Amazon 検索対策をしておくべき箇所とは?

Amazon 検索対策をしておくべき箇所とは?

こんにちは。
株式会社いつも. ECコンサルタントの高橋です。

今回はアマゾンの【検索対策で差をつける】についてお話しいたします。

早速ですが、あなたの店舗はアマゾンで検索対策をしていますか?

・なかなかアクセスが増えない
・自然検索の順位が全然上がって来ない

など、そんな悩みが多いのではないでしょうか。

アマゾンに限らず、商品の売上を上げる、自然検索の順位を上げるためにはまず商品が「人の目に触れること」が重要になってきます。

そこで、検索対策をしておくべき箇所をご紹介したいと思います。

・商品名
・検索キーワード
・商品の箇条書き

商品に関連するキーワードを商品名に追加はしているけれど、有効な検索対策方法を知らないという声をよくお聞きします。

「商品名」と「検索キーワード」に関しては、ほとんどの方が対策を行っているつもりで、細かいところまで対策出来ていらっしゃらない方が多いです。
また、「商品の箇条書き」の対策を見落としている方がほとんどです。

上記でご紹介した箇所に検索されたい・順位を上げたいキーワードを追加しておかないと自然検索で上位に表示されず、スポンサープロダクト広告を出稿していても広告枠に表示されないことが考えられます。

広告費をかけてアクセス数を増やそうと考えている方が多くいらっしゃいますが、まずは検索対策の基盤をしっかりと作りこみ、検索結果の上位に表示させてアクセスを集めることが重要です。

特に、複数のキーワードで検索を行う人は探しているものが具体的になっているため購買意欲も高いので、細かなキーワードまで追加しておかなければなりません。

なので、まずは商品と関連性の高いキーワードは確実に設定して検索対策をしてみてはいかがでしょうか。

ご紹介した上記の検索対策ができていないことが多いため、「売上低下」に繋がってしまっていることが多いのです。

セミナーでは、上記内容以外に「アマゾンで売上低下を脱却」するために必要なこともお伝えします。アマゾンの売上をなんとかしたい方、アマゾンの運用に不安のある方、限界を感じている方は是非ご参加ください。

セミナーの詳細・お申込みはこちら

「アマゾンで売上低下から脱却した事例公開」

■開催日程

7月19日(木)【東京】
https://seminar.itsumo365.co.jp/amazon/syuukyaku/180719

7月10日(火)【WEB】
https://seminar.itsumo365.co.jp/amazon/syuukyaku/180710

7月23日(月)【WEB】
https://seminar.itsumo365.co.jp/amazon/syuukyaku/180723

 

アマゾンカテゴリの最新記事