D2C ブランドメーカー企業様専用 ネットショップ運営代行・EC事業代理店サービス D2C ブランドメーカー企業様専用 ネットショップ運営代行・EC事業代理店サービス

マーケティング担当者が選ぶAmazonマーケティング支援No.1
 EC・通販担当者が選ぶ楽天マーケティング支援No.1 経営者が選ぶブランドマーケティング支援No.1

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。

メーカー企業のD2C事業参入・拡大を
ワンストップで支援します。

当社独自の、 メーカーと共創する日本流D2C支援サービスとは?

当社は、大手、中堅のBtoC型のメーカーを数多く支援をしています。今D2Cは米国で盛り上がりつつあります。
日本でメーカーが既に卸・小売を通して販売している場合、ネット・ECで直接販売すればいいという単純なやり方で成功は難しい。
では当社がどのようにBtoC型のメーカーに対してマーケティング支援しているか、そのポイントを整理しましょう。

01

その1

メーカーは既存チャネルとの関係を崩してはいけない

既存チャネルとの関係を考慮すると値引きはしたくないのではないでしょうか。メーカーにはネットだと安売りされる、でも安売りしないと売れないという誤解があります。たしかに、公式店は値引きせず、ほぼ開店しただけのケースは多い。一方、当社がメーカーと一緒に立上げたD2C ブランドは1年程で1ブランド年間売上10億円ほどの事業になる場合もあります。当社支援では値引きを極力しないやり方でD2C事業拡大を実現します。

当社独自のデジタルシェルフ(商品棚)サービス活用し、売価を崩さずに自社ブランドサイト、楽天、Amazon、他モールなど、プラットフォームごとに最適なマーケティングを行うことができます

関係を崩してはいけない
店舗で買う人の存在が大事

02

その2

今やECでチェックして店舗で買う人の存在が大事

デジタル中心の消費者は買い物する前に、EC上にあるレビューを見ます。特に近年レビューは重要になり、レビュー点数、コメント内容が悪い場合はせっかく店頭に来ても他ブランド選んでしまうという場合も多くあります。消費者が高く評価するD2C ブランドに育てるためには、ページの情報内容はもちろん、写真画像、顧客メール対応、物流までをブランド自身が、内製もしくはベンダーをコントロールする必要があります。当社は、独自の買い物体験を高めるマーケティング手法で、支援するブランドECは他ブランド平均値と比較し、レビュー平均点数(良い・悪い)で約2.3倍、レビュー平均記入数で約9.2倍高いという好実績が出ています。(※2020年3月、当社調査)

当社独自のデジタルシェルフ(商品棚)サービス活用し、自社ブランドと他社ブランドのレビューを年齢・性別・用途属性ごとに詳細に分析することができます。

03

その3

小売り・卸が行っていたバックオフィスを
行う能力がないとD2Cはできない

メーカーは卸や小売に、バックオフィスである物流、商品保管、資金回収、個人情報管理、価格設定、棚卸・返品、会計処理など行ってもらっている場合が多い。D2Cをやるためにはこのバックオフィス業務を、自社で行うかベンダーと協働する必要があります。ただし、バックオフィスとマーケティングが両方できる能力を持つベンダーは米国では増えていますが、日本ではほぼありません。数社が横連携するか、下請け的な構造になっているケースが多いといえます。

連携でもなく下請けでもない、「D2C専用バックオフィス一体型のマーケティング支援」を行うのが当社独自の能力です。そしてさらにブランド価値を高めたい場合には、顧客ごとに商品の箱・内容物までをパーソナライズ・個別化した「お届け」を実装することでよりロイヤルカスタマーを増やすことができています。まさにD2Cには、売るチカラと守るチカラの両方が必要です。

D2C専用バックおフィル一体型のマーケティング支援
D2Cを成功させるには 図

04

その4

新製品を買ってくれる魅力的な顧客はどこにいるのか

新製品を販売・マーケティングするならチャネル選定は大切です。新製品はアーリーアダプタ(早期採用者)に買ってもらう必要があります。たしかにD2Cで、自社ブランドの説明をしやすいから自社ブランドECで売ると考えがちですが、そこには新製品を買ってほしい顧客はいるのでしょうか。また、販売力のある卸・小売りに任せても、ネット上にただ並んでいるだけということもあるのではないでしょうか。では魅力的な買い手はネット上のどのプラットフォーム(楽天、Amazon、他)にいるのかを把握することがD2C拡大には必要です。

当社独自のデジタルシェルフ(商品棚)サービス活用し、自社ブランドの新製品を買ってくれる顧客がどこにいるのかを発見し、そこにはどれくらいの市場規模があるのかをデータとして提供します。さらに新商品の企画までを行うことも可能

メーカーがD2Cに参入するうえで 知っておいてほしいこと

01

その1

D2Cとは

「Direct to Consumer」の略で、メーカーが消費者に直接商品を販売するビジネスモデルのことです。

卸や小売店舗などの販売委託先を介していた従来のビジネスモデルでは、消費者から得られる商品への評価や購買データは、販売委託先を通して間接的に得られる限定的なものでした。

D2C(DtoC)では、メーカーがECを通して直接消費者と接点を持つことで得られる様々なデータをもとに、ファンを増やしながらEC売上も増やしていくことができると注目を集めており、『メーカー企業のEC事業参入=D2C(DtoC)』として小売の新潮流となっています。

D2Cとは フロー
今こそD2Cが必要な理由 図

02

その2

今こそD2Cが必要な理由

米国ではAmazonのシェアが急激に高まり、小売企業の業績悪化や店舗の大量閉鎖など、顧客とのブランド接点が激減。小売各社はやむを得ず、D2C(DtoC)モデルへとシフトしていきました。
日本でも消費者がブランドとSNSなどでつながり、商品を直接購入する時代に入り、D2C(DtoC)が活発になりはじめています。

メーカーにとっては、従来のマーケティング手法とは発想が変わるD2C(DtoC)ですが、早期に取り組み、経験やノウハウを積んでおくことで、大きくビジネスチャンスを広げることが可能です。

03

その3

D2Cに必要なこと

メーカー各社がD2C(DtoC)をはじめるためには、これまで小売企業に任せていたことも含めてトータルに管理する必要があります。

  • マーケティング活動、商品企画
  • 商品製造・管理
  • ECサイト運営
  • 認知・集客活動
  • EC受注・顧客対応
  • 消費者向けの配送体制


これまでの業務フローや体制では対応できないことが、メーカー企業にとって大きな課題となります。

D2Cに必要なこと 図
D2Cを成功させるには 図

04

その4

D2Cを成功させるには

EC市場も成熟してきており、メーカーがD2C(DtoC)で参入さえすれば商品が簡単に売れるという状況ではありません。自社ECや主要モールなど、販売チャネル(販売方法)において販促活動や分析なども行う必要があるため、 ECやD2C(DtoC)に詳しいプロフェッショナルな人材を揃えて取り組む必要があります。

また、最も重要となるのは、「消費者に届いた瞬間」を起点にしたマーケティングとビジネスを作りあげることです。 メーカーとして直接消費者とつながることは不慣れな面もあると思いますが、当社の経験とノウハウを惜しみなくご提供します。

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。

メーカー企業のD2C事業参入・拡大を
ワンストップで支援します。

いつも.ってどんな会社? D2Cビジネスに関するあらゆることを
10年以上支援している会社です

支援領域は、楽天市場・Amazon・Yahoo!などのECモールやブランド公式の
ECサイトから、 アメリカ・中国・ASEAN・ロシアを中心とした海外 越境ECまで
メーカー各社の戦略立案・コンサルティング・サイト構築・デザイン
広告運用・プロモーション・物流・運営代行などをワンストップで
サポートをおこなっている数少ない会社です。

経営者が選ぶブランドマーケティング支援No.1 ECマーケティング担当者が選ぶD2Cビジネス参入支援No.1 ECマーケティング担当者が選ぶEC売上アップ支援No.1 ECマーケティング担当者が選ぶビューティーコスメEC支援No.1 ECマーケティング担当者が選ぶフード・健康食品EC支援No.1 ECマーケティング担当者が選ぶECデータ分析力支援No.1
amazonspn

いつも.の強み D2Cでどのチャネルを選ぶかはもちろん、
ブランド公式EC、楽天、Amazon、PayPayモールでも
どのプラットフォームでもおまかせください

アイコン
メーカー特有の定価販売であっても、しっかり顧客を捕まえ、売り上げを上げる差別化戦略を構築
アイコン
ネットで売れる商品や市場の選定、市場での売り方を熟知したプロが店舗の販売実績や課題を分析
アイコン
EC運営に必要な店長・デザイナー・運用スタッフなど必要な運用リソースを御社専用に準備。まるごといつも.で代行することが可能
アイコン
メーカー向きの最適な出店先選びや必要な業務システム選定をサポート
アイコン
楽天市場・Amazon・Yahoo! ショッピングといったモール系からMakeShop・カラーミーショップ・futureshopなどのカートASP系など、どんなチャネルにも対応
アイコン
メーカー直販に参入する上で障壁となる卸先との共存関係戦略を構築
アイコン
エンドユーザー顧客をしっかりと掴み、万全のセキュリティで顧客リストを管理。CRMの仕組みと運用を実行
アイコン
BtoCの物流、出荷、CS、注文処理を当社専門スタッフがまるごと代行可能。 必要な業務システムやデータ設計構築もサポート

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。

メーカー企業のD2C事業参入・拡大を
ワンストップで支援します。

いつも.が選ばれる理由とは? 支援実績の一部をご紹介します

D2C(DtoC)の支援実績カテゴリ

アイコン

化粧品

アイコン

日用品

アイコン

食品

アイコン

飲料

アイコン

健康食品

SK-Ⅱ公式サイト運営:P&G の楽天市場 公式WEB代理店 SK-Ⅱ公式サイト運営:P&G の楽天市場 公式WEB代理店

いつも.ができること ワンストップですべてをお任せいただけます

データ収集 図
戦略策定
  • ・販売計画立案
  • ・競合調査
  • ・市場調査
  • ・リピートプログラム
  • ・CRM分析
  • ・A/Bテスト
  • ・報告書作成
  • ・戦略会議
  • ・売上集計
  • ・アクセス解析
  • ・レビュー施策
サイト構築
  • ・サイト構築
  • ・リニューアル
  • ・スマートフォン最適化
  • ・メルマガ配信
  • ・特集ページ制作
  • ・商品登録
  • ・写真撮影
  • ・サイト更新
広告運用
  • ・広告運用
  • ・広告分析(PDCA)
  • ・クーポン
  • ・セール対応
  • ・イベント企画
受注処理
  • ・注文処理
  • ・注文メール送付
  • ・決済確認
  • ・入金確認
  • ・出荷指示
  • ・キャンセル処理
  • ・データ連携
カスタマー
サポート
  • ・注文に関する メール
  • ・メール
  • ・電話の対応
  • ・質問の一次請けと
  • ・エスカレーション
  • ・キャンセル対応
  • ・トラブル一次対応
物流代行
  • ・出荷業務
  • ・入庫管理
  • ・在庫管理
  • ・ピッキング
  • ・納品書対応
  • ・梱包業務
  • ・梱包デザイン
  • ・資材管理
  • ・会計管理
  • ・同梱物対応

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。

メーカー企業のD2C事業参入・拡大を
ワンストップで支援します。

よくある質問

Q

まだ相談が固まっておらず漠然としているのですが大丈夫でしょうか?

A

大丈夫です。ご相談いただく内容をお聞きしアドバイスします。契約までは一切費用はかかりません

Q

やることは決まっているのですが売れるかどうか自信がないのですが売り方も相談できますか?

A

大丈夫です
豊富な事例がありますので御社にあった売り方をアドバイスできます

Q

資料や事例などはありますでしょうか?

A

あります。
ご相談内容を電話又はメールでお聞きし合ったものをお渡ししますのでお気軽にお問い合わせください

Q

部分的なサポートをもらうことも可能でしょうか?

A

大丈夫です
コンサルだけや物流だけご依頼いただく企業様も多数あります。まずはご相談ください

D2C参入するうえで準備すること

ブランドを持つ企業様やメーカー様がD2C(DtoC)でECに初参入するためには、
出店までのスケジュール・出店先・物流・カスタマーセンター顧客情報の
取り扱い・会計処理のルールなど、ECで直接消費者と取引を行うために
あらかじめ決めておくべきことが多くあります。
特に注意しておくべきポイントをご紹介しておきましょう。

01

Point 1

出店までのスケジュールやステップ作成

ECに参入するうえで、はじめに着手したいのが出店までに何を行うべきかをステップとしてすべて洗い出し、そのステップをスケジュールまで落とし込むことです。
やるべきステップとスケジュールが固まっていないと、後で問題が起こる可能性が高くなってしまいます。
例えば、出店先を決めずに物流や会計処理のルールを決めようとしても、出店先のルールが違うため、振り出しに戻ってしまう…なんてこともあります。
ECで出店までのスケジュールを作成したことがない、自信がないという場合は、ぜひいつも.にお任せください。

出店までのスケジュールやステップ作成 図
出店先の選定 図

02

Point 2

出店先の選定

EC業界には、楽天市場やAmazonなど複数のECモールが存在するほか、自社でECサイトを立ち上げ、より深く顧客との接点を構築する方法もあります。このような複数のチャネルから、まずどこに出店するのか、それとも同時に多店舗展開するべきなのかは、御社の商材や規模によっても異なります。
まだ決まっていない・どこに出店すれば良いかわからないという場合でも、御社に合ったモール選定から段階的な多店舗運営など、プランニング立案から サポートまで対応いたします。

03

Point 3

物流やカスタマーセンター、顧客情報の取扱い

ECやD2C(DtoC)を行う際は、これまで小売店舗に任せることができていた顧客情報の取り扱いに注意する必要があります。特に、物流やカスタマーセンターなど、顧客情報を直接扱う部分は、自社・委託に限らず、ルール設定などに一番時間がかかる部分となるため、早めに決めておく必要があります。
いつも.では、顧客情報の厳正な取り扱いルールに沿った、物流やカスタマーセンターの代行サービスも充実しているほか、御社内や委託先にお願いする際にも豊富な実績からプランニングからサポートまで対応致します。

物流やカスタマーセンター、顧客情報の取扱い 図
D売上げや在庫、値引きについての会計処理 図

04

Point 4

売上げや在庫、値引きについての会計処理

BtoBと比べてBtoCの場合、規模が大きくなればなるほど会計処理が複雑になります。例えば、顧客の購入回数に合わせて値引率を設定したり、在庫が残った場合などもこれまでのBtoBとは違う会計処理が必要になります。
ほかにも売上処理等、どのように行うか決まっていないと正確に会計処理できないため、あらかじめしっかりと会計処理のルールを作成しておきましょう。
もちろん経験やノウハウが無くても、いつも.がプランニングからサポートまで対応可能です。

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。

メーカー企業のD2C事業参入・拡大を
ワンストップで支援します。

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。

お問合せ・ご相談につきましては、電話またはZoomで対応しておりますので、ご安心くださいませ。