日本・世界オンラインの消費者購買行動に特化した調査機関と情報メディア

デジタルショッパー総研

5G通信スタートで変わるデジタルショッピングマーケティング

とうとう “5G WORLD 2020”に向けたカウントダウンが始まった メディア各所でも騒がれ始めて久しい”5G”。 通信業界や行政各所は対応に躍起だと思いますが、我々1スマホユーザーからすると「通信の読み込みが早くなるんだよね、ふーん」くらいのメリットしかイメージできないのが実情ですよね。 現行の4Gをレーシングカーに例えるなら、5Gの体感スピードはジェット機レベル!11Gbps~50Gbpsの通信速度が可能となります。※ 身近なところでは、動画やゲーム利用でのスピードアップメリットが注目されています ...

ReadMore

爆買いの終焉。地殻変動真っ最中の中国人買い物事情【前編】

デジタルショッパー総研所長の立川(たつかわ)です。定期的に日本企業の中国EC進出サポートを兼ねて中国に訪問していますが、この約1年で中国のデジタル消費・ECの動きが急変していることを実感しています。 それらを一言で表すとすると、「高成長」から「成熟期」へ変化の過程で起きる「地殻変動」。今回は、その地殻変動を中国消費者・訪日観光客が接する「デジタルシェルフ」※ 視点で読み解いていきます。 ※デジタルシェルフ:「ネット上の棚」を意味する概念。近年Eコマースを運営する上で最も重要とされている指標のひとつ 「爆買 ...

ReadMore

商品レビューはどのくらい購買行動に影響する?世帯年収別Amazonレビュー信用度を調査。

・Amazonの商品レビューはどのくらい購買行動に影響しているのか? 太古の昔より、人々の購買行動に欠かすことのできない口コミ。この口コミのインフルエンス力が商品の命運を握っていると言っても過言ではありません。 兼ねてよりブログやソーシャルメディア上での「ステマ問題」が物議を醸していましたが、昨今では巨大プラットフォームAmazonにおいても商品レビューの信頼性そのものが揺らぐ自体が起きています。 デジタルショッパー総研では、世帯年収ごとのAmazonレビュー対する意識調査を実施しました。 ・ポジティブレ ...

ReadMore

【SHOP TALK2019濃縮レポート】 メーカーと小売の共存時代が終わりつつある欧米圏。 “D2C 3.0時代”の勝者と敗者の境目とは?

全米最大のリテール&Eコマースカンファレンス"SHOP TALK"とは ショップトークは、米国ラスベガスで開催されるデジタルと小売を結びつける展示会で8,600人の販売枠が完売した全米最大のリテール&Eコマースカンファレンス。 有名ブランドを持つ製造業・小売業が一同に集まり、今後どのように商品販売戦略を展開していくのかを語るイベントで、展示も500社、講演には300人近く(半分がCEOや創業者)が話すという、まだ歴史的には浅く、日本国内では認知も低いですが、小売・メーカーともに世界的に注目されるイベントと ...

ReadMore

オンラインの消費者購買行動に特化した調査機関「デジタルショッパー総合研究所」の立ち上げのお知らせ

デジタルショッパー総合研究所 所長立川より設立のご挨拶 「消費者の行動変化に、企業が追いつけていない現実」 突然ですが、この文章をお読みの貴方は一番最近購入したモノは何でしょうか? コーヒー?化粧品?はたまた家電なども有り得ますでしょうか。 いずれの商品を購入する上でも、「その場で衝動買い!」という消費者傾向は非常に少なくなっており、「インターネット上に存在するそれら商品の関連情報に接触してから買う」が現代のスタンダードになりつつあります。 実店舗ではその情報を捉えきれないほど多くの商品が並び、店頭の販売 ...

ReadMore

「デジタルショッパー総合研究所」 日本・世界オンラインの消費者購買行動に特化した調査機関と情報メディア

アナリスト定点予測 海外事例

2019/6/25

5G通信スタートで変わるデジタルショッピングマーケティング

とうとう “5G WORLD 2020”に向けたカウントダウンが始まった メディア各所でも騒がれ始めて久しい”5G”。 通信業界や行政各所は対応に躍起だと思いますが、我々1スマホユーザーからすると「通信の読み込みが早くなるんだよね、ふーん」くらいのメリットしかイメージできないのが実情ですよね。 現行の4Gをレーシングカーに例えるなら、5Gの体感スピードはジェット機レベル!11Gbps~50Gbpsの通信速度が可能となります。※ 身近なところでは、動画やゲーム利用でのスピードアップメリットが注目されています ...

アナリスト定点予測 国内事例

2019/6/5

爆買いの終焉。地殻変動真っ最中の中国人買い物事情【前編】

デジタルショッパー総研所長の立川(たつかわ)です。定期的に日本企業の中国EC進出サポートを兼ねて中国に訪問していますが、この約1年で中国のデジタル消費・ECの動きが急変していることを実感しています。 それらを一言で表すとすると、「高成長」から「成熟期」へ変化の過程で起きる「地殻変動」。今回は、その地殻変動を中国消費者・訪日観光客が接する「デジタルシェルフ」※ 視点で読み解いていきます。 ※デジタルシェルフ:「ネット上の棚」を意味する概念。近年Eコマースを運営する上で最も重要とされている指標のひとつ 「爆買 ...

調査報告

2019/5/24

商品レビューはどのくらい購買行動に影響する?世帯年収別Amazonレビュー信用度を調査。

・Amazonの商品レビューはどのくらい購買行動に影響しているのか? 太古の昔より、人々の購買行動に欠かすことのできない口コミ。この口コミのインフルエンス力が商品の命運を握っていると言っても過言ではありません。 兼ねてよりブログやソーシャルメディア上での「ステマ問題」が物議を醸していましたが、昨今では巨大プラットフォームAmazonにおいても商品レビューの信頼性そのものが揺らぐ自体が起きています。 デジタルショッパー総研では、世帯年収ごとのAmazonレビュー対する意識調査を実施しました。 ・ポジティブレ ...

海外事例

2019/5/24

【SHOP TALK2019濃縮レポート】 メーカーと小売の共存時代が終わりつつある欧米圏。 “D2C 3.0時代”の勝者と敗者の境目とは?

全米最大のリテール&Eコマースカンファレンス"SHOP TALK"とは ショップトークは、米国ラスベガスで開催されるデジタルと小売を結びつける展示会で8,600人の販売枠が完売した全米最大のリテール&Eコマースカンファレンス。 有名ブランドを持つ製造業・小売業が一同に集まり、今後どのように商品販売戦略を展開していくのかを語るイベントで、展示も500社、講演には300人近く(半分がCEOや創業者)が話すという、まだ歴史的には浅く、日本国内では認知も低いですが、小売・メーカーともに世界的に注目されるイベントと ...

ニュース

2019/4/15

オンラインの消費者購買行動に特化した調査機関「デジタルショッパー総合研究所」の立ち上げのお知らせ

デジタルショッパー総合研究所 所長立川より設立のご挨拶 「消費者の行動変化に、企業が追いつけていない現実」 突然ですが、この文章をお読みの貴方は一番最近購入したモノは何でしょうか? コーヒー?化粧品?はたまた家電なども有り得ますでしょうか。 いずれの商品を購入する上でも、「その場で衝動買い!」という消費者傾向は非常に少なくなっており、「インターネット上に存在するそれら商品の関連情報に接触してから買う」が現代のスタンダードになりつつあります。 実店舗ではその情報を捉えきれないほど多くの商品が並び、店頭の販売 ...

Copyright© デジタルショッパー総研 , 2019 All Rights Reserved.