2020年02月21日

EC業界の採用難を乗り切る働き方改革

EC業界の採用難を乗り切る働き方改革

働き方改革の波

近年、働き方の多様化や人手不足に伴う採用難などを受け、EC業界でも「働き方改革」は重要なテーマになっています。

会社は時短勤務や在宅勤務といった多様な働き方に対応していくことや、入社した社員に長く働いてもらうために就業環境を整備したり、人材育成に力を入れることが求められています。

このような現状を踏まえ、今回は「働き方改革」を成功させるポイントについてお伝えいたします。

まずは、「働き方」の多様化に対応する方法です。

近年、会社員の働き方は急激に変化しています。在宅勤務や時短勤務が広がっているほか、副業を解禁する企業も増えてきました。

まずは仕事を整理してみましょう

このような社員の柔軟な働き方を実現し、社会の制度変化に対応するには、

 

  1. 時間
  2. 場所
  3. コミュニケーション
  4. 仕事内容

 

という4つの側面から仕事を整理し、就業形態を変えていくことがポイントです。

1つ目の「時間」は、時短社員の対応です。

週3日勤務で午前10時から午後4時まで出勤する時短社員に対応するためには、仕事の内容を分割し、業務時間内に実行できる業務量を適切に配分することが重要です。

2つ目の「場所」は、テレワークや在宅ワークへの対応です。

在宅勤務などを認める場合、社員の勤怠管理や情報漏えいを防ぐことが課題になります。勤務時間中のパソコン画面のスクリーンショットを自動で保存し、その画面を管理者が確認できるシステムなどを利用し、社員が業務外の作業を行わないようにすることも非常に大事になってきます。

3つ目は、在宅ワークの社員とそれ以外の社員や管理職との「コミュニケーション」です。

最近はメールや電話だけでなく、チャットで仕事をする会社も増えてきました。

チャットは365日24時間コミュニケーションを取れてしまうため、土日や夜中はチャットを送らないようにするなど、コミュニケーションによる過度な負担を減らす取り組みも大切です。

今回は、4つの側面のうち3つを紹介させていただきました。

会員限定サービスECマーケッター

今回お話しさせていただいた内容は、会員様向けにお届けしている月刊誌『ec Marketer vol.28』(2019年4月号)からの抜粋です。

本誌では、「働き方改革」について、働き方への対応、採用方法、社員が定着する職場作りについて、3部構成で解説しています。

会員制通信講座「ECマーケッター」にご登録いただくと、今回のようなEC運営に役立つ情報を掲載した月刊誌を毎月お届けするほか、弊社が主催する勉強会にも無料でご参加いただけます。

また、楽天やAmazonなどで売上を伸ばすノウハウについて弊社コンサルタントが解説する動画を好きなだけご覧いただける上に、月刊誌の内容の詳細を動画でも公開しております。

この動画サービスは、ご登録いただいた店舗様にご覧いただき、ノウハウを実行していただくことにより多くの店舗様に効果が出ているものです。

あなたの店舗の売上を伸ばすために、ぜひこの「ECマーケッター」をご活用ください。

『ECマーケッター』にご興味のある方はこちら