今回は、中国越境ECで禁止されているカテゴリと輸入制限のある日本製品をおさらいしておきましょう。

中国が輸入を禁止している主な8つのカテゴリと、動植物・検疫物の他、中国が指定している日本製品について産地証明が必要な製品及び輸入停止となっている指定地域(一部製品除く)は下記となります。

中国が輸入を禁止しているカテゴリ

  1. 「中華人民共和国出入国動植物検疫法」に規定された立ち入り禁止物
  2. 検査検疫が許可されていない動植物由来食品
  3. 「危険化学品リスト」、「劇毒化学品リスト」、「易制毒化学品の分類と品種リスト」と「中国が輸出入を厳しく制限する有毒化学品リスト」に組み入れたもの
  4. 生物製品以外の微生物、人体組織、生物製品、血液及び製品などの特殊なもの
  5. 公共の安全を危ぶむ可能性のある核生化などのテロや放射性にかかわる製品
  6. 不用品、廃棄品
  7. 国際速達や郵送で入国するeコマース商品は、「中華人民共和国の携帯禁止、郵送入国禁止動植物及びその製品リスト」の要求にも合致しなければならない
  8. 法律法規は入国禁止の他の製品と国家品質検査総局の公告により、入国禁止の製品を公告する

 

輸入を禁止している動植物・検疫物

①動物及び動物製品類

  1. 活動物(犬、猫を除く哺乳動物、鳥類、魚類、両生類、爬虫類、昆虫類その他無脊椎動物、動物遺伝物質をすべて含む)
  2. 肉類(生肉、熟成肉、臓器類を含む)及びその製品(水生動物製品)
  3. 動物由来の乳及び乳製品(生クリーム、ヨーグルト、動物由来のクリーム、バター、チーズなどの乳製品を含む)
  4. 卵(ピータン、塩漬け卵、卵、卵の殻、マヨネーズなど卵のソース製品を含む)
  5. ツバメの巣(缶詰のツバメの巣を除く)
  6. 油脂類、皮張り、毛類、蹄、骨、角類及びその製品
  7. 動物由来飼料(肉粉、骨粉、魚粉、乳清粉、血粉などの単一飼料を含む)、動物由来漢方薬材、動物由来肥料

 

②植物及び植物製品類

  1. 新鮮な果物、野菜
  2. シガレットの葉(シガレットを含まない)
  3. 種子(苗)、苗木その他の繁殖能力を持つ植物材料
  4. 有機栽培媒体

 

③その他の検疫物類

  1. 菌種、毒種などの動植物病原体、害虫その他の有害生物、細胞、器官組織、血液及び製品などの生物材料
  2. 動物の死体、動物の標本、動物由来の廃棄物
  3. 土壌
  4. 遺伝子組み換え生物材料
  5. 入国禁止の他の動植物、動植物製品及びその他の検疫物

日本対象の規制

中国の証明対象地域・品目

参考:農林水産省ホームページ

以上、中国の輸入制限についてご紹介しました。今後越境ECを考えているという事業者様や現状認識が曖昧という事業者様は、念の為確認しておくと良いでしょう

この記事を書いた人

高木修
高木修
株式会社いつも. 上席コンサルタント
EC戦略立案、海外ECリサーチ、「鉄則コンサルティング」プログラム開発責任者。いつも.式EC成長プログラムを多数開発。
アメリカ在住経験もあり、海外ECモデルにも精通。毎年アメリカ視察を行い、小売およびECの最新動向も収集し、日本での活用を提案している。