中国のCtoCプラットフォーム天猫で流行しているユーモア溢れるサムネイル

中国のCtoCプラットフォーム天猫で流行しているユーモア溢れるサムネイル

アリババが運営するCtoC中心のプラットフォーム、天猫(タオバオ)が創立15周年を迎えました。15年という時を経て、今やタオバオは中国国民の生活に浸透しており欠かせない存在となっています。今回は、そんなCtoCプラットフォーム、タオバオで流行している非常にユーモラスなサムネイルをご紹介しましょう。

ユーモアのある画像での集客

中国ECでは、1枚目に表示されるサムネイルは非常に重要視されており、ユーザーの多くが1枚目のサムネイルでその商品が欲しいかを瞬時に判断する傾向にあります。そのため、特にBtoCプラットフォームではサムネイルに厳しいルールが設けられていることがほとんどです。例えば、JDのBtoCプラットフォームでは、白背景であることや、サムネイル上に禁止ワードを入れないこと、商品に関係ないものはNGなど細かなルールが設定されています。

しかし、今回注目するタオバオはCtoCということもあり、規制も比較的緩く、タオバオの店主達は消費者の目を惹きつけるために競い合うように個性的なサムネイルを展開しており、その加熱ぶりに注目が集まる状態となっているのです。日本のECから見れば、クスッと笑ってしまうようなものから、そこまでして大丈夫? と心配してしまうような大げさすぎるものも多く見られます。

日本で同じことをやれば、炎上覚悟のような大袈裟な表現が多く使われているのですが、中国ECユーザーの間では【卖家秀】と呼ばれる概念があり、『スタイルの良いきれいなモデルを使って商品をアピールされても、実際に商品を買って自分で使ってみた様子をSNSにアップするとイメージと全然違う!』ということが常に問題視されており、多く話題に挙がっていることから、ユーモアのある画像で集客できる方が良いのでは? と良い意味で注目を集めているのです。

注目を浴びる奇抜な商品サムネイル

それでは(ここからは肩の力を抜いて)注目を集める奇抜なサムネイルをご紹介していきましょう! さて、何の商品を販売しているのでしょうか。ぜひとも当ててみてください! まずは、こちらのサムネイルから!

いかがでしょう? 中国人のおばちゃんがぶら下がっていますね。

『ぶらさがり健康器具?』いいえ、違います!

正解は、ハンガーをかける物干し竿(突っ張り棒)です! 健康器具と見間違うリスクよりも、商品の丈夫さを強くアピールする! 商品の売りポイントがすぐに分かる秀逸な作品ですね! 実際には、中国ECにおいて1枚目のサムネイルは動画になっていることが多いため、実物を見るといよいよ混同してしまいそうですが、とにかく丈夫なことは伝わります。

何となく方向性は理解できたでしょうか!?

ではこちらの商品はいかがでしょうか。

そう! 収納ラックです!

人が入れるくらい大きく、3人乗っても大丈夫なくらい丈夫であることを力強くアピールしていますね!

もうタオバオのノリが大体お分かりになったことでしょう! この調子で3枚目、最後の問題に取り組んでみましょう。

もうおわかりですね!正解は『まつげの美容液』です!

秀逸なサムネイルのインパクトもさることながら、キャッチコピーには「3~5倍伸びる」というコピーを入れてしまっています! 日本では直ちにクレームものの、あり得ない事態です! もちろん中国のユーザーも『ありえない!』とほとんどの人が理解していますが、大丈夫。ちゃんとクリックして商品ページに入ってくれているのです。

中国では、CtoCプラットフォームであるタオバオには、このような大げさな写真を使うことが常識となっており、絶対に大袈裟な表現でありえない! と分かっていても、その面白さが消費者の目を引きつけ、効果としては成功を収めるという状況が出来上がっているのです。

また、ユーザーはこのようなユーモア溢れるサムネイルを見ているだけで楽しめることから閲覧が止まらなくなってしまい、抜け出せなくなってしまう人も多いのだとか。タオバオとしても、このような流れからプラットフォームや商品自体に興味を持って貰うことに成功しているため、特に規制の流れもないようです。中国でEC展開を考えているという方は、このような流れもあるということを知っておく必要があるでしょう。

この記事を書いた人

いつも. マーケティングチーム
いつも. マーケティングチーム
いつも.のマーケティングチームです。国内からグローバル、自社からAmazon&楽天まで、ECにまつわるあらゆることを発信していきます!

越境ECカテゴリの最新記事