公開日:

Amazonで売れる大前提!カートボックス獲得のポイント

Amazonで売れる大前提!カートボックス獲得のポイント

みなさんこんにちは。Amazon(アマゾン)出品・サイト運営におけるコンサル、広告運用、運用代行などでAmazonマーケティングを支援する、株式会社いつも.のコンサルタントです。

Amazonには売上に直結する要素としてショッピングカートボックス(カートボックス)という仕組みがあります。
カートボックスを獲得できていないと競合の商品にばかり注文が入り、どれだけ商品そのものが良いものでも売上は上がっていきません。

本記事ではカートボックスの概要や獲得の条件について解説しますので、以下のようなお悩みをお持ちの方におすすめです。

  • 商品ページを作り込んでいるのに売上が上がらない
  • 競合の商品との差が埋まらない
  • そもそも商品ページになかなかたどり着いてもらえない

カートボックスの獲得でお悩みを解決できる場合がありますので、他社に先んじるためにもぜひこの記事の情報をご活用ください。

そもそも「カートボックスを獲得する」とは?

Amazonでは1商品1ページが原則とされており、1商品を複数の店舗が取り扱う場合には商品ページの中で複数の店舗が競合することになります。
その際に商品のデフォルトの販売者になることを、「カートボックスを獲得する」、「カートを取る」と表現します。

カートを取ると他の店舗がよほど良い条件でない限り、ユーザーはカート獲得店舗から動きません。
そのため、ほとんどカート獲得店舗の一人勝ち状態となり得ます。

また、Amazonの検索連動型広告「Amazonスポンサープロダクト」は、カートを取っていることが利用条件でもあるため、Amazonの店舗運営ではカート獲得が最優先課題であると言えるでしょう。

それでは、どうすればカートを取ることができるのでしょうか?
カートボックス獲得には満たしておかなければならない必須条件と、確率を上げるために推奨されている条件とがありますので、以降順番に説明していきます。

カートボックス獲得の必須条件

カートを取るための必須条件は以下の3つです。

  1. 出品形態が大口出品者か?
  2. 注文不良率、キャンセル率、出荷遅延率が良好な数字か?
  3. 一定以上の注文数があるか?

ちなみにフルフィルメントby Amazon(FBA)を利用しているとAmazonによる出荷やカスタマーサービスの対象となるため、2つ目の指標が高評価となってカートボックス獲得の可能性が高くなる場合があります。
また、3つめについては、必要な注文数はカテゴリーごとに異なるようで、具体的な数字は公表されていません。

まずはこれらを押さえていきましょう。
ただし、必須条件はカートを取るためにはあくまで前提なので、次に説明する推奨条件の方が他社と差別化できる重要なポイントになります。

カート獲得のために重視されるポイント

Amazonがカート獲得において重視するポイントは4つあります。

  1. 競合より求めやすい価格か?
  2. 配送において競合より優れているか?
  3. 優れたカスタマーサービスを提供できているか?
  4. 在庫を切らしていないか?

順に見ていきましょう。

競合より求めやすい価格か?

当然ではありますが、ユーザーはより安い価格で購入したいため、競合より低価格で販売するのは単純ですが効果的です。
Amazon内の「価格設定ダッシュボード」で自店舗と他店舗の商品価格の比較情報が見れるので、現時点でカートを取れていない場合は価格設定を見直してみましょう。

配送において競合より優れているか?

競合よりも早くお届けできたり、配送料無料のオプションが提供できていると、カートボックスを獲得できる可能性は高まります。
必須条件の解説でも触れましたが、FBAやマケプレプライムなどを利用することで優遇される傾向があるので検討してみてください。

優れたカスタマーサービスを提供できているか?

言葉だけを見ると少しわかりにくいかもしれませんが、簡単に言うと「アカウントが健全に運営されているかどうか」ということです。
具体的には必須条件の2つ目と同じく注文不良率、キャンセル率、出荷遅延率などが特に重視されますが、その他の指標も考慮されているので、ぜひユーザーファーストな運営を心がけてみてください。

在庫を切らしていないか?

在庫切れはカート獲得に限った話ではなく、ランキングやSEOにも悪影響を与えかねないため、特に注意しましょう。
「Amazon出品コーチ」という機能では、在庫不足や在庫切れ、在庫を補充すべきタイミングなどをリアルタイムに通知してもらうこともできるため、気になる方はこちらも検討してみてください。

【出典】
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/external/G201687550

まとめ

以上、Amazonで売上を上げる大前提となる、「カートボックスの獲得」についてご説明しました。

本記事の情報のようにAmazonは目まぐるしくアップデートし続けています。
「カートを取る」ための対策をぜひ実践していただき、チャンスの多いAmazonで売上拡大を目指していきましょう。
弊社ではキャッチアップが難しいAmazonの最新動向も常に押さえた支援をご提供しておりますので、ぜひ下記からサービス資料(PDF)をお受け取りください。

<Amazon>支援サービス資料

【サービ資料のご請求はこちら ▼】