アマゾンで対策していきたい施策

アマゾンの、【最新!検索アルゴリズムの3大対策】についてお話しします。

アマゾンで売上拡大を目指すうえで様々な要素が必要ですが、その中でも重要なのが検索順位です。

検索したキーワードに対してあなたの商品が上位に表示されていれば
購入者の目に留まる回数も増え、売上が拡大しやすくなります。

3つのポイントで検索アルゴリズムの対策をしていきましょう

今回はアマゾンの検索アルゴリズムに沿った対策方法は大きく3点あります。

(1)キーワード間は半角スペースで区切る

(2)内部的な文字数上限

(3)検索対象外キーワードを入れ替える

キーワード間は半角スペースで区切る

アマゾンの検索設定では各キーワードとの間に半角スペースを入れることで別々の単語として認識されます。

全角スペースや「、」で区切っても別々の単語として認識されないので注意してください。

内部的な文字数上限

検索キーワードは無限に登録出来るわけではありません。

単語数ではなく文字数で上限が決まっています。

上限数を超えてしまうと検索対象外となります。

こちらも注意が必要です。

検索対象外キーワードを入れ替える

設定したキーワードで検索しても検索結果に商品が表示されない場合もあります。

これはアマゾンがキーワードに対して、検索対象外と判断したためです。

検索対象外のキーワードは登録していても文字数の無駄になってしまいます。

発見したら他のキーワードに入れ替えましょう。

きちんと対策していても、結果がでない・・・とお悩みの方

しかしながら、適切なキーワードを設定しても

「思ったように売上が伸びない」「上手く運用ができているか不安」といった方もいると思います。

検索キーワード以外でも、商品ページ内で適切な設定がされているか
さらに今後売上アップが見込めるかどうかを弊社が【無料】で診断をさせていただきます。

Amazon支援サービスとは

とはいえ具体的にどのように対策をするべきか
わからないという方もいらっしゃるかと思います。

そこで弊社がもつ、成功事例をもとにあなたの不安や課題を解決いたします。

「アマゾンの売上拡大に伸び悩んでいる」

「現状の商品ページが最適かどうか分からない」

「商品ぺージの改善方法が分からない」

といった経営者様・EC事業部責任者様も
ぜひ下記リンクより、お気軽にお申し込みくださいませ。

▼ Amazon支援サービスの詳細・お申し込みはこちら ▼
https://itsumo365.co.jp/service/amazon/

 

この記事を書いた人

いつも. マーケティングチーム
いつも. マーケティングチーム
いつも.のマーケティングチームです。
ECが大好きなメンバーが集まっています。国内からグローバル、自社からAmazon&楽天まで、ECにまつわるあらゆることを発信していきます!