10月19日:書籍発刊「EC戦略ナビ」~成長市場の「いま」と「これから」がわかる!~

10月19日:書籍発刊「EC戦略ナビ」~成長市場の「いま」と「これから」がわかる!~

[2018年10月19日:書籍発刊]
「EC戦略ナビ」~成長市場の「いま」と「これから」がわかる!~

マイナビ出版社より発刊(カラー:240ページ)

EC戦略ナビ

EC戦略ナビの概要

「来期のEC事業どうするの?」上司や役員に聞かれたときのバイブルにEC業界をゲンバ目線で分析・攻略した、企業のネット、EC担当者必携の1冊。EC業界は成長しつつも、大きな地殻変動の時を迎えています。

この動きの激しい「いま」において取るべき施策は何か、「これから」を見据えて練るべき戦略は何か、そのための材料と解説を行うのが本書です。主な内容は次のようになっています。

・アメリカ・中国・日本などの最前線を探る、「ECゲンバ視察レポート」
・市場動向を知るための「EC業界解説」
・「EC売上ランキングデータ」100社
・EC業界を知るための「統計・調査データ」
・いつも.式 EC事業参入・加速・成長ロードマップ
・EC戦略・戦術立案シート
・いつも.式 EC戦略ナビマップ
・8ジャンル620サービス掲載、「業界サービスマップ」とサービス選定ポイント
・「有力サービス」33ジャンル、108紹介
・コンサルタントが分析!有力サイトでの「購入レポート」
・商材別売上アップのコツ
・参考にしたいサイト紹介、ECトレンドキーワード78を解説

ECの現場を知るコンサルタントが、実際に「行ってみた」「使ってみた」「買ってみた」結果を、実践的に解説・分析しています。

EC戦略ナビについて

本書は、

EC業界を知っておきたい方
EC事業に本格参入する方
既存のEC事業を加速させたい方

向けに、著者である株式会社いつも. が「ECのゲンバ」目線で原稿の執筆および監修をしました。


EC事業に「戦略」と「ロードマップ」を

物販のEコマース市場は10兆円規模となり、百貨店市場を追い抜きコンビニと並ぶ規模になっています。日本国内の小売市場がここ20年間伸びない中で、ECチャネルは新規顧客の接点の場として、小売企業はもちろんメーカーや卸企業、海外企業など国内外ほぼすべての企業が注目をしている業界です。

そのEC事業に参入・成長を実現するためには、「戦略」と「ロードマップ」が必須です。

また、精度の高い「戦略」を立てるためには日本・世界の動向、EC業界の動向、モデル企業の動向が必要です。これらの3つの動向をベースに、チャネル戦略、売上目標、投資計画、期間、体制などの「戦略」を決めます。

その次に「戦略」を実現するために必要な「ロードマップ」を作ります。ロードマップは、参入・成長ステージを「スタートアップ期」「アクセラレーション期」「転換期」の3つに分けて、それぞれのタイミングで必要となる取り組むべきテーマと業界サービスを紹介しています。

「実体験」に基づいたレポート

本書のもう一つの特徴は、EC業界において実際の業務に関わる当社のメンバーが、「行ってみる」「使ってみる」「買ってみる」にこだわってレポートをし、コメントを多数織り込んでいることです。例えば、ECの近未来やグローバル化の可能性を確認するため、実際にアメリカ・中国・台湾を訪問しています。

他にも、成長モールの楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなどでサイト運営を行いながら売上改善ノウハウを実証したり、業界で有名な企業の商品を実際に購入してみるなど、「自分たちで実際にやってみる」を行いました。

表面的な紹介に留まらない、ゲンバ目線での充実したレポートになったと考えています。「EC戦略ナビ」を通して、EC業界の「いま」を知って、「これから」を決める「ナビゲーション」としてお役立ていただければ幸いです。

予約・ご購入はマイナビ出版特設ページにて


株式会社いつも.
「EC戦略ナビ」企画・執筆メンバー

EC事業戦略・マネジメントカテゴリの最新記事