コンサルティングチーム リーダー

WORK

売り上げはお客様の「それいきましょう!」が作る

どんな仕事をしていますか?

自分はコンサルなんで、お客様の売り上げが伸びる提案をして、実際に手を動かしてもらうところまでが仕事です。今の世の中、ググれば誰でも売れるサイトにする知識は手に入れることができる。コンサルはそんな一般論なんかより実になる知識を求められるから、情報収集は常にしています。

情報はどこから得ているんですか?

いろいろありますけど、生きた情報という意味では社内のメンバーたちとお客様から得られる情報が大きい。社内にはECに関するいろんな分野のプロフェッショナルがいるから、相談すればたいがいなんでも教えてもらえるし、お客様もそれぞれの業態で培ってきた独自のノウハウを持っていることが多いんです。本も読みますけど、その場合は『ランチェスターの法則』みたいな戦略的な考え方やフレームワークを勉強したいときに使うことが多いかな。

そういった知識を活かして売り上げを伸ばす?

売り上げを実際に伸ばすのは知識じゃなくて行動なんで、お客様に動いてもらうのがすごく大事なんですよ。コンサルが月次の報告や提案用の資料を作るのは「説明」のためじゃなくて「説得」のためなんです。「あーしなさい、こーしなさい」と頭ごなしに命令されるより、「これはここがボトルネックになってるんで、こうしたら一気に行きますよ」のほうが目的意識を持って動きやすいじゃないですか。だから僕らにとってのいい仕事とは、お客様が「いいね!それ行きましょう!」と心から納得して動いてくれることなんです。知識、競合調査、分析といろいろやりますけど、本当の目的はお客様に気持ち良く動いてもらうためなんです。

Profile

コンサルティング事業部
コンサルティングチーム
リーダー

2015年2月入社
いつも.きってのムードメーカー。仕事中だけでなく、飲み会の席でも強烈な存在感を発揮する。 チーム内では後進の育成を担うとともに、日本一のコンサルを目指している。

Appeal

コンサルはパフォーマンスを出せることに価値がある

コンサルはやりがいがありますか?

それはもう、お客様が一番やりたいことを聞いて、自分次第でそれが達成できるかどうか決まるんだからやりがいはあります。何をするか提案して、いろいろやっていると「外部のお客さん」ではなく、「チームの一員」という意識になりますから、数字が行けばものすごく嬉しいし、行かなければそりゃあ落ち込みますし。

数字が目標に届かない時はどうするんですか?

きちんと振り返りと反省をして、何が原因だったか、どうすれば解決するかをしっかり洗い出します。たとえば市場のシェアを取り切っていて伸びる余地があまりない場合は売り上げの落ち込んでいるカテゴリや商材を突き詰めて、具体的な施策に転換する。もしお客様のリソース不足で作業ができないのが原因だったら、作業手順をヒアリングしてどういう風に作業を進めると効率的か、エクセル操作の細かな提案までします。コンサルは売上UPのためのノウハウを毎日考えて提案しているから、企業が専任の担当者を雇うよりもはるかに良いパフォーマンスが出せるし、出さなきゃいけない。それはプレッシャーであると同時に、僕らが世の中に提供できる価値なんだと思います。

Vision

EC業界でNo.1と言われるコンサルになる

当面の目標はありますか?

仕事が忙しくても、できるだけ子供が起きている時間に帰ることを意識しています。それはスケジュール管理の意識もあるし、自分のモチベーションのアップにもつながっています。うちの子は夜更かしなんで、けっこう遅く帰っても起きてることが多いですけど(笑)

モチベーションは大事ですよね

そう思います。実は仕事でもモチベーションの上がる案件の条件が自分の中にあって、「ショップの人が本気で売りたいと思っているけど、世の中にあまり認知されていない商材」みたいのは燃えちゃいますね。お客様に商材を見せてもらったら「お、良いじゃん!」とか。コンサルはこちらのモチベーションやテンションが下がったら絶対にうまくいかないから、仕事の中でもどうお客様の気持ちを盛り上げるかを考えながら提案しています。そもそも誰かを盛り上げるのは好きですしね(笑)。当面はお客様との信頼関係をしっかり築いて、コアなファンが付くようになるのが目標です。でもせっかく業界No.1のいつも.で働いてるんだから、ゆくゆくはECという業界でNo.1と言われるようなコンサルタントを目指します!

Profile

コンサルティング事業部
コンサルティングチーム
リーダー

2015年2月入社
いつも.きってのムードメーカー。仕事中だけでなく、飲み会の席でも強烈な存在感を発揮する。 チーム内では後進の育成を担うとともに、日本一のコンサルを目指している。

プロジェクト座談会