経営戦略

Amazonで広告の費用対効果800%を達成

180727_gazou360

こんにちは。 株式会社いつも. の石井です。 今日は、弊社がご支援をして広告の費用対効果が800%を達成し、主力商品を中心に売上を伸ばされた店舗様の事例をご紹介します。 ■短期間でAmazon店の売上を伸ばしたいという思いから、いつも. と契約 こちらの店舗様は、スポーツ用品やアウトドア用品を扱い、ECでの取扱商品数は1000点、キックボードやマリンウェアを主力商品としておりオリジナル商品の企画、販売に注力されております。 Amazonの売上を伸ばすには、ショッピングカートボックスの獲得が必須で …

続きを読む

中国の小売り進化は、アメリカ超え?

ビッグデータ

こんにちは。 株式会社いつも. グローバルEC事業部の責任者を務めております、立川(たつかわ)です。 この春「IoT」「AI」を中心にビッグデータ関連ビジネスで世界で一番スピード感があり、モバイルで最先端の事例が集まる中国の「上海」に訪問して見て感じたモバイルECで起きる近未来についてダイジェストで共有いたします。 ■中国から学ぶBtoCビジネス アメリカで伸びたり、成長しているベンチャーはBtoBが多いのですが、中国ではBtoCが非常に伸びています。中国は対消費者のビジネスを作るのが上手いので …

続きを読む

2年後のECが米国で確認できました

IMG_1854

みなさんこんにちは。 株式会社いつも. グローバルEC事業部で責任者を務めております。 立川(たつかわ)です。 6月5日~は米国シカゴで開催された、世界最大規模のEコマースイベント「IRCE2018」で2年後の日本のECで起こると予測できることが確認できました。 「IRCE」は今回で14回目の開催となり、当社が日本代表パートナーを務めています。 いつも. としては、6年連続で参加しており、日本より2年~3年先を行くといわれる米国のEC動向から日本のEC市場の近未来を提言します。 ■2年後の日本の …

続きを読む

楽天市場 4年で66.5%まで上がっています

pixta_30376177_M

こんにちは。 株式会社いつも. の渡邉です。 ・良い商材を販売しているのに売上に繋がっていない ・集客に苦戦している ・広告を掛けているのに売上が上がらない ・商品ページをリニューアルしたのに売上へのインパクトが少ない あなたはそんな悩みを抱えてはいませんか? その原因の1つとして「店舗が考える顧客ターゲット」と「実際の店舗顧客の属性」がずれているかも知れません。 あなたは楽天の【スマートフォン比率】をご存知でしょうか? 実は楽天のスマートフォン比率はこの4年間で【38.5%→66.5%】と飛躍 …

続きを読む

先週ニューヨークで見た「EC&メーカー直販」

180618_gazou

みなさん、こんにちは。グローバルEC事業部で責任者を務めております、立川(たつかわ)です。 10日前の6月8日に、ニューヨークに「DtoC」(メーカー直販)の店舗視察に行ってきました。 ニューヨーク市内で約20店舗程視察を行いましたがその中でもニューヨーク発のコスメブランド「Glossier(グロッシエー)」の店舗には衝撃を受けました。 店舗はメイン通りから一本外れたビルの5階にあり決して良い場所とは言えない立地でしたが、平日の昼間にもかかわらず1階のエレベーター前には行列ができ、5階に上がった …

続きを読む

Amazonで売上げアップのために、まずやるべき必須項目

UNGRID-帆布トートの絵型

こんにちは。 株式会社いつも. 集客コンサルタントの高橋です。 今回は【アマゾンでまずやるべき必須項目】についてお話しいたします。 アマゾンで効果を上げるために、多くの方が商品ページの対策を行っていらっしゃると思います。 そんな中、最近よく以下のようなお声を耳にします。 「商品ページ内で一番先に商品紹介コンテンツから対策している」 商品紹介コンテンツを対策することはもちろん大事ですが、実はアマゾンでまずやるべき項目は商品紹介コンテンツではありません。 あなたもご存知の通り、売上を上げるためにはま …

続きを読む

Amazon 新商品で売上を伸ばす戦略

Renovation Design New Product Development Concept Sketch

こんにちは。 株式会社いつも. 集客コンサルタントの高橋です。 今回はアマゾンで【新商品で売上を伸ばす戦略】についてお話しいたします。 アマゾンに出店されている経営者様から、 「新商品を販売しても全然売れない」 「商品数を増やしても売上が伸びない」 といったご相談をよく受けます。 では、アマゾンで新商品の売上を伸ばすためにはどうすれば良いのでしょうか。 ポイントのひとつとしては、「新着ランキング」に掲載させることです。 新着ランキングとは、売れ筋ランキングの中にあるランキングのひとつで、新規出品 …

続きを読む

Amazon 有名ブランドに勝つ戦略とは?

Business man pressing high tech type of modern graph

こんにちは。 株式会社いつも. 集客コンサルタントの高橋です。 今回はアマゾンで【有名ブランドに勝つ戦略法の一つ】をお話しいたします。 アマゾン店舗を運営していて、あなたもこんなお悩みに直面していませんか? 「有名ブランドに広告枠を取られてしまう」 「売上を上げたいが広告以外で何をしたらよいか分からない」 今回お話しする内容はこのようなお悩みを解決する方法に結び付いていきます。 是非、お読みください。 まず、アマゾン内で有名ブランドに勝つためには、 ・商品の販売実績を作る ・自然検索で商品を上位 …

続きを読む

まだ物流コストで選びますか?

Smart Business woman is writing warehouse idea concept present by icon symbol elements.Elegant Design for smart business container cargo shipping,Logistic,Import  and Export business concept

こんにちは。 いつも. ロジスティクスプランナーの松本です。 ECで利益の確保を考える上で、今話題になっている運賃値上げの流れは無視することができない大きな問題の一つとなっています。物流全体を見直すタイミングで、外部委託を検討したり、委託先変更を検討している事業者様もいらっしゃると思います。新しい委託先に乗り換えるときに、『運賃が値上がった分、安い委託先を探したい』と考えがちですが、実はそこに落とし穴が潜んでいる可能性があります。 それは何でしょうか? 実は、運賃の値上げはまだ全国的に完了した訳 …

続きを読む

楽天市場「大手ECの倒し方」中小ECがとるべき戦略

Hand of businessman sitting at table and playing chess. Mixed media

こんにちは。 株式会社いつも. の山下です。 まず、あなたに一つ質問をさせてください。 「中小EC」は「大手EC」を倒すことができると思いますか? 結論から言うと「YES」です。 しかし楽天市場において、大手企業と中小企業の運営するECサイトを比べてみるとこのような結果になります。 <楽天ショップの月商別昨年対比売上伸び率> これらのデータからわかることは、中小ECは大手に比べて伸びていないということです。 しかし、冒頭で「中小EC」は「大手EC」を倒すことが可能だと話しました。 中小ECで伸び …

続きを読む

株式会社いつも.公式ブログは
株式会社いつも.が運営しています。

人気の投稿

メルマガ簡単登録

ECサイト経営者様・幹部様必見!
ノウハウやセミナー情報をお届け!