ECシステム構築のポイント

ECシステム構築のポイント

ネット事業の新規参入&運営では、カート(ASP)や多店舗運営システム、決済、サイト検証、広告出稿、物流会社など、さまざまな業者を選ぶ必要があります。最初に悩むのは運営システム(カート)選びです。カード業者は大きく3グループに分かれ、ECの目的用途によって、選ぶグループが変わります。各業者の訴求機能面は似てきていますが、導入後の費用やサポート面には差があるので、その点を重視して選びましょう。決済は、新しい決済方法に敏感になることが求められます。今伸びているのはコンビニ後払いとキャリア決済です。


 

運営システム3グループから選ぶ

ネットショップを運営する上では、カート(ASP)や多店舗運営システム、決済、サイト検証、広告出稿、物流会社など、さまざまな業者を選ぶ必要があります。
この中で、EC事業者が最初に悩むのが、カート選びです。一度選んだら乗り換えるのが、かなり面倒になるため、慎重に選ぶ必要があります。
カートの業者は、価格が安く、カスタマイズに制限があるAグループ(Eストアー、フューチャーショップ、MakeShopなど)と、価格が中間で、カスタマイズ可能で拡張性の高いBグループ(EC-Orange、えびすマート、w2ソリューションなど)、他の連携システムや大規模ECに適しているCグループ(ecbeing、コマース21、システムインテグレータなど)の3グループに分かれます。
どのグループを選ぶかは、ECの目的用途によって変わってきます。まず、スモールスタートでEC運営を考えている場合は、Aグループが最適です。ポイント制やスマホ対応など、ECを運営する上で必要な機能はすべて揃っており、不満を感じることはないでしょう。

038

実店舗連携は、拡張性の高さがポイント

一方、実店舗連動(オムニチャネル)を視野に入れている場合は、BグループかCグループが候補になります。実店舗とネットショップを運営すると、ポイントや在庫などを連携する必要があり、それには、拡張性の高さが重要になります。Aグループでは、そこまでのカスタマイズはできないため、BグループかCグループが候補になるのです。

Cグループは、大手企業や大規模なシステム開発と連携を想定して提供企業の信用で選ぶゾーンといえます。
なお、各グループ内のそれぞれの業者については、実際に使える機能面での差はなくなっていますが、導入後のバージョンアップにかかる費用やサポート面での差はあります。導入後、サポート面が悪いと運営に支障をきたすことになるので、自社が中長期的にどのような事業にするか想定した上でシステムを選びましょう。

 

Eコマース特有の多店舗運営ツールや決済方法には目を配る

カート選びに続いて、EC事業拡大に必要なのが「多店舗運営ツール」です。特に楽天・ヤフーといったモールも活用する企業にとっては、多店舗運営ツール活用は必須となります。ショップ数は増えても業務を増やさないための重要ツールとなりますので、図の中から選定をしてもらえば良いかと思います。

039

また、EC独特の決済選定も重要です。これは、クレジットカード決済など定番を入れつつ、新しい決済方法に敏感になることが求められます。今伸びているのが、コンビニや郵便局で後払いできる「後払い決済」とスマホなどの料金と一緒に支払ができる「キャリア決済」で、この2つの導入は必須です。
そのほかの業者については、すべての機能が搭載されたオールインワンのツールも増えていますが、これを選ぶと、新しいCRMが出てきたときなどに乗り換えが難しくなります。個別に選び、新しいツールが出た時すぐに乗り換えられることを想定しておくのもひとつの手段です。
EC事業拡大を想定したシステム・ツール・決済選びの情報収集・選定は大変な労力が必要となります。当社では情報力と実務経験をベースに選定のサポートもしております。

 

・ECに関する経営や売り上げアップのご相談は株式会社いつも.にお気軽にお問合せください。
・また、より実践的な情報がいつも.の本「ECサイト[新]売上アップの鉄則119」に掲載しています。
ご興味のある方はぜひご購入ください。

EC事業戦略・マネジメントカテゴリの最新記事