アマゾン

6/6ページ

「Amazonで広告の費用対効果は800%に達しています。いつも.さんに任せて正解でした:有限会社エナレッジ 様」

スポーツ用品やアウトドアグッズなどのECを手がけている有限会社エナレッジ(本社大阪府)。本店サイトやECモールなど7店舗のネットショップを展開する中、成長モールの一つであるAmazonをてこ入れするため、「Amazonスポンサープロダクト広告運用代行サービス」を2017年7月にご契約いただきました。契約後は広告の費用対効果が800%に達するなど高い成果を上げています。サービスを契約した経緯や効果な […]

日本上陸!ネットスーパーの黒船 Amazonフレッシュを早速試してみた!

  2017年4月21日Amazonフレッシュが遂に日本にも上陸しました。アメリカの大都市やロンドンでも展開しており、どんどん伸びている同サービスですが、果たして日本にはどんな影響を及ぼしていくのか!早速、いち消費者として注文してみました。 まずは利用条件です。 プライム会員であること(年会費3,900円) 月会費500円を払うこと(最初の30日は利用無料) 送料が6,000円以上で無料 […]

AmazonマーケットプレイスでSEO対策は効果があるのか?

みなさんこんにちは。いつも.のコンサルタントです。 最近、Amazonマーケットプレイスに出店しているEC事業者さまから、「モール内の広告を使わず、SEO対策だけで商品ページの露出を増やしたい」という相談を受けました。AmazonマーケットプレイスにおけるSEO対策はどのぐらい効果があるのか、気になっているショップさまも多いと思います。今回はその疑問に答えつつ、Amazonで売り上げを伸ばす戦略に […]

AmazonスポンサープロダクトのROASを改善する「マニュアル ターゲティング」の運用ポイント

みなさんこんにちは。いつも.のコンサルタントです。 先日、Amazonマーケットプレイスに出店しているEC事業者さまから、「最近、Amazonスポンサープロダクトからの売り上げが頭打ちになっているのですが、何か打開策はないでしょうか」という相談を受けました。同様の相談は2016年の夏ごろから、ときどき弊社に寄せれており、同じような課題感をお持ちのEC事業者さまも少なくないようです。そこで今回、「A […]

Amazonで「カートを取る」ための有効策とは?

  みなさんこんにちは。いつも.のコンサルタントです。Amazonで店舗を運営する際の最重要施策とも言えるのが、「ショッピングカートボックスを取る(カートを取る)」ことです。今回は、「カートを取る」ための施策について解説します。 ■「カートを取る」ことは最優先課題 Amazonに出店したことがない企業様もいらっしゃると思いますので、「カートを取る」ことの意味を簡単にご説明します。Amaz […]

注目のAmazonダッシュボタンが日本上陸!米国アマゾンの動きに見る次の一手とは

  みなさんこんにちは。いつも.のECコンサルタントです。弊社も兼ねてより注目してきたアマゾンダッシュボタンですがついに12月5日、日本でもサービスが開始されました。そんな気になるアマゾンの動きと、米国アマゾンの最新動向から今後想定される日本の小売業界に大きなインパクトを与えるかもしれない最新のレポートをご紹介しましょう。 本ブログでもご紹介したように、世界最大のネットショップの展示会「 […]

ROAS2000%超も可能!「Amazonスポンサープロダクト」に今すぐ取り組むべき3つの理由

  こんにちは。いつも.のコンサルタントです。みなさんはAmazonの検索連動型広告「Amazonスポンサープロダクト」を活用しているでしょうか?この広告は、上手に利用すれば非常に高い効果を発揮します。「Amazonスポンサープロダクト」に、今すぐ取り組むべき3つの理由について、弊社のお客様の事例を交えて解説します。 ROAS2000%以上の実績 「Amazonスポンサープロダクト」は、 […]

「Amazon店の月商が1年で約2倍に拡大:藤本株式会社 様」

Amazon店の月商が1年で約2倍に拡大 「Amazonスポンサープロダクト広告運用代行サービス」で高い成果を上げた藤本株式会社様の事例を紹介 ビルやマンションの建築中に建築部材に傷や汚れが付かないようにする「建築保護材」を販売している藤本株式会社。2010年にECを開始し、着実に売り上げを伸ばしていく中で、さらなる事業拡大を図るため、弊社の「Amazonスポンサープロダクト広告運用代行サービス」 […]

Amazonジャパンの年間商流 1兆6000億突破で成長勢い続く

アマゾンの勢いが止まらない状況が続いています。 アマゾン自身が販売する金額は約1兆円を突破し、出品型のマーケットプレイスも6000億円突破すると推測されています。合せると約1兆6000億円となり、国内最大モールの楽天と肩を並べる勢いとなっています。 当社の調査でもアメリカのEC市場では、アマゾンの存在感は年々高まり、すでにECの4分の1のシェアを占める勢いになり、このようなシェアアップは日本でも起 […]

1 6