アマゾン

7/7ページ
  • 2016.07.22

Amazonスポンサープロダクト 差し引き決済導入でキャッシュフローがよりシンプルに

みなさんこんにちは。いつも.のECコンサルタントです。今回はAMAZONの広告の1つスポンサープロダクト強化の一環である決済方法の追加についてご紹介しましょう。   今までは、事業者がスポンサープロダクトを出稿したりした際に支払う広告費は、クレジットカード決済のみで行われてきました。しかし、クレジットカード決済の場合、月に一度届く利用明細の中で、同じクレジットカードを使用してアマゾンで商 […]

  • 2016.07.11

Amazon数量限定タイムセール全店実装を活用して売上を拡大する方法

みなさんこんにちは。いつも.のECコンサルタントです。今回は全店に実装されたアマゾンタイムセールの活用法をご紹介しましょう。 アマゾンタイムセールは、これまでアマゾン側から指定された一部の事業者のみが出店してきた時限的なセールだったのですが、今回新たに全事業者が自ら出品できるβ版が実装されています。瞬発的な売上アップや商品・店舗の認知度を上げることにも繋がるため、まだご存知でない方は早速チェックし […]

  • 2016.07.06

知っておきたい日本に先行して驚異的な成長を続ける米国Amazonの実態

みなさまこんにちは。株式会社いつも.コンサルタントです。当社が日本独占公式パートナーを務める世界最大規模のEコマースに関するカンファレンス&展示会IRCE(Internet Retailer Conference&Exhibition)2016に参加してきた中から、私たちが特に注目した今後日本で重要となってくるであろう最新情報をご紹介していきましょう。 今回は米国小売全体を見渡しても、特に […]

Pickup アマゾン
  • 2016.06.01

Amazon売上アップのための5つのステップ

アマゾンジャパン 出品型のマーケットプレイス強化策例 各店でポイント付与率を変えることが可能に スポンサープロダクト広告の露出枠拡大 ページ訴求できる範囲の拡大 1.商品登録をきちんと行う ⇒商品名、ブランド名等 2.カテゴリー登録をきちんと行う ⇒絞り込み機能に対応 3.検索キーワード登録をきちんと行う ⇒ルールに沿って登録 4.購入率を高めるサービスを強化する ⇒カートボックス獲得を目指す ⇒ […]

Amazonジャパンの年間商流 1兆6000億突破で成長勢い続く

アマゾンの勢いが止まらない状況が続いています。 アマゾン自身が販売する金額は約1兆円を突破し、出品型のマーケットプレイスも6000億円突破すると推測されています。合せると約1兆6000億円となり、国内最大モールの楽天と肩を並べる勢いとなっています。 当社の調査でもアメリカのEC市場では、アマゾンの存在感は年々高まり、すでにECの4分の1のシェアを占める勢いになり、このようなシェアアップは日本でも起 […]

  • 2016.03.17

広告費用対効果向上!Amazon広告の新機能活用法

みなさまこんにちは。ECコンサルタントの高木です。今回はAmazonで2014年11月にスタートしたCPC型の広告スポンサープロダクトで新しく実装された2つの機能とその活用法をご紹介しましょう。 費用対効果の高いAmazon広告 Amazonで実装されたCPC型の広告スポンサープロダクトは、1クリック2円~と1クリックあたりの単価が低く、早くに始めた事業者様は、大変な効果を実感していました。現在少 […]

1 7