ECパッケージ・クラウドって?メリットとデメリット、選定の仕方まで徹底解説

ECパッケージ・クラウドって?メリットとデメリット、選定の仕方まで徹底解説

EC事業を成功させるためには、様々な要素が必要です。

上の図はEC事業を成功させるために重要な要素や業界のサービスをまとめたマップです。これらのなかには、主に以下の要素があります。

  • (マップ左端)販売チャネル…どの場所で売るか
  • (マップA)サイト構築…どんなサイトを構築するか
  • (マップB)集客…どんな方法でお客さんを集めるか
  • (マップC)転換率向上…集めた見込み客を購入に転換する
  • (マップD)リピート…一度購入してくれたお客さんに長くファンになってもらう

各要素には複数の種類があり、そのうちのどれを選ぶかも重要です。今回はマップAの「サイト構築」から、「パッケージ」と「クラウド」について説明していきます。

1.自由なカスタマイズが可能!ECパッケージ・クラウド(システム)のメリットとデメリット

EC事業に参入して成功するために、「販売チャネル」と並んで、まず最初にするべきことが「サイト構築」です。サイト構築をするうえでは、インターネットを通じて商品を販売するためのシステムである「ショッピングカート」が必要です。

このショッピングカートには、大きく分けて以下5種類のタイプがあります。

  • スクラッチ
  • パッケージ・クラウド
  • ASP
  • オープンソース
  • 無料

パッケージ・クラウドは一つの言葉ではなく、「ECパッケージシステム」の「パッケージ版」と「クラウド版」を指します。ここでは、このECパッケージシステムについて、詳しく説明していきます。

1-1.ECパッケージシステムとは?

ECパッケージシステムは、ECサイトを構築するために使われるソフトウェアをパッケージ化したものです。ECパッケージシステムには、ECに必要なシステム基盤が備わっており、それをベースにEC事業者ごとに機能開発を行います。

ECパッケージシステムはカスタマイズの自由度が高く、独自のサービスや売り方をECサイトで実現できます。自社の基幹システムとの連携や、実店舗との在庫連携など、大規模なシステム開発を行うEC事業者も少なくありません。

ただしECパッケージシステムを導入するための初期投資やランニングコストは、ECのプラットフォームをネット上でレンタルする方式の「ASP」と比べて非常に高くなります。ECパッケージシステムの初期費用は、数百万〜数千万円かかるのが一般的です。

そのためECパッケージシステムは、年商50〜100億円以上を狙うような大規模EC事業者が導入するケースが多くなっています。またEC参入当初にASPのショッピングカートを利用していたEC事業者が、売り上げの拡大に伴い、ECパッケージシステムに乗り換えるケースも目立ちます。

ECパッケージシステムは外部ツールとの連携を比較的柔軟に行えることから、以下のツールと連携させて利用するEC事業者もいます。

  • CRMツール…顧客関係管理を支援するツール
  • 集客ツール…お客さんを集めるためのツール
  • マーケティングオートメーションツール…見込み客の獲得から営業マンによる商談までのマーケティング業務を、自動化・最適化するツール

また、ここ2〜3年のトレンドとして、ECパッケージシステムを活用して「オムニチャネル」に取り組む小売企業も増えてきました。オムニチャネルとは、実店舗やウェブショップなど複数の販売チャネルを連携させ、顧客にとって最適な購買方法を提供する販売形態です。

実店舗とECサイトの顧客IDの統合、さらには在庫連携などにECパッケージシステムが活用されています。

1-2.クラウド型も続々登場

近年は、クラウド型で提供されるECパッケージシステムも増えています。カスタマイズの自由度が高いECパッケージシステムの長所を残しつつ、基本機能をクラウド型で提供しているのが特徴です。

クラウド型では、システム提供会社がECパッケージシステムの機能の追加やアップデートを随時実施するため、EC事業者はECサイトを立ち上げた後も常に最新の機能を利用できます。クラウド型のECパッケージシステムを導入するのは、年商規模が数億〜50億円のEC事業者が中心です。

カスタマイズの自由度の高さはそのままに、最新の機能も利用できる利便性の高さなどから、クラウド型を選ぶ企業は今後も増えていくことが予想されます。

1-3.クラウド型のECパッケージシステムのメリット

ここまで説明してきたように、ECパッケージシステムを導入するのなら、クラウド型のほうがおすすめです。クラウド型には、以下のメリットがあります。

  • 最新のシステムを使える
  • カスタマイズやシステム連携が自在
  • サーバーダウンを防げる

先ほども説明したとおり、クラウド型のECパッケージシステムでは追加機能のリリースやアップデートを随時実施しているため、EC事業者は常に最新のシステムを利用できます。

もちろんパッケージ型同様、カスタマイズやシステム連携も自在です。

またクラウド型のECパッケージシステムでは、サーバーの増減も設定できます。ウェブサイトは訪問者数が一時的に急増すると、サーバーがダウンし、アクセスができなくなります。ECサイトの場合、サーバーダウンは大きな機会損失です。

その点サーバー数を増やせるクラウド型のECパッケージシステムなら、このような機会損失を防げます。

1-4.クラウド型のECパッケージシステムのデメリット

クラウド型のECパッケージシステムには、以下のデメリットもあります。

  • コストが高い
  • ECサイトの保守管理ができない

クラウド型のECパッケージシステムは、使用するための月額料金が数十万円します。そのため中~大規模のEC事業者でなければ、導入は難しいと言えるでしょう。

また多くのクラウド型のECパッケージシステムではソースコードを開示していないため、EC事業者が自社で保守管理をすることはできません。

2.今注目のECパッケージ・クラウドを紹介

ECパッケージシステムには、様々なサービスがあります。ここでは、今注目のECパッケージシステムを紹介していきます。

2-1.ecbeing

出典:ecbeing

「ecbeing(イーシービーイング)」は、「株式会社ecbeing」が提供するECパッケージシステムです。ecbeingは中堅・大手向けのパッケージECシステムでシェアが大きく、実績も豊富です。

ecbeingは、標準機能とオプションが幅広くなっています。カスタマイズによる外部サービス連携も可能ですが、標準機能とオプションだけでも充分なほど、総合的なEC運用機能が備わっています。

2-2.W2 Commerce V5

出典:W2 Commerce V5

「W2 Commerce V5(ダブルツーコマース)」は、「w2ソリューション株式会社」が提供するECパッケージシステムです。W2 Commerce V5はプログラムを共用しないASPサービスで、イメージのままに機能を組み立てたり、カスタマイズしたりできます。

またプログラムやサーバーなどのインフラ構築に強いのも、W2 Commerce V5の特徴です。

売上に連動したサーバー回線領域が提供されるので、イベント時の短期間アクセス増加にも対応可能です。

2-3.ebisumart

出典:ebisumart

「ebisumart(エビスマート)」は、「株式会社インターファクトリー」が提供するクラウド型のECパッケージシステムです。

クラウド環境で常にシステムが自動でアップデートされるので、最新機能や最適なインフラが利用できます。もちろん外部システムとの連携や機能カスタマイズにより、事業の成長に合わせたサービス拡張も可能です。

2-4.EC Orange

出典:EC Orange

「EC Orange(イーシーオレンジ)」は、「株式会社エスキュービズム」が提供するECパッケージシステムです。

EC Orangeは、オープンソースで自社開発や外部開発など、EC事業者側の対応で自由にカスタマイズできる拡張性が特徴です。インフラや運用、保守は、他社と連携したサポートが提供されます。

3.ECパッケージサービスの選定ポイント!

ここまで注目のECパッケージシステムについて紹介してきましたが、どのようにサービスを選べばいいのか分からないという方もいるでしょう。そこでここでは、ECパッケージシステムのサービスを選ぶうえでのポイントについて説明していきます。

3-1.業者との商談には事業計画を持参

一口にECサイトと言っても、各プロジェクトの内容によって、最適なサイト構築の方法は異なります。ECパッケージサービスの導入について業者と話し合う際には、プロジェクトの企画や目的を正しく伝えるため、「RFP(提案依頼書)」をもとに協議を進めましょう。

3-2.相見積もりを取り、提案内容を比較

ECパッケージシステムを導入する際には、複数の業者から相見積もりをとりましょう。相見積もりをとれば、自社に最適なシステムの構築ができるサービスがどれなのか検討できます。

相見積もりの際は、業者からの様々な提案に対し、投資価値があるか、不要な機能はないか、時間をかけて確認するようにしましょう。

3-3.成長ステージに合わせて構築する

自社にとってベストなEC機能は、時期や顧客属性により変化します。そのため最初からサイト構築を完成させてしまうと、後で調整の必要がでてきます。初期構築は、必要最低限で行うようにしましょう。

4.まとめ

ECパッケージシステムは、ECサイトを構築するために使われるソフトウェアをパッケージ化したものです。ECパッケージシステムはカスタマイズが自在で、自社独自のサービスや売り方を実現できます。

ECパッケージシステムには、パッケージ型とクラウド型の2種類があります。このうちクラウド型は随時アップデートが実施されるため、常に最新の機能を利用可能です。

初期費用や月額料金が高額な点がデメリットですが、費用が負担にならないのなら、ぜひECパッケージシステムの導入も検討してみてはどうでしょうか。

EC構築・デザインカテゴリの最新記事