スタッフをどう教育するか

スタッフをどう教育するか

こんにちは。
株式会社いつも. の計良(けいら)です。

たくさんのクライアント様から特に多くいただくお悩みがあります。
それは、「店舗のノウハウをどう残していくか」です。

つまり、今の新人さんや、今後入社してくる新しいスタッフに対し、どのように伝えていくかを考えていくということです。

ある店舗様では、一人の優秀な店長様が指示を出すことで店舗を運営していましたが、その店長様が退職したことがきっかけで、大きく売上を落とす結果につながりました。

これは店長様の中にだけノウハウがある状態で、社内にはその情報がなかったためです。

とはいえ、日常的に多くの業務、施策に取り組まれていますとなかなかその情報を横展開していくことが難しい場面があります。

「ノウハウを共有するためのマニュアルを作ろうにもその時間が取れない」
「そもそもノウハウを人に伝えるために言語化に時間がかかってしまう」

このように、社内で教育の体制を整えていくには推し進めるためのパワーが必要になります。

教育のためにはまず、知識を伝えることと、そのあとに伝えた知識をアウトプットしてもらう機会を作ることで自分の能力にしていく過程が必要です。

そのために上司や先輩社員が横について教育していくことが多いですが、その分、その先輩の生産性が落ちてしまうことになります。

先輩社員の生産性を全く落とさずに教育することは難しいですが、ある程度軽減していくことはできます。

それは、「正しいやり方で効率的に実施する」「やらなくてもいいことを決める」ということです。

日々の教育も日常の業務もすべてはつながっています。
それらを把握、整理していくことで、教育へのリソースを作り、社内にもノウハウを蓄積していくことができます。

■「正しいやり方で効率的に実施する」「やらなくてもいいことを決める」
この内容についてお話しさせていただくセミナーをご用意させていただきました。

効率を上げ、社内にたくさんのノウハウを残していただける機会となりますので、ぜひご参加くださいませ。

■セミナーの詳細とお申し込みはこちらから

3月23日(金)【東京】

3月20日(火)【大阪】

3月28日(水)【WEB】

楽天市場カテゴリの最新記事