中国・台湾・ASEAN Eコマースフォーラム in 東京
参加申し込み

開催概要

本フォーラムでは、メーカー・小売・EC企業の経営者・幹部の方限定で、モールの中でも成長率の高さへ期待が集まるAmazon活用をテーマにアマゾンの広告事業の担当者様をゲスト講師に迎えながら、アマゾン出品形態の1つ「ベンダーセントラル」での販売戦略から 「AMS(ベンダー広告)」の有効活用方法、さらに弊社に集まる米国Amazonの動き、日本Amazonの最新情報から成功のヒントまで一気にお伝えいたします。

また、近年EC企業で大きな課題となっている物流課題とその解決策についてもお伝えします。

本フォーラムは初開催の特別イベントとなりますので、今年のAmazon最大活用を視野に入れて情報収集と課題解決の場に活用ください。

特にご参加いただきたい方

  • Amazonを戦略的に活用したい
  • Amazonでの取引額が増えない
  • ベンダーセントラルでの販売を検討中の方
  • 今後ベンダーセントラルでの運用に注力される方
  • AMSの利用を検討されている方
  • AMSの運用にお悩みのある方
  • 物流に課題を感じている方

トピックス

  • 米国・日本のアマゾンで起きていることとは?
  • 日本のアマゾン活用ポイントとは?
  • いま伸びている企業の特徴とは?
  • 売り上げアップの基本戦略とは?
  • なぜAMSを使うのか?
  • スポンサープロダクト広告活用で売り上げ伸ばすモデルとは?
  • 物流クライシスに対応する「物流自動化」とは?

講座内容

Opening13:00〜13:10

オープニングトーク
Amazonプロモーション戦略フォーラム2018春東京について

第 1 部13:10~13:40(約30分)

株式会社いつも.
アマゾン活用講座 アメリカ発Eコマースイノベーションと近未来予測

・【アメリカ視察報告】激震走るAmazon中心に起きる変革とは?
・いまアマゾンで起きていること
・日本のアマゾン活用ポイント、トレンド

講師

株式会社いつも.
コンサルティング事業部 事業部長
高木 修(たかぎ おさむ)

上場会社、東証1部上場コンサルタント会社、ベンチャー企業WEB責任者等を歴任し、株式会社いつも.のEC支援部隊約40名を統括する事業部長。部門を統括する傍ら大手企業のEC事業拡大のコンサルティングを中心に年商10億突破の成功プログラムを多数開発。
アメリカ在住経験もあり、海外ECモデルにも精通し、定期的にアメリカ視察を行いアメリカの小売及びEコマースの最新動向も収集して日本での活用を提案している。世界最大のECイベントIRCEの日本最高責任者。Eコマーストレンドの変化を現場視点で捉えて、クライアントの戦略立案に役立てている。
書籍、ECサイト[新]売上アップの鉄則119も執筆。

第 2 部13:40~14:20(約40分)

株式会社いつも.
物流激変時代のEC企業の取るべきバックヤード戦略

・企業価値を高めるための、見えない部分での競争を勝ち抜くためには3つのポイント
・自働化すべきバックヤード視点の5つのキーワードとは
・成功するフルフィルメント比率の考え方とは

講師

株式会社いつも.
フルフィルメント事業部 事業部長
ロジスティクス経営士
本多 正史(ほんだ まさし)

東証2部上場小売チェーンで全国物流センター構築後、東証1部上場会社の売上85億の支店にて営業統括責任者としてロジスティクスのシステム構築に携わる。
株式会社いつも.では、オムニチャネル対応のバックヤード構築の責任者として、店舗を持つ企業の利益拡大を支援。EC物流の現場からロジスティクスシステム、財務まで幅広い知見を持つ。史上最年少でロジスティクス経営士を取得。最近は中国向け越境EC参入企業に対して、越境ECのプラットフォーム提案やバックヤード構築支援も行っている。

第 3 部14:30~15:20(約50分)

【ゲスト登壇】 アマゾンジャパン合同会社様
今すぐ始められるアマゾンでの集客強化施策

・AMSとは?
・AMSの重要性
・AMSで使える3つの広告
・AMSの利用状況
・Amazonストアについて

講師

アマゾンジャパン合同会社
AMS(アマゾンマーケティングサービス)事業部長
古屋 輝周(Terukane Furuya)

外資系戦略コンサルティングファーム、E-Commerce企業、ソーシャルネットワーク運営企業等を経て現職。
E-commerce企業ではE-commerce事業の各ファンクション(マーチャンダイジング、ロジスティックス、在庫管理、マーケティング(店頭、オンライン共)、サイト運営)に携わる
前職ではソーシャルネットワーク広告の日本およびAPAC(アジア太平洋各国)全体での営業・マーケティング業務、広告効果最適化・クリエイティブ制作など運用業務全般にも関わる。

第 4 部15:30~16:20(約50分)

株式会社いつも.
事例から見るメーカー企業のAmazon参入背景

・2018年ベンダー市場の動きとは
・いま伸びている企業の特徴
・大手メーカー事例
・売り上げアップの基本戦略

講師

株式会社いつも.
グローバルEC事業部 グローバルECチーム
マネージャー
石川 雅人(いしかわ まさと)

2011年から当時年商20億円の旅行系ECサイトの運営の経験を経て、いつも. へ参画。 ブランドメーカー企業のEC事業戦略構築や新規参入支援を得意としている。

第 5 部16:20~17:00(約40分)

株式会社いつも.
Amazonで成功する企業と失敗する企業の特徴

・商品ページとAMSの関連性
・商品ページ改善の重要性
・広告活用事例
・いつも.サービスについて

講師

株式会社いつも.
コマース支援事業部 プロモーションチーム
ECコンサルタント
石井 千寛(いしい せんかん)

株式会社いつも.のモール系の集客向上をサポートするチームで、主にアマゾンのプロモーション、販促、広告運用の計画づくりや運用マネジメントを行っている。
Amazonの活用方法に精通している第一人者。

セミナー後、登壇者との名刺交換・情報交換の時間も用意しております。

参加申し込み

タイムテーブル

開場 12:30
Opening
13:00~13:10 オープニングトーク
Amazonプロモーションフォーラム2018春東京について
第1部
13:10~13:40 株式会社いつも.
『米国アマゾンの戦略から解説する日本の近未来予測』
第2部
13:40~14:20 株式会社いつも.
『物流激変時代のEC企業の取るべきバックヤード戦略』
第3部
14:30~15:20 【ゲスト登壇】アマゾンジャパン合同会社様
『今すぐ始められるアマゾンでの集客強化施策』
第4部
15:30~16:20 株式会社いつも.
『事例から見るメーカー企業のAmazon参入背景』
第5部
16:20~17:00 株式会社いつも.
『Amazonで成功する企業と失敗する企業の特徴』
相談会 17:00~(希望者のみ)

イベント詳細

開催日時 2018年3月29日(木) 13:00~18:00(受付12:30~)
会場 【東京会場】TKP品川カンファレンスセンター
東京都港区高輪3-26-33 京急第10ビル
TKP品川カンファレンスセンター バンケットルーム5F
会場電話番号:03-4577-9260
※セミナーについてのお問い合わせは 株式会社いつも.へお願いいたします。

地図を見る→
対象 (経営者・幹部限定の特別開催のフォーラムとなります )
・最新のEC戦略・事例を確認しておきたい企業様
・アマゾンの動向・最新情報を知りたい企業様
・ベンダーセントラルで売上をあげたいと思っている企業様

【ご注意】
最新ノウハウも公開するため、弊社と同業の企業さま(サイト上などにて弊社と同業の事業内容を明記している企業様を含む)の参加はお断りしています。
お問い合わせ先 株式会社いつも.セミナー事務局
03-4580-1365
定員/参加費 定員:抽選 50名
参加費:無料

セミナー注意事項

  • 会場の手配・資料の準備がございますので、お申込み後のキャンセルはご遠慮ください。
  • セミナー参加者様は、受付にて名刺を一枚頂戴しております。
  • 会場によって講師・講座内容の一部が変更になる可能性がございます。内容・ノウハウ・最新事例等のご提供への影響はごさいません。
  • 法人向けの内容となりますので個人、開業予定の方はお断りさせていただきます。
  • 最少人数に満たない場合は中止となります。中止の場合は1週間前までには連絡させていただきます。なお、中止の場合、事前にご自身で手配された交通費等の負担は致しかねますのであらかじめご了承ください。
  • 入力された個人情報は同意事項に基づき取り扱われることに同意するものとします。
  • 複数名のお申込みをご希望の場合は、お手数ですが、一人ずつフォームへ入力ください。
参加申し込み