2/46ページ

2/46ページ

米国視察で見えたEC近未来 2019年Amazonの動向と新キーワード『デジタルシェルフ』とは?

勢いに乗るAmazonの2019年動向 年々成長し続けているEC市場ですが、その中で最も勢いのあるのがAmazonです。 Amazonの存在感が高まるにつれ、アメリカではAmazonが新たに事業を始めると、 その事業に関連する企業の株価や業績が打撃を受ける「アマゾン・エフェクト」が加速しています。 小売店を見てみると、トイザらスやシアーズといった歴史や知名度のある企業が次々と閉店に追い込まれたこと […]

「自然検索からの流入が増え、受注件数は昨対2倍。業績はV字回復しています」お客様の声:株式会社まきやす様

着物や袴、礼服など、冠婚葬祭に使う衣装のレンタルサービスを展開している株式会社まきやす(本社愛知県)。2014年に自社ECサイトでオンラインレンタル事業を本格的に開始しました。当初は売上を急速に伸ばしていましたが、2017年秋頃、検索エンジン経由のアクセス数が減少し、売上も落ち込んでしまったそうです。その後もしばらく業績が上向かなかったことから、2018年4月に「いつも.式 自社EC鉄則コンサルテ […]

「Amazonで化粧品の広告インプレッションが10倍以上、売上は2倍以上に増えました」お客様の声:株式会社ストリーム様

PCや家電のECサイト「ECカレント」などを展開している株式会社ストリーム(本社東京都)。2000年のオープン以降、2016年に化粧品のネット通販を開始し、オリジナルサイト以外に楽天やAmazonなどECモールにも出店を行い、化粧品の販売を強化しています。化粧品をPC・家電の次の柱に育てるため、出店以来好調なAmazonで化粧品の売上をさらに伸ばそうと、2018年8月に弊社サービス「Amazonス […]

「契約後に月商は1.5倍!広告運用をいつも.さんにお任せしたことが、EC事業の拡大につながっています」お客様の声:TIME&FREEDOM株式会社様

海外ブランドの腕時計を販売しているTIME&FREEDOM株式会社(本社東京都)。2016年に腕時計のEC事業を開始し、現在はAmazonとYahoo!ショッピング、Qoo10に出店しています。Amazonに出店して約1年が経過した2018年2月、Amazon店の売上をさらに伸ばすため、株式会社いつも.の「Amazonスポンサープロダクト広告運用代行サービス」をご契約いただきました。契約後 […]

「Amazon店の年商は前年比20%増でした!スポンサープロダクト広告の費用対効果も着実に上がっています」お客様の声:ライフ様

機能性靴下や輸入食品などのネット通販を2017年に開始し、Amazonや楽天市場を中心に売上を急速に伸ばしているライフ(事業所大阪府)。EC事業が2年目を迎えた2018年1月、Amazon店の成長を加速させるために、株式会社いつも.の「Amazonスポンサープロダクト広告運用代行サービス」をご契約くださいました。契約後は、スポンサープロダクト広告の広告予算を増やすことなく、広告経由の売上が増えて、 […]

Amazonタイムセールでランキング順位を急上昇させ、売上アップする方法とは?

アマゾンのタイムセールでの成功事例 アマゾンでのタイムセールはいかがでしたでしょうか? タイムセールで売上アップに成功したクライアント様がいらっしゃる一方で、 「タイムセールで何をして良いか分からない」 「なかなか売上が上がらない」 とのご相談もよくお受けします。 そこで今回は、アマゾンのタイムセールでランキング順位が伸びたクライアント様の事例を紹介いたします。 下記はタイムセール前後でのランキン […]

京東全球購が「海囤全球」へアップグレード

中国EC巨頭である京東(略:JD)モールに属する越境専門モール「京東全球購(英語名:JDWorldwide、JDWW)」が近日、内部調整を経て「海囤全球(英語名は変更なし)」へ名前変更し、越境モデルをアップグレードしたことが分かりました。 「囤」は「蓄える、貯蔵する」という意味で、「海囤」は「海外商品をたくさん買って貯蔵する」というふうに解釈されています。 JDWW関係者によると、中国消費者の消費 […]

「デジタルシェルフ」シェアという概念が新潮流に

デジタルシェルフシェア  アメリカでは、実店舗の棚を確保している指標と一緒にデジタルやECでの棚(シェルフ)をどの程度確保しているか?という「デジタルシェルフシェア」の両方を確認することを企業活動の重要指標(KPI)に取り込む動きが出てきています。 アメリカの小売業はアマゾンへの対抗も含めて「価値あるPB」の開発と販売強化を急いでいます。当然その商品は自店舗の一番良い場所(棚)に並ぶことになります […]

2019年より中国越境EC政策が再調整、更なるオープンな市場へ

中国越境EC関連政策に新たな変動 11月下旬に中国越境EC関連政策に新たな変動がありました。 本来は、2016年4月に改訂した中国越境EC政策においては、 ①越境EC商品に「通関単」を提出 ②化粧品や健康食品、粉ミルク、医療機械などは、初回輸入する際に輸入許可証、登録やファイリングが必要と規定され、越境関連企業では一時ざわついていました。   手続きが煩わしいだけでなく、特に②は取得する […]

楽天のモール内検索対策では、強化商品を決めることが大事

強化商品を決めて集中対策することの重要性 たくさんの商品を扱っているショップがモールで売上を伸ばすには、 限られたリソースをすべての商品に分散させるよりも強化商品を決めて集中販売する方が効果的です。 すべての商品ページを作りこむのは大変ですが、力を入れる商品を絞り込めば社内で優先順位がつけられ、より ”売れる商品”に力を注いで売上を伸ばせます。 強化商品は、売れ筋商品や独自商品を中心に、季節ごとに […]

1 2 46