中国に越境ECするならこれだけは確認!中国のEC市場の特徴とポイントをまとめてみた

世界最大のEC市場を持つ国は、中国です。

これから越境ECを始めるのなら、最大のマーケットを持ち、距離も近い中国は有力な候補地の一つだと言えるでしょう。

中国は他国とは異なる、独自の市場を形成して成長してきました。

そのため中国に進出するにあたっては、中国のEC市場のリサーチは欠かせません。

今回は中国への越境ECを検討している方のために、最低限頭に入れておきたい、中国のEC市場の特徴や基礎知識、トレンドなどについて解説していきます。

中国の国内ECモールが独占状態

世界最大のEC市場を持つ中国は、経済産業省の令和元年度電子商取引に関する市場調査によると、2019年時点で 1.93 兆 US ドル(約208兆円、1USドル=108円換算)で世界最大です。

この市場規模は、日本の10倍以上という巨大さです。

毎年11月11日は中国では独身の日と呼ばれ、ECの大セールが行われ記録的な取引が行われます。

中国ではECモールの影響力が圧倒的に強く、自社サイトでの売上は非常に少ないのが特徴です。

また、中国におけるモバイル決済サービスは、アリババグループが提供している「アリペイ」と、テンセントの「ウィーチャットペイ」が代表的です。

アリババグループとテンセントは両社とも、モバイル決済の利用促進策を大々的に展開しています。

このモバイル決済の利用促進策が、EC市場の拡大にもつながっています。

中国EC市場ではインフルエンサーマーケティングが活発

中国でも日本同様、ECモール内のバナー広告や検索連動型広告、アフィリエイト広告などが使われています。

また近年では、SNSやライブ配信アプリなどを活用したインフルエンサーマーケティングが活発に行われている点も特徴です。

中国のインフルエンサーは「KOL(Key Opinion Leader)」や「網紅(ワンホン)」などと呼ばれています。

なかには、1回のライブ配信で数億円を売り上げるインフルエンサーもいます。

中国モールへの出店には現地法人が必要!?日本から越境ECする方法について

日本から中国への越境ECの年間販売金額は、2019年で推計約1兆6558億円にもおよびます。(経済産業省 令和元年度電子商取引に関する市場調査

日本企業が中国でECを行うためには、どのような方法があるのでしょうか?

中国での主なECモールであるTmallやJD.comは、中国に法人を持たない企業の出店を認めていません。

そのため日本企業は、越境EC専門のECモールに出品・出店する必要があります。

越境EC専門のECモールには、「Tmall Global(天猫国際)」「JD.worldwide」「Kaola.com」などがあります。

 

日本から中国へ越境ECする際の配送方法まとめ

越境ECの配送方法は、以下2種類あります。

  • 国際スピード郵便(EMS)
  • 保税区モデル

「国際スピード郵便」を使えば、商品を日本から中国に直送できます。

「保税区モデル」とは、中国国内に設けられた保税倉庫に在庫を一旦保管し、ECサイトで注文を受けてから出荷する配送方法のことです。

以下3点の理由から、国際スピード郵便よりも保税区モデルの利用が進んでいます。

  • 通関がスムーズに進むこと
  • 受注から配送までの日数が短く済むこと
  • 荷物1個あたりの送料が安価なこと

また中国では、広範囲で温度管理が可能な配送方法として「コールドチェーン」が整備されつつあります。

これにより、今後は食料品の越境ECも拡大していくことが予想されています。

まとめ

中国は、世界最大のEC市場規模を誇ります。

中国のEC市場の主な特徴は、以下の3点です。

  • 国内ECモールの影響力が強く、TmallとJD.comなどが大きな影響力を持つ
  • モバイル決済の普及率が高く、EC市場の拡大も後押ししている
  • SNSやライブ配信アプリなどを活用した、インフルエンサーマーケティングが活発

このように中国のEC市場では、日本やアメリカとも異なる、独自の特徴があります。

中国に越境ECするのなら、この3点は頭に入れておいて損はありません。

また日本から中国のECモールに出店するためには、越境EC専門のECモールに出品・出店する必要があります。

中国に越境ECをするのなら、シェアが高いTmall GlobalやJD.worldwide、Kaola.comなどの越境ECモールへの出店を検討するといいでしょう。