Amazonでの自社サイトとは違う売上UPのポイント

Amazonでの自社サイトとは違う売上UPのポイント

Amazonと自社サイトとの違いとは?

あなたはAmazonで本当に、思い通りに売れていますか?

・Amazonの売上を伸ばしていきたい
・自社サイトもやっているがAmazonで売上をあげる方法を知らない
・他の競合がAmazonでどう売上を伸ばしているか知りたい
・Amazon広告を使う意味、使用した場合の効果が知りたい

もし一つでも当てはまる場合は、この後の話をぜひ参考にしてください。

どのように販売していけばいいのか?

自社サイトと同じ?

答えは“NO”です。

では、どのようにすればAmazonでの売上は拡大できるのでしょうか?

ポイントは2つです。

・商品ページの情報最適化
・広告の利用と最適化

どちらも行うことがAmazonの売上拡大には重要です。

ただ「自社ではもうやっているけど・・・」そんな方も多いのが事実です。

商品を出品することが重要なのではありません。
Amazonで売れるための有効な施策を行うことが重要なのです。

実は有効な施策ができていない企業様がほとんど

逆に言えば、施策を正しくやれば競合に勝てるということでもあります。

では、2つの施策はAmazonではどのような影響があるのでしょうか?

今回は、よくご質問にある「広告と商品ページは関連するの?」ということに対してお答えさせていただきます。

まず、当たり前のことですが広告経由で最後に到達するページは商品ページです。

今まで広告で訴求したいキーワードを設定しているが、表示(インプレッション)すらされないということが起こっていた場合、原因の多くは商品ページと設定キーワードに「関連性がない」ためです。

このように「対策」と一言でいうと簡単ですが、効果のない作業ほど、無駄な作業はありません。自社サイトとは違う、Amazonなりの仕様・特徴を正しく理解していない方がほとんどです。

まずは、それらを正しく知ることが大切なのです。


そこで、成功事例のお話と共に、ご提供しているサービスを詳しくお話させていただく無料セミナーを設けました。

「自社だけでは運用が不安」
「基本はわかっているが人手が足りない」
「代行サービスに興味がある」

といった経営者様・担当者様はぜひ一度ご参加ください。

セミナーの詳細・お申込み

アマゾンで商品ページ最適化が必要な理由とは
開催日:
11月20日(火)
開催地:
東京
アマゾンで商品ページ最適化が必要な理由とは
開催日:
11月22日(木)
開催地:
WEB


 
 

アマゾンカテゴリの最新記事