中国最新版 EC税率の基準

中国最新版 EC税率の基準

中国におけるEC市場の変化はめまぐるしく、それに伴って越境ECの制度も頻繁に変更されてきました。今回はその中から必ず知っておきたい2019年最新版の『税率基準』をご紹介しましょう。

 

最新の税率基準に基づき、輸入部分の増値税は13%と9%に調整され、そこから算出された、一般的な現在の越境EC総合税率(EC税)は9.1%となっています。

 

まずは、各税金の計算式から見てみましょう。

徴収すべき関税=申告価値(つまり貨物取引の総費用、運賃などを含む)× 関税税率(現在の越境税は統一的に0関税を設定しています。)

■法定徴収の消費税=(申告価値÷(1-消費税の税率) × 消費税の税率

■法定徴収の増値税=(申告価値+正常課税の消費税税額) × 増値税の税率

総合税=(消費税+増値税) × 70%

※ 商品によって消費税の税率は異なる / ※ 業種によって増値税の税率は異なる

例1. 消費税の税率が15%の商品で、増値税は13%、貨物の申告価値が100元(運賃を含む)の税金。

関税=0元

消費税=100÷(1-0.15)×0.15=17.65元

増値税=(100+17.65)×0.13=15.29元

総合税=(17.65+15.29)×0.7=23.05元

例2. 消費税の税率が0%の商品で、増値税が13%、貨物の申告価値が100元(運賃を含む)の税金。

関税=0元

消費税=100÷(1-0)×0=0元

増値税=(100+0)×0.13=13元

総合税=(0+13)×0.7=9.1元

 

また、中国では消費者に対しても越境商品購入の個人限度額調整があり、購入金額の年間限度額が設定されています。

2019年、越境EC輸入商品一回の取引制限値は5,000元、年間の取引制限値は26,000元となっています。今後は国民の収入増加に伴って消費制限をさらに緩和する方針となっています。
※以前は、16年旧政で一回の取引制限値2,000元、年間限度額が20,000元だったものが引き上げられています。

中国ECは、非常に速いスピードで成長してきました。それに伴って、電子商取引関連制度も常に更新されており、今後もまた新たな制度が出てくるでしょう。中国EC業界に関連する企業は、いつでも変化に対応できる心の準備をしておく必要があるでしょう。

この記事を書いた人

いつも. マーケティングチーム
いつも. マーケティングチーム
いつも.のマーケティングチームです。国内からグローバル、自社からAmazon&楽天まで、ECにまつわるあらゆることを発信していきます!

越境ECカテゴリの最新記事