中国

ECにおけるJD物流網

メイン画像

国をまたいでEコマースを行うには、相手国の市場文化や言語問題をクリアする以外に、物流コスト問題もクリアにする必要があります。物流モデルを間違えると、通関トラブルとか送料コストの高騰とか、直接売上と利益にダメージを与えてしまう事態となります。 近年、日本企業が中国ECへの進出が相次ぎ、中国市場で日本商品の人気が続いている一方、物流コストの削減に頭を悩ませている企業様の声も上がっています。それに対し、企業様の越境物流コストを集約するために、中国EC2大巨頭のアリババと京東(ジンドン、略称JD)が、日 …

続きを読む

中国越境EC緩和政策が2018年末まで再延長

越境緩和政策の再延長

2017年9月20日に、中国国務院常務会議が開かれた。当会議での、中国国務院総理李克強氏の越境ECについての発言は大きく注目されている。その中の一つに、2017年年末を最終期限としていた越境EC緩和政策が2018年年末まで再延長されたというのがある。この延長期間で越境ECをはじめ、国際貿易自由化の推進と市場の監査、規範化管理にて力を入れたいという方向性が明確にされた。 中国越境EC緩和政策の経緯というと、2016年4月8日に発表された「越境電子商務小売り輸入商品リスト」(略:「商品リスト」)では …

続きを読む

中国決済の王、「アリペイ」が「顔認証支払い」を導入

キャプチャ.JPG0920

北京時間2017年9月1日、アリババグループが運営している電子決済アプリ「アリペイ」が、アリババの本拠地である中国杭州市のケンタッキー店舗において、「顔認証支払い」を導入すると発表した。これは、全世界で初めて「顔認証」をビジネス化する試みだ。 「顔認証支払い」とは何かというと、従来のスマホで支払うQRコードを読み取って金額をアリペイアカウントから引き落す流れから、スマホなしでユーザーの顔を認証するだけで、アカウントから金額が引き落とされるという流れに簡略化するものだ。 具体的な操作流れは下記にな …

続きを読む

2017年国内EC最新トレンド予測

Trends  for 2017  concept on chalk board

みなさんこんにちは。いつも.のECコンサルタントです。2017年の日本経済全体の成長率は1~2%と予測されていますが、EC市場だけを見ればまだまだ2桁台の成長が見込めると弊社では予測しています。そんな2017年EC市場で成長するためにはどんなポイントを抑えておけば良いのでしょうか。昨年後半から弊社に寄せられたお問い合わせの傾向から予測した最新のECトレンドをご紹介しましょう。 まず重要となるのがEC事業の中心となる楽天市場・ヤフーショッピング・アマゾンといった主要モールの成長です。しかし、モール …

続きを読む