「自社ECの注文件数が昨対150%!いつも.さんに教わったSEOとページ改善の成果です」

株式会社ヴェルディ 様

代表取締役 続木 義也 様

自家焙煎コーヒーを提供する喫茶店「カフェ・ヴェルディ」の経営や、コーヒーの通販を手がけている株式会社ヴェルディ(本社京都府)。

2004年から行っているコーヒー通販の売上をさらに伸ばすため、いつも.の「自社EC鉄則コンサルティングサービス」を2020年8月から契約してくださっています。

契約後は、自社ECサイトの集客や転換率向上につながる施策に取り組み、広告を使うことなく月間注文件数が前年同月比150%以上に増えるなど大きな成果を上げています。

「自社EC鉄則コンサルティングサービス」を契約してくださった経緯や、これまでに取り組んできた施策とその成果について、同社の続木義也様にお話をうかがいました。

株式会社ヴェルディ 様のサイトはこちら

■ ヴェルディ様の事例

課題:コーヒー通販の売上を伸ばすため、自社ECサイトの集客アップや転換率向上につながる施策を知りたかった。

対策:いつも.の「自社EC鉄則コンサルティングサービス」を2020年8月から契約。

成果:SEOやページ改善に取り組んだ結果、Google検索におけるオーガニック検索経由のアクセスが増えたほか、自社ECサイトの転換率も向上。広告を使うことなく、月間注文件数が前年同月比150%以上に増加した。

「いつも.さんのコンサルティングサービスを契約すれば、本質的な知識やスキルが身に付くと感じたので契約を決めました」

──まずはヴェルディ様の事業について教えてください。

弊社は2003年から、自家焙煎のコーヒーを提供する喫茶店「カフェ・ヴェルディ」を経営しています。現在は京都市下鴨に2店舗を運営しており、20種類以上の厳選したコーヒーと、トーストやサンドイッチなどの食事を提供しています。煎りたてのコーヒー豆を店頭でご購入いただくことも可能です。

──ECを始めた時期や、EC事業の現状について教えてください。

EC事業を始めたのは2004年です。遠方からカフェ・ヴェルディに来店してくださったお客様などが、コーヒー豆を通販で購入したいとおっしゃってくださったことから、FAXやウェブサイトでの受注を開始しました。

当初はカフェ・ヴェルディのウェブサイトに注文フォームを実装し、注文を手作業で処理していましたが、オンラインの注文件数が増えたことを受け、2013年にフルスクラッチで自社ECサイトを立ち上げました。2021年6月現在、運営しているネットショップは自社ECサイトの1店舗です。

──いつも.の「自社EC鉄則コンサルティングサービス」を契約してくださった理由をお聞かせいただけますか?

コーヒー通販の売上をさらに伸ばすために、自社ECサイトの集客や転換率向上につながる施策を学びたかったので、「自社EC鉄則コンサルティングサービス」を契約しました。

弊社は喫茶店の経営が本業ということもあり、EC事業では広告を一切使っていませんでした。それでも、口コミなどでオンラインの注文は徐々に増えていました。ですから、自社ECサイトを本格的にテコ入れすれば、売上がさらに伸びるであろうという手応えがあったんです。

──たくさんのコンサルティング会社の中から、いつも.を選んでくださった決め手は、どのような点だったのでしょうか。

いつも.さんのコンサルティングサービスを契約すれば、本質的な知識やスキルが身に付くと感じたので契約を決めました。

私がいつも.さんを知ったのは、2020年初旬に、いつも.さんのコンサルタントさんが登壇したセミナーに参加したことがきっかけです。そのセミナーはAmazonの戦略に関するものだったのですが、コンサルタントさんの講演を聞いて、いつも.さんはEC市場に詳しく、売上を伸ばす施策や運営実務にも精通していることがよく分かりました。ECサイトを長年運営してきた私の経験に照らしても、コンサルタントさんのお話は非常に納得感がありました。

「オーガニック検索経由のアクセス数が増え、転換率も向上したことで、2021年春以降は月間注文件数が前年同月比150~200%で推移しています」

──「自社EC鉄則コンサルティングサービス」では、これまでどのような施策を教わり、実行してきましたか?

最初に取り組んだのは、Google検索からの流入を増やすSEOです。「コーヒー」や「通販」といったビッグワードを含む検索クエリで、Google検索における上位表示を狙って対策を行いました。自社ECサイトの商品ページやカテゴリーページなどのタイトルとディスクリプションを私が考え、担当コンサルタントさんから表現や文字数などに関するアドバイスをいただいています。

自社ECサイトの導線改善や、コンバージョン率を向上させるページ改善にも取り組んでいます。初めてサイトを訪れたお客様が商品を探しやすいように、ナビゲーションやサイドメニューを改善したほか、ハンバーガーメニューの表示順序を見直すなど、細かい施策も積み重ねています。

──そういった施策に取り組んだことで、どのような成果が表れていますか?

Google検索におけるオーガニック検索経由の流入数が、前年比20%ほど増えました。以前は100位圏外だったキーワードの検索結果順位が20位以内に上がるなど、SEOの成果が表れています。

また、自社ECサイトの転換率も向上しました。商品を見つけやすい導線を作り、商品の魅力が伝わるコンテンツを増やしてきた結果だと思います。

オーガニック検索経由のアクセス数が増え、転換率も向上したことで、広告を使うことなく2021年春以降は月間注文件数が前年同月比150~200%に増えました。現在の自社ECサイトの月間売上高は前年同月比約150%の水準で推移しています。

「施策を実行すべき理由を説明してくださるので、1つ1つの施策を納得しながら実行することができています」

──「自社EC鉄則コンサルティング」のサービスの内容や、弊社の担当コンサルタントに対する率直な感想をぜひお聞かせください。

担当コンサルタントさんは施策をアドバイスするだけでなく、「施策を実行すべき理由」を説明してくださるので、1つ1つの施策を納得しながら実行することができています。

また、担当コンサルタントさんは弊社のECサイトで商品を実際に購入し、ユーザー目線で改善策をアドバイスしてくださることもありました。そこまでしてくださるコンサルタントさんは、なかなかいないと思います。本気で弊社に向き合ってくださっていることを、とても嬉しく思っています。

──最後に、EC事業の今後の抱負をお聞かせください。

2021年8月中をめどに、自社ECサイトのリニューアルオープンを予定しています。現在のECサイトは構築してから年数が経過していることもあり、さらに売上を伸ばすには、ECシステムの刷新が必要だと判断しました。リニューアル後はEC事業で初めてウェブ広告も実施する計画です。

EC事業を拡大する上で、喫茶店を経営していることが強みになると思っています。実店舗を持っていることは、企業の信頼性に影響し、ECサイトで商品を購入する際の安心感にもつながるでしょう。実店舗とECサイトの連携も意識しながら、ECの売上をさらに伸ばしていきたいです。

株式会社ヴェルディ 様にご利用いただいているサービスについてはこちら⇓

<自社EC鉄則コンサルティングサービス>