公開日:2019年2月6日

ECで勝てる品揃えのポイントを押さえる

品数は多いほうが良い?

「ECショップを運営するなら、品数は多い方がいい」
そう思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに、ECの売上を左右するのは「品ぞろえ」です。

 

  • 欠品させない「在庫量」
  • 同一カテゴリー内における「アイテム数」
  • お買い得品から高額品までそろった「価格の幅」

 

これら3つを押さえられれば、売上は確実に伸びます。

しかしながら、すべてのカテゴリーにおいて品ぞろえを充実させるには、資金力が必要となりますし、大手にはとても太刀打ちできません。

勝つためにするべきこと

それは、勝負する価格帯とカテゴリーを徹底的に調査し、勝てる品ぞろえを洗い出すことです。

まずは競合調査

自社と競合他社の商品がどの価格帯にどれくらいあるかを調べ、品ぞろえの参考にします。

売りたい価格帯の中に競合他社の商品が少なければ、そのまま販売を続けていても問題はありません。

一方、同じ価格帯に競合他社の商品が多くあれば、それだけ競争が激しいので、対策を考える必要があるのです。

自社の強みを発揮できる価格帯とカテゴリーを見つけ出し、そこに注力して無駄なく効率的に品ぞろえを増やしていくことで、勝利に近づくことができるのです。