自社ECの在庫リスクはオムニチャネル時代にどう対応するべきか

自社ECの在庫リスクはオムニチャネル時代にどう対応するべきか

現場の最前線で活躍するいつも.コンサルタントに聞く!!
企業のEC担当はこんな時どうすればいいの!?

Question. うちは生花を扱って多店舗展開で成長してきた会社なので、正直商材的にECには向いていないような気がします。売上を上げるために何をするべきでしょうか。

Answer. EC売上専用の商品を開発するなど、在庫の問題をとにかく解決していけば売上は伸ばせます!

仰るとおり、生花は在庫の管理が非常に難しく、EC単体で売上を伸ばしていくのは大変だと思います。特にお花を買う時って、予算と希望に合わせて花束を作って貰ったり、非常に『接客』が重要な商材でもありますよね。来店された時の在庫の中から、希望に合う商品を予算に合わせて提供する。これは非常に高度なコミュニケーションを必要とするため、WEB上で実現するのは難しそうです。ECでは在庫をうまくアソートで売って商品数を増やして見せたり、プリザーブドフラワーなどECならではの商品開発を行うことも必要になってくると思います。

まずはECに合った商品開発を行い、在庫の問題を解決していけば、ドンドン売上も伸びていくと思いますが、生花も扱うとなると、在庫の問題に着手すればするほど、全国にある実店舗との在庫連携は必ず必要になってくるでしょう。

・ECに関する経営や売り上げアップのご相談は株式会社いつも.にお気軽にお問合せください。
・また、より実践的な情報がいつも.の本「ECサイト[新]売上アップの鉄則119」に掲載しています。
ご興味のある方はぜひご購入ください。

自社ECカテゴリの最新記事