Amazon・楽天・Yahooの各モールの戦略とは?

Amazon・楽天・Yahooの各モールの戦略とは?

ユニークユーザーが多いモールとは

まず初めに、ECでもっともUU(ユニークユーザー)が多いモールとはなんでしょうか?

1位 Amazon  77%
2位 楽天   53.1%
3位 Yahooショッピング 29.3%

モールで売上を伸ばすためには、特にAmazon、楽天の攻略は欠かせません。

今、弊社でもAmazonのお問合せ内容を聞くと、
「楽天を超えてAmazonで売上を伸ばそう」という動きが加速してます。

ただ、商流は、楽天が3.4兆円 Amazonが約2.5兆円と言われています。

楽天の市場は引き続き拡大している

楽天もまだまだ市場は伸びており、他社でAmazonの動きが加速する中で、
楽天の店舗を分析するとやり残したことが多くあります。

ポイントを押さえて検索キーワード対策をしていく

一つ例を挙げてみましょう。

検索キーワード対策で繁盛店は必ず下記のポイントを元に行っています。

・アクセス数の多いキーワードや競合が対策していないキーワードで対策が出来ているか

・キーワードで効果分析を行い、売上に繋がるキーワードで対策出来ているか

などです。

具体例で挙げていくと・・・

今回は、楽天で売上が約1.8倍になったお客様

(例)
商材ジャンル:レディースアパレル

検索キーワード最適化+サムネイル改善の仕組み化

商材ジャンル:食品

スーパーSALE時のイベント施策を仕組み化などの成功事例を交えて、繁盛店が行っている施策の中でも特に重要な施策とは何かを、お困りの店舗さまにお伝えします。

毎月、数百社の問い合わせをいただく中、売上が伸び悩んでいる、または売上を上げるための施策が見ない。という経営者さまは多いです。

また、
・どのモールに出店すべきか?
・どのモールに注力すべきか?
ということに悩みを抱えている方も多いです。

是非、こういったお悩みがある経営者さま。

1.3大モールのそれぞれ異なるお客様と、出店する重要性
2.楽天で売上を伸ばしている店舗の成功事例を10事例大公開
3.2019年~売上拡大を目指す経営者様はどのようなことに取り組むべきなのか
4.売れている店舗が身に着けている基礎力診断
5.すぐに実践できる楽天の集客法

この中で1つでも当てはまるのであれば、お役に立てることをお約束します。

楽天鉄則コンサルティングとは

弊社の9300社を超える支援実績の中で培った成功ノウハウをもとに、それぞれ項目ごとに診断させていただきます。

弊社精鋭コンサルタントの診断によって、今すべきことがはっきりすれば
効率的に売上改善を図っていくことが可能となります。

ぜひこの機会に、課題の棚卸をしてみませんか?

診断後のしつこい営業は一切ございませんので、ぜひお気軽にお申し込みください。

▼ 楽天鉄則コンサルティングについての詳細・お申し込みはこちら ▼
itsumo365/service/rakuten/tessokuconsulting

 

なお、楽天市場で売上UPするために最低限やるべきこと25のチェックリストでまとめました。売上を上げるために、アクセス増加、転換率の向上は必須になります。
商品登録、露出、イベント、リピート、商品ページ情報、付加価値など必要な施策をしっかり押さえておきましょう。

楽天市場で売上UPを目指す方は、レポート(PDF)をダウンロードしてみてください。

<楽天市場>売上UPするために最低限やるべき25のチェックリスト

【レポートダウンロードはこちら ▼】

 

楽天市場カテゴリの最新記事