmailと同じような料金設定を検討中とのことですが詳細は追って発表されます。



③ソーシャルコマースの強化
ユーザーとのリアルタイムでのパーソナルなコミニケーションを実現するため、今年9月より全店舗に「R-Chat」の導入が予定されていますが、2019年より使用料金が発生するとのことです。

月間:5,000円(スタンダードコース)
月額:3,000円(がんばれプラン・スタンダードプラン)

そして、アフィリエイト強化
現在の1%に紹介する側の意見として魅力的ではなかったため料金・計測期間を変更するとのことです。

料率:店舗ごとから商品カテゴリーごとに変更
計測期間:30日間から24時間へ変更

例 ファッション:8%、家電:5%




ECは日本のメインインフラを担っていく、楽天市場も時流に適したECサービス提供を続けていくと締めました。

店舗運営で年末商戦に向けての準備を考えるこの時期に、楽天市場で提供される新機能「R-Chat」「R-MEssage」「アフィリエイト」それぞれをどのように活用していくか、早期に着手しておく必要があります。

※本料金改定の案内については、7月末日頃に各出展者に書面で送付するとのこと


第三部では「ガイドライン改定やRMSの改修」について発表

大きくは4つあります。


①商品画像登録ガイドラインを必須化

・テキスト要素画像に対して20%以内
・枠線なし
・画像背景、写真背景は白のみ

サムネイルに関するガイドラインはこれまで推奨レベルに留まっていましたが、ガイドラインを必須化し来年からはAIを使って本格的に取り締まりを実施するとのことです。


②SKUの管理機能の拡充:SKUごとに価格や商品コードの設定が可能に

店舗メリットは、SKUによって価格が異なる場合も同じカゴで集約することが可能となり、分散していたレビューを1つのカゴに集約することができるようになります。 
ユーザーメリットとしては、探したいカラーやサイズのみの検索・在庫確認が可能となり、商品検索時のユーザービリティが向上します。


③タイマー機能の追加
予約タイマー機能導入により、キャンペーンバナーのセール時間に合わせた予約掲載や取り下げや、広告審査時に商品価格の予約変更によるコピーページ作成が不要となります。


④GOLDの刷新によりデータ整備を推進:GOLD V2が2019年リリース予定
新しいGOLD V2のリリースにより、下記が改善されます。
・UI/UXの改善により自由度の高かったGOLDページの見づらさ解消
・モバイル最適化では無い事への対応(検索順位低下を防ぐ)
・ミラーリングされた不正サイトに対するセキュリティ強化

また今後RMS内でGOLDページのデータ分析も可能になります。


ガイドライン改定やRMSの改修は、年内から来年にかけて実施されるとの発表がありましたが、明確な時期は明かされておりません。

「ユーザー」と「店舗」双方の利便性向上に繋がる為、今後も目が離せません。

 

amazon_blog_btn

楽天市場カテゴリの最新記事