• オムニチャネル時代のECノウハウを集約した書籍
    『ECサイト[新]売上アップの鉄則119』 7月29日発売
    株式会社いつも.初の書籍、KADOKAWAから出版

    Eコマース支援の株式会社いつも.(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂本守、以下いつも.)が執筆した書籍『ECサイト[新]売上アップの鉄則119』が、2015年7月29日(水)に、KADOKAWA/アスキー・メディアワークスから発売されます。価格は2,500円(税別)、全国書店、Amazon、電子書籍での取り扱いとなります。

     

    本書は、ECサイト支援実績7000社を超えるいつも.が、繁盛店と共に編み出してきたEコマースの「売れる方法」を119の「鉄則」として1冊に凝縮した本となっています。楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどのモール向けの施策も多数収録しており、本店(独自ドメイン店)、モール店運営の双方に1冊で対応しています。EC戦略やオムニチャネル対応、越境ECなどのテーマも含まれており、EC事業者だけでなく、物販に関わるすべての方に役立つ内容となっています。

     

    それぞれの「鉄則」は、「戦略・計画」「集客」「接客」「オム二チャネル」などの7つのカテゴリーに分けられ、1鉄則2ページ見開きを基本単位として構成してあり、先頭から順番に読み進めなくてもぱらぱらめくって気になる鉄則だけ拾い読みできるようになっています。また、文章だけでなく、しくみの図解や事例サイトの画面写真をふんだんに盛り込み、目で見てわかりやすい本に仕上げています。

     

    日本の小売業界が長年伸び悩んでいるなか、EC市場はすでに10兆円規模になり、2桁成長が続いています。2020年には20兆円規模になるとの予測もあり、さらにネットと実店舗が相互影響して販売につながる「オムニチャネル市場」として推計される40兆円を加えると、EC関連で実に小売販売の半分を占める状況になります。いまやECの「売れるための方法」を知らないということは、小売業そのものにおいて大きなマイナスであると言っても過言ではありません。

     

    本書はそのような状況を踏まえ、ECで売上を上げるための手法や考え方を、さまざまなECの現場で活用できるように整理した、「5年後も使える鉄則集」となっています。

     

    【書籍概要】
    [タイトル]  ECサイト[新]売上アップの鉄則119
    [発行] KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
    [著者] 株式会社いつも.
    [発売] 2015年7月29日
    [価格] 2,500円(税別)
    [目次]
    第1章 売上アップに取り組むための「戦略・計画」の14鉄則
    第2章 ライバルに負けない店を作る「品ぞろえ」の11鉄則
    第3章 繁盛店はこうして作る「売り場」の41鉄則
    第4章 あらゆる手段でお客さまを呼び込む「集客」の19鉄則
    第5章 “おもてなし”が店をさらに強くする「接客」の16鉄則
    第6章 成長のための改善サイクル「分析・体制」の11鉄則
    第7章 次の成長市場で生き残る「オムニチャネル」の7鉄則