ページ

導線確保で売上UP

Web Design Homepage Computer Connection Concept

こんにちは。いつも. ECコンサルタントの猿山です。 EC運営の中で売上に繋がる魅力的なページ作りはもちろん大切です。 しかし、商品ページがお客様の入り口となる楽天市場の場合、そのお客様が本当に欲しい商品が最初に見つかるとは限りません。もし、商品ページ自体が魅力的になっていても、本当に欲しい商品が見つけられなければお客様は別の店舗に移って商品を探してしまうでしょう。 実店舗であれば、お客様にお声がけしてほしい商品を聞くことで提案できますが、ECではそれをページ内で行わなければなりません。そのため …

続きを読む

買い物かごの位置はページの上?下?どちらが良いか議論に一石投じるサイト紹介

deathwishcoffee

みなさんこんにちは。いつも.のECコンサルタントの高木です。 時代の先端を行くアメリカのネットショップ事例 WEBページのデザインの移り変わりは早いです。 来訪するユーザーの変化、技術の進歩、端末の変化、更には競合状況や自社状況と掛合わされることで無限の選択肢となり多くのネットショップ運営者を悩ませます。 今回紹介したいのは、時代の先端を行くと感じられるアメリカの事例です。 ネットショップの名前は、 deathwishcoffee(デスウィッシュコーヒー) 直訳すると「死を希望するコーヒー」とな …

続きを読む

楽天市場で商品が“勝手に売れる”好循環に入る方法

楽天市場0302

みなさまこんにちは。株式会社いつも.のコンサルタントです。 みなさんは楽天市場で最も成功しやすいと言われているビジネスモデルをご存知でしょうか?それは、商品が“勝手に売れる”好循環を作ることです。 楽天市場では売れている商品がさらに売れる 楽天市場では商品が一度ヒットすると、その後はある程度自立して売り上げが伸びる傾向にあります。売れてる商品は楽天サーチの上位に表示されやすくなりますし、ランキングにも掲載されやすくなるため露出が一気に高まります。また、楽天市場が企画する特集ページは特定のキーワー …

続きを読む

ECの商品ページデザインはPDCAを回してどんどんコンバージョンできるページに進化していくことが重要

pixta_25829246_S

みなさまこんにちは。株式会社いつも.のコンサルタントです。今回はEC の商品ページデザインについて、いつも.が制作において注意しているポイントをご紹介しましょう。 ECの商品ページに求められることは何と言ってもしっかりとコンバージョンが取れることです。何となくのかっこよさを最優先に考えて、情報量が足りないページを作るよりも、ページが縦に長くても商品の魅力が十分に伝えられるページにする方が大切であるといつも.では考えています。 海外サイトなどを参考にすると、最低限の情報のみでかっこよく、スタイリッ …

続きを読む