Amazonスポンサープロダクト広告の新機能の広告ターゲティング追加

Amazonスポンサープロダクト広告の新機能の広告ターゲティング追加

Amazonスポンサープロダクト広告の新機能

今回は、最近お問い合わせが急増している【Amazonスポンサープロダクト広告の新機能の追加】についてお話しします。

11月にAmazonスポンサープロダクト広告において大きな仕様変更がありました。これまでスポンサープロダクト広告は、出品者が指定したキーワード対して広告を表示するものでした。

しかし今回の仕様変更で、これまでのキーワードによるターゲティングに加え、新たに商品・カテゴリー等によるターゲティングが加わりました。

それにより、これまで意図的に表示することができなかった「狙った商品ページ」に意図した広告表示を行うことが可能となったのです。

また、カテゴリーによるターゲティングを使えば、「該当するカテゴリーに関連する検索結果および商品ページ」に対して広告表示を行うことも可能です。

【競合市場の獲得】など、様々な売上拡大のチャンスとなる仕様変更ですね。このターゲティング方法の追加は、先に対応した出品者様にとって『大きなチャンス』なります。

なぜならAmazonの広告は「広告運用の実績」が高いほど、有利に表示できる仕様のため、競合より先に運用実績を築くことによって、競合にとっての参入障壁を作ることができるからです。

早いタイミングでの着手が重要です。

広告が表示できないという問題

一方で、広告を設定しても思うような場所に広告が表示できないというご相談も、非常に増えております。

実は多くの場合、その原因は商品ページにあります。

スポンサープロダクト広告は、その商品広告を表示するかどうかを商品ページ内の情報と広告枠の関連性から緻密に判断しています。

つまり、「表示したい広告枠と関連する情報」を商品ページ内の、『正しい項目』に『正しい方法』で入力していないと、狙った広告表示ができないのです。

いつも. では、EC責任者様、経営者様からご要望をいただき、【Amazon商品ページ無料診断】を承っております。

どんな診断なのか?

弊社のコンサルタントがあなたの商品ページを分析・評価し、広告表示、検索結果表示、転換率向上のための適正な情報を入力できているかどうかフィードバックいたします。

ご希望いただければ、「お電話で」より具体的に指摘しながらお話させていただけます。EC責任者様、経営者様は、この機会にぜひ以下のリンクよりお申込みくださいませ。

▼Amazon無料診断のお申し込みはこちら ▼

※お問い合わせフォーム内「ご相談・お問い合わせ内容をご記入ください」の入力欄に「無料診断を希望する」旨をご記入ください。

itsumo365.co.jp/service/amazon

アマゾンカテゴリの最新記事