Amazonで大手ブランドメーカーの90%が勘違い

Amazonで大手ブランドメーカーの90%が勘違い

メーカーであるあなたは、Amazonで本当に思い通りに売れていますか?

「メーカーだが、Amazonの売上を伸ばしていきたい」
「他の競合メーカーがAmazonでどう売上を伸ばしているか知りたい」
「Amazon広告を使う意味、使用した場合の効果が知りたい」

もしあてはまるなら、ぜひ読み進めてください。

まず、Amazonでどのように販売していけばいいでしょうか?
楽天と同じ? 自社サイトと同じ?

・・・答えは “NO” です。

弊社にご相談に来られる企業様で、楽天サイトと比べてAmazonでは「売上が10分の1に満たない」というお悩みが非常に多いです。

では、どのようにすればAmazonでの売上は拡大できるのでしょうか?

ポイントは2つ。

・商品ページの情報最適化
・広告の利用、最適化

どちらも行うことがAmazonの売上拡大には重要な要素です。

ただ「自社ではもうやっているけど・・・」そんな方も多いのが事実です。

商品を出品することが重要ではありません。Amazonで売れるための有効な施策を行うことが重要です。


実は、Amazonで有効な施策ができていない企業様がほとんどです。知名度があるメーカーだから何もしなくていいというわけではなく、メーカーだからこそ対策を行わないと競合に追い抜かれてしまいます。

逆に言えば、そのような「思い込み」の方が多いということは、施策を正しくやれば競合に勝てるということでもあります。

では、2つの施策はAmazonではどのような影響があるのでしょうか?

今回は、よくご質問をいただく「広告と商品ページは関連するの?」ということに対してお答えさせていただきます。

まず、当たり前のことですが、広告経由で最後に到達するページは商品ページです。今まで広告で訴求したいキーワードを設定しているが、表示(インプレッション)すらされないということが起こっていた場合、原因の多くは商品ページと「関連性がない」ためです。

このように「対策」と一言でいうと簡単ですが、効果のない作業ほど無駄な作業はありません。
Amazonの仕様を正しく理解していないメーカー様がほとんどです。まずは正しく知ることが大前提です。


弊社は、日本・米国のAmazonについて最大級の情報量と支援を通じたノウハウ・事例を持っていると自負しています。

実は、昨年から大手ブランド企業・小売業からの弊社へのコンサルティング依頼は倍増しています。
そのことを多くの企業経営者・幹部者に知ってもらうためにAmazonでマーケティングするための戦略・実行施策を理解していただけるセミナーを特別に開催します。

米国Amazonの動き、日本Amazonの最新情報から成功のヒントまで一気にお伝えいたします。また今回なんとAmazon様にも特別にご登壇していただくことになりました。

セミナーの詳細・お申込み

Amazonマーケティングフォーラム 2018年 秋

9月20日(木)【東京】
https://seminar.itsumo365.co.jp/special/amazon/180920

アマゾンカテゴリの最新記事