システム

1/2ページ

運賃UP時代にとるべき3つの対策

こんにちは。 株式会社いつも. フルフィルメントチームの平土井です。 宅配業者の運賃値上げに伴い、物流業界全体が料金値上げの流れになっています。このような時代に、EC事業者はどのような対策を取っていけばよいのでしょうか? キーワードは以下の3つです。 ・自動化 ・物流の付加価値で競争力を強化 ・誰でも出来る化 それぞれ簡単に説明していきます。   ■自動化 「API有効活用」や「商品コー […]

売上UPの可能性、逃してませんか?

こんにちは。 株式会社いつも. のロジスティクスプランナーの廣川です。 突然ですが質問です。 注文が入ってからエンドユーザーのお手元に商品が届くまで、自分の店舗でどうやって注文や在庫のデータ管理をしているか知っていますか? あなた:『いやいや、担当者がわかっていれば別に知らなくてもだいじょ・・・』 いえ、知っていてください。 もちろん、事細かな機能・設定を把握していただきたいわけではありません。な […]

コスト削減の重要なタネ

こんにちは。 いつも. ロジスティクスプランナーの大石です。 今回は、「在庫の最適化」についてお話をしたいと思います。 いきなりですが、質問です。 ECサイトの商品在庫分析を行ったことはありますか? 「ちゃんとやったことないかも・・・」 という方には、この後の内容がお役に立つと思います。 実店舗の運営では、来店されたお客様に『商品を見せる』という部分も大きいため、多くの会社様は必然的に在庫分析を行 […]

送料値上げに対抗

こんにちは。 いつも. ロジスティクスプランナーの中島です。 日々、様々なEC事業者様とお話をしていて、最近よくご相談をいただくことといえば、 やはり「運送料金値上げ」。 今回は運送料金値上げとどのように戦っていけばよいか? こちらをお話したいと思います。 自社で出荷をされている事業者様、物流を外部へ委託されているEC事業者様問わず、 「少しでも送料を安くするにはどうしたらいいの?」 「物流費が上 […]

ECで負けない体制を作る

こんにちは。 いつも. ロジスティクスプランナーの廣川です。 今回は、ECで負けない体制を作る【バックヤード改善3つの視点】をお伝えします。 バックヤード改善の3つの視点とは、次の通りです。 ◎顧客目線 ◎現場目線 ◎経営者目線 昨今、大中小さまざまな企業がECに参入しており、市場は超激戦化しています。 そんな中で他社よりも一歩や二歩抜きんでた競争力を身につけるためには、全ての土台となる【バックヤ […]

EC業界で負けない体制を作るバックヤード改善3つの視点

みなさまこんにちは。株式会社いつも.のロジスティクスプランナーです。EC業界は元来、中小企業がメインプレイヤーとなっており、モバイル・ITインフラの成長に伴って市場と共に順調に自然成長を続けてきておりました。しかしここに来て大企業の参入が目立つようになっています。彼らはマーケティングやバックヤードに大規模な投資を行ってからの参入を得意とし、ECの市場に早いスピードで入り込んで来ています。この動きは […]

受注管理システムの役割について

みなさまこんにちは。株式会社いつも.のロジスティクスプランナーです。今回は多店舗管理ツールとして知られる「受注管理システム」の役割についてご紹介しましょう。 本ブログでもこれまで受注管理システムについて何度かご紹介してきました。一般的によく目を向けられているのは、「受注処理の効率化」、「情報管理の向上」といった部分が多く、ブログでのご紹介も多かったです。受注管理システムは、別名「多店舗管理ツール」 […]

規模の大きな事業者が陥りやすい基幹システムの落とし穴

みなさまこんにちは。株式会社いつも.のロジスティクスプランナーです。今回は、これまでBtoBで事業を行ってきたメーカーや卸の企業様がBtoCに進出した際に陥りがちなシステムの落とし穴についてご紹介しましょう。 BtoBで事業を行ってきた多くの企業様では、その規模の大きさから自社で基幹システムを持っていることが多く、そのシステムをそのままBtoC ECでも使用するケースが多く見られます。 BtoBで […]

小売・物流業界が行っている業務管理とEC現場の違いから学ぶ EC売上最大化のヒント

みなさまこんにちは。株式会社いつも.のコンサルタントです。今回はバックヤード業務効率化に関するECの特性についてご紹介しましょう。 これまで小売業界・物流業界が行ってきた業務効率化を図る上で、様々な業務管理システムが考案されてきました。しかし全てがECにそのまま適用できる訳ではありません。そんな、従来の小売・物流と現在のECとの違いを知ることで、業務効率化から顧客満足度を向上し、売上を最大化させる […]

自社ECに適したシステムを選定する方法

みなさんこんにちは。いつも.のECコンサルタントです。今回は、自社ECの効率化を行う際に、どのように自社に適したシステムを選定すべきなのかご紹介しましょう。 ECのシステムはおおまかに3つのタイプに分けることができます。 ①スモールスタートが可能なASP系 ②カスタマイズ可能なパッケージ系 ③ゼロから自社専用に開発するフルスクラッチ系 大きなコストをかけてフルスクラッチでシステムを組めれば、最も自 […]