Amazonの広告と商品ページの関連性

Amazonの広告と商品ページの関連性

こんにちは。
株式会社いつも. 集客コンサルタントの高橋です。

今回はアマゾンの広告と商品ページの関連性についてお話しいたします。

突然ですが、アマゾン店舗を運営していて、こんなお悩みはありませんか?

「アマゾンで売上を伸ばすために広告以外ですることが分からない」
「広告を出しているが、費用対効果が悪い」
「売上を伸ばしたいけど、費用対効果が悪くなるのが不安」

今回お話しする「広告と商品ページの関連性」は、より効率的に広告の効果を出したいあなたに、是非読んでいただきたい内容です。

広告の最適化と、商品ページの最適化は関係があるのか?という疑問をお持ちの方は少なくないと思います。

ですが、
・何もしていない商品ページ
・最適化した商品ページ

のどちらが広告として多く露出されるかを考えると、「最適化した商品ページ」の方がインプレッションが多くなります。

理由としては、商品ページに多くのキーワードを散りばめることで、より多くのキーワードで露出させることができるためです。

また、購入者が必要な情報を商品ページに分かりやすく記載することで、自然と転換率もアップします。

では、どのように商品ページを最適化すればよいのでしょうか。

ポイントとしては、下記2点です。

・商品ページに関連性のあるキーワードを散りばめる
・分かりやすく、見やすく商品情報を盛り込む

たとえば関連性のあるキーワードの例として、「Yシャツ」であれば、下記のように別の言い方や関連性のあるワードを商品情報に盛り込むことが重要です。
「ワイシャツ」「メンズYシャツ」「メンズ」「長袖」「ビジネス」「フォーマル」

上記2点を行うことで、広告のインプレッションも増え、転換率も上がり、より広告の効果が出やすくなります。

商品ページに関連性のあるキーワードを散りばめる場合、最低限、下記項目にキーワードが入っているかを今一度ご確認ください。

・商品名
・箇条書き
・検索キーワード

このように、最適化した商品ページを広告で露出することで、アクセスと注文件数が伸びると、検索順位やランキングも上がりやすくなります。

また、検索順位やランキングが上位に来ることで、広告経由ではなく自然検索からのアクセスと注文件数も伸びる可能性が高くなります。

すべての対策を行うためには時間もかかりますが、良いサイクルに入れば、安定的に売上を作ることも可能ですので、是非行ってみてください。

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

アマゾンは、情報やメソッドを持っている企業が少ないのを背景に、思うように売れないと悩む店舗が多いというのが実状です。

では売れている店舗様は実際に何をしているのでしょうか?

株式会社いつも. では、多くのアマゾン店のプロモーションを行ってきた経験を活かし、
アマゾンで売れるための最新手法やメソッドをセミナーにて公開しております。

アマゾン店の売上アップに向け、本気で施策強化に取り組みたい。そんなあなたのご参加をお待ちしております。

アマゾンカテゴリの最新記事