広告の効果を最大限に生かしていく

今回は【広告の効果をアップさせるための戦略】についてお話します。
アマゾンで広告の効果をアップさせる主な方法としてキーワードの設定があります。

ですが、実際広告を活用しているお客様の中には

「広告はオートターゲティングだけで運用している」

という方が多くいらっしゃいます。

もちろんオートターゲティングのみでも効果は出ますが、
広告の効果を最大化させるためにはマニュアルターゲティングと併用した運用が重要となります。

ご存知の通りマニュアルターゲティングではキーワードの設定ができるため、
正しいキーワード設定を行うことで、売上だけでなく、費用対効果アップにも繋がるのです。

ではキーワードの設定はどのように行えばよいのでしょうか。

3つのポイントで効果を上げていく

気を付けるべきポイントは以下の3つです。

・3つのマッチタイプ(完全一致/フレーズ一致/部分一致)を活用しているか
・商品に関連のあるキーワードが設定されているか
・キーワードごとにクリック単価の調整ができているか

上記3つのポイントは通常の売上アップ対策だけでなく、イベント時の対策としても使用できますので、まだ対応されていない方は是非お試しください。

新しく追加された仕様

また、つい先日アマゾンの仕様が一部変更となり、スポンサープロダクト広告のキャンペーンにて新しく追加された

・アップダウンなどの入札設定機能
・商品ターゲティングのディフェンス配信

など、新機能を駆使することで広告運用の目的に合わせた運用が行いやすくなる可能性が高くなります。

Amazon支援サービスとは

とはいえ具体的にどのように対策をするべきか
わからないという方もいらっしゃるかと思います。

そこで弊社がもつ、成功事例をもとにあなたの不安や課題を解決いたします。

「そもそもアマゾンでの売上アップ対策を知らない」
「広告を配信しても売上が上がらない」
「売上を伸ばしたいけど、費用対効果が悪くなるのが不安」

このようなお悩みをもつ販売企業の経営者様・EC事業部責任者様は、
ぜひ下記リンクより、お気軽にお申し込みくださいませ。

▼ Amazon支援サービスの詳細・お申し込みはこちら ▼
https://itsumo365.co.jp/service/amazon/

この記事を書いた人

いつも. マーケティングチーム
いつも. マーケティングチーム
いつも.のマーケティングチームです。
ECが大好きなメンバーが集まっています。国内からグローバル、自社からAmazon&楽天まで、ECにまつわるあらゆることを発信していきます!