カート

運賃UPでどうする2018年?

倉庫

こんにちは。 株式会社いつも. フルフィルメントチームの平土井です。 今日は、運賃値上げに伴い、自社の物流の運営スタイルをどう見直していくかという内容をお伝えいたします。   物流を改善して自社のコストを吸収していく1つの施策として、まずは「カート」「受注管理」「WMS」をそれぞれ自動化することをオススメしています。 すでにお読みいただいた方も復習もかねてぜひ最後までお読みいただければと思います。   ■運賃UPは自社の物流の運営スタイルを見直す機会 運賃UPに対するEC事業 …

続きを読む

Amazonで「カートを取る」ための有効策とは?

アマゾン-カート-

  みなさんこんにちは。いつも.のコンサルタントです。Amazonで店舗を運営する際の最重要施策とも言えるのが、「ショッピングカートボックスを取る(カートを取る)」ことです。今回は、「カートを取る」ための施策について解説します。 ■「カートを取る」ことは最優先課題 Amazonに出店したことがない企業様もいらっしゃると思いますので、「カートを取る」ことの意味を簡単にご説明します。Amazonでは、複数のショップが同一の商品を販売している場合、その商品は一つの商品ページにまとめられます。 …

続きを読む

ROAS2000%超も可能!「Amazonスポンサープロダクト」に今すぐ取り組むべき3つの理由

%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%80%e3%82%af%e3%83%88

  こんにちは。いつも.のコンサルタントです。みなさんはAmazonの検索連動型広告「Amazonスポンサープロダクト」を活用しているでしょうか?この広告は、上手に利用すれば非常に高い効果を発揮します。「Amazonスポンサープロダクト」に、今すぐ取り組むべき3つの理由について、弊社のお客様の事例を交えて解説します。 ROAS2000%以上の実績 「Amazonスポンサープロダクト」は、モール内の検索キーワードに連動して検索結果の下部に表示されるクリック課金型(CPC)の広告です。広告 …

続きを読む