公開日:

Amazonが首都圏の東京・青梅と千葉・流山に新たな物流拠点を開設

Amazonが首都圏の東京・青梅と千葉・流山に新たな物流拠点を開設

みなさんこんにちは。Amazon(アマゾン)出品・サイト運営におけるコンサル、広告運用、運用代行などでAmazonマーケティングを支援する、いつも.のコンサルタントです。

アマゾンジャパン合同会社は、物流拠点であるフルフィルメントセンター(FC)の東京都青梅市と千葉県流山市における開設を2021年10月7日に公式リリースしました。(Amazon、東京と千葉に新しい物流拠点を開設

これにより、Amazonはこれまで以上に幅広い商品の品揃えを提供し、顧客により迅速に商品を届けられる体制を強化、年末商戦や年末年始の大型休暇に向けて、数千以上の販売事業者が、日本全国のより多くの顧客へ商品を届けられるようになったとしています。

商品保管能力が10%以上増、全国20超の物流拠点体制へ

このたび開設されたFCは以下の通りです。

「アマゾン青梅フルフィルメントセンター」
所在地:東京都青梅市
延べ床面積:67,518㎡
稼働開始日:2021年9月22日

(出典: Amazon、東京と千葉に新しい物流拠点を開設

「アマゾン流山フルフィルメントセンター」
所在地:千葉県流山市
延べ床面積:119,959㎡
稼働開始日: 2021年10月13日

(出典: Amazon、東京と千葉に新しい物流拠点を開設

両拠点の合計収容能力は140万立方フィートにもなります。

これにより、Amazonの国内のFCは20カ所以上に拡大し、商品保管能力は10%以上増加、合計で1500万立方フィート以上となったとのことです。

Amazon Roboticsなどの革新的技術を導入

また、新しく開設された両FCには、Amazon Robotics、自動化機能などが導入されており、これらの革新的な技術は、注文の処理を迅速に行い、商品をトラックに素早く積み込めるように作業を効率化することで、顧客への迅速な配送を可能とするとしています。

Amazon Roboticsについては、2019年4月に開業したアマゾン茨木FCで導入されており、以下の情報が開示されています。

Amazon Robotics(アマゾン茨木FC)

■「アマゾン茨木FC」導入のAmazon Roboticsについて
名称: Amazon Robotics
構成: 可動式の商品棚およびその商品棚を動かすドライブ
ドライブ重量: 約136kg
積載可能重量: 約567kg
移動速度: 秒速約1.7m

(出典: Amazon、国内2拠点目となる「Amazon Robotics」導入FC「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」の本格稼働開始)

数千人規模の雇用機会を創出し、地域社会活性化へ

また、この度の開設は、特に地域の人々に、多様な雇用機会を創出するものとなるとのことです。

様々な背景を持つ人々が多様な働き方で、Amazonの物流ネットワークにおけるあらゆる役割を果たすとともに、研修やスキルアップの機会を通じて学習し、成長する機会もあわせて提供されるとしています。

アマゾンジャパン合同会社 FC事業統括本部長  島谷 恒平氏は以下のコメントを述べています。

「東京と千葉はAmazonにとって重要な地域です。物流拠点の拡充、テクノロジーへの重点的な投資は、Amazonの地域社会活性化へのコミットメントを表します。今回の新しいFCの開設で、数千人規模の雇用機会が創出されることを楽しみにしております。拡充により、販売事業者の方々にとってもAmazonのフルフィルメントサービスをより身近に利用できるようになり、お客様への距離と時間が担保されます。また、Amazonでは、お客様のために常に技術革新を続けており、世界中の拠点でオペレーションやフルフィルメントに関する考案を常に模索しています。」

以上、首都圏におけるAmazonの物流拠点の拡充についてお送りしました。