エンジニア
W.S
キャリア採用コース

エンドユーザーが近くにいるスピード感。

以前は、翻訳会社で基幹システムの開発を手掛けていました。いつも.に入社をしてからは、社内スタッフの業務効率の向上を目的に、ECの運用に必要なマーケティングツールやデータ解析ツールのシステム開発など、社内システムの開発をトータルで担当しています。EC業界に身を置いて知ったことは、トレンドはもちろん、ルールの移り変わりがとにかく早いこと。それに対応していくために、常に情報を集める姿勢が重要です。

例えば、開発した社内用システムのエンドユーザーは社内のスタッフです。通常の受注業務の場合は、システムをリリース前にテスト工程が設けられますが、私の場合は現場のスタッフに実際に使ってもらうことがテスト工程となります。実際に使ってもらうと、想定していなかったエラーが出ることも多々。EC業務に必要なシステムは移り変わりが激しいので、それをいかに早く吸収・改善するかを求められます。

業務のなかでのやりがいは、スタッフからの「このシステムがあるおかげで助かっています」「業務を短縮できました!」という声です。社内開発ですので、開発直後からすぐにそのシステムを使うことができ、エラーが起きたらすぐに修正することができるのもこの仕事の醍醐味。通常の受注業務ではなかなか得られないスピード感で完成形に近づくことができます。また、効果分析を容易にするシステムを提案してお客様のお役に立てていることは、私にとって大きな自信につながっています。

私の仕事で大事なのは、第一線で活躍するスタッフの仕事を理解する努力。周りのスタッフの仕事を観察していると、「これはシステムで自動化すれば大きく時間を短縮できるな」「こんなツールがあったら、ニアミスが減るな」などと気づくことができます。単に依頼を受けるだけではなく、もっと自主的に提案できるようにアンテナを張っていたいですね。

今後力を取り組みたいことは、社内の業務サポートシステムを構築すること。具体的には、お見積もり、お問い合わせ、業務の受注から請求までを行うことができる基幹システムを作りたいと考えています。スタッフの業務を効率化することが、仕事のクオリティーを引き上げる手助けになると考えているからです。それに加え、使えるプログラミング言語を増やして自身の仕事の幅を広げていきたいですね。

私が実感していることは、システムの仕事を長く続けられるのは、趣味と同じくらいシステムのことが大好きだったり、常に新しい技術に興味を持ち続ける気持ちがあるからこそ。システムを1から全て構築できることや、エンドユーザーの声を目の前で聞きながら機能のブラッシュアップができること、小さな壁をたくさん乗り越えながらも知識を常に吸収し続けていられること。そんなことに魅力を感じられる人に、私たちの仲間になっていただきたいです。