フルイルメント
M.H
プロフェッショナル採用コース

バックヤードに新たなイノベーションを

フルフィルメントとは、ユーザーがECで商品を注文してから手元に届くまでに必要な業務全体のことを指します。いつも.におけるフルフィルメントのミッションは、システム導入からカスタマーサポート、物流まで、小売事業者のECを基軸としたバックヤードを支える幅広い業務を担うことです。さらに、単に物流業務の提案を行うだけでなく、コスト削減や業務の高効率化を実現することにも注力しています。そのため、私の主な仕事は、お客様にとって最適な仕組みを選定し、業務を再設計することがメインです。

もともと私がフルフィルメントに興味を持ち始めたのは、百貨店のギフト部門で働いていた頃のこと。自社で物流センターを構築するプロジェクトに参加したことがきっかけでした。その後は「もっともっと物流の仕組みを知りたい!」と大手総合物流企業に転職し、注文やコールセンターの構築の仕組みを学んできました。これまでの経験で学んだことは、私たちフルフィルメントの役割は単にモノを運ぶだけでなく「お客様の想いをまっすぐに届けること」が重要だということでした。

今、フルフィルメントに求められていることは、日々進化し続けるECにおいて、常に新たなインフラを生み出し続けることです。そのためいつも.は、小売業を支える当事者としてプロジェクトに携わるよう意識しています。例えば、新しい手法を生み出す時には実際にお客様の環境下で運用テストを行い、業務の効率化につながるインフラかどうかを判断するようにしています。こういった取り組みに賛同してくださるお客様は私たちにとって大切な存在。短期的な視点で見ると思うような成果が出ないこともありますが、改善を重ねて精度を上げていくことで、長期的に見ると利益貢献や業務効率化に貢献できると信じています。

いつも.はEC業界において知名度が高く、信頼感もあります。そして、いつも.と手を組みたいというお客様やパートナーもたくさんいらっしゃいます。試してみたいことや新しいアイディアに全力でチャレンジさせてくれる場が社内外にあるという恵まれた環境は、ほかではなかなか見つからないと思います。

しかし、自由にチャレンジできる反面、責任が伴うことも忘れてはいません。「どんな価値を生み出したか」「お客様にどんな価値を提供したか」を考える日々。どんな小さなことでも価値を生みだし続けようとすれば「いつしか大きなものが実現できる」と唱え、メンバー全員が日々邁進しています。

今後の目標は、通販EC業界動向を注視しつつ、新たなスキル領域に果敢にチャレンジし、先端テクノロジーを適用した競争優位なシステムを構築することです。新しい商品、広告、セールス手法などは、大ヒットしてもすぐにまねされてしまいます。しかし、目に見えないマーケティングやバックヤード構築の部分は、表層だけをまねされても全く痛みはありません。まねされることを恐れて何もしないのではなく、まねされるくらい斬新なことや、先行者利益を得られるようなことを仕掛けていきたいですね。

私たちは、日本国内で磨いてきたサービスをアジア圏に展開している最中です。アジアを皮切りに、世界を狙っていきたいです。