EC業界最大規模のセールが迫る!アマゾンプライムデー

今回は、アマゾンの【7月に迫るプライムデーの成功事例】についてお話しします。
皆さま、アマゾンプライムデーについてはご存知でしょうか。

プライムデーはアマゾンは年に一度に開催するセールで、Amazonプライム会員が対象となります。
通常のタイムセールよりも割引率が高く、今年も7月の開催が予定されています。

昨年のプライムデーでは、アマゾン史上最大の注文件数を記録したことが公表されました。
2019年プライムデーもEC業界最大規模のセールになることは間違いないでしょう。

 

アマゾンの施策の見直しはできていますか?

さて、アマゾンの最大規模セールが7月に迫る中で、

・アマゾンの最新ノウハウに追いついていけなくなった

・プライムデーの規模は理解しているが、何をして良いかわからない

などのようなお悩みで困ってる方は多いのではないでしょうか。

 

売上を倍にした実例をご紹介

そこで今回はプライムデーで
【前週比で売上が1300%UPした施策】についてご紹介します。
まだプライムデーにご参加されたことがない方もぜひご一読ください。

下記はアマゾンプライムデーの前週比、昨年対比です。
——————————————————

【プライムデー前週比】

・売上+1364.2%

・セッション数+560.4%

・転換率+110.1%

 

【プライムデー昨対比】

・売上+166.4%

・セッション数+130.1%

・転換率+108.5%

——————————————————

こちらの出品者様はプライムデーにむけて施策をしっかりと行っていたため
アクセスと転換率が上がり、売上げアップに繋がりました。

具体的にどのような施策か?

以下は主な施策です。

▼主な施策

・タイムセール商品をプライムデー特設ページに掲載

・あわせ買いのプロモーション設定

・ポイント設定:通常0%→3%

・ディスプレイ広告・スポンサープロダクト広告の強化

適切な施策が結果を出す

このように、タイムセールに申請するだけではなく
タイムセール内でしっかり売上につながる施策を行うことが重要です。
7月までまだ時間はたっぷりありますので適切な対策を行いましょう

 

プレミアムデーを有効活用して売上を伸ばしたい方へ

 

とはいえ、ここで述べた運用方法をぜひお試しいただきたいのですが、
実際は「自社の運用だけではなかなか効果が出ない」
といったお悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。

そこで弊社がもつ成功事例をもとに「Amazon定期おトク便を活用した売り上げに繋がる施策」から、
「実際にどのような運用をして、どのくらい改善、売り上げにつなげることが出来たか」といったことをお伝えしながら、あなたの不安や課題を解決いたします。

「アマゾンの売上拡大に伸び悩んでいる」

「自社だけの運用は不安だから、運用代行を利用したい」

「基本はわかっているが人手が足りない」

といった経営者様・EC事業部責任者様は
ぜひ下記リンクより、お気軽にお申し込みくださいませ。

 

▼ Amazon支援サービスの詳細・お申し込みはこちら ▼
   itsumo365.co.jp/service/amazon/

 

なお、Amazonで売上UPするために最低限やるべきAmazonスポンサープロダクト広告について10のチェックリストでまとめました。
広告はただ出稿しているだけでは成果を出すことができません。押さえるべきポイントをチェックして、効果のある広告運用をしていきましょう。

Amazonで売上UPを目指す方は、レポート(PDF)をダウンロードしてみてください。

<Amazon>売上UPするために最低限やるべき「スポンサープロダクト広告」10のチェックリスト

【レポートダウンロードはこちら ▼】

 

この記事を書いた人

いつも. マーケティングチーム
いつも. マーケティングチーム
いつも.のマーケティングチームです。
ECが大好きなメンバーが集まっています。国内からグローバル、自社からAmazon&楽天まで、ECにまつわるあらゆることを発信していきます!