楽天店舗の商品をお客様に見てもらうには?

楽天店舗の商品をお客様に見てもらうには?

【商品ページでの回遊】とその重要性について

今回は、ページビューと滞在時間を向上し、転換率のアップにまで影響のある

【商品ページでの回遊】とその重要性についてご紹介します。

売上に直結する転換率を向上させる上でページ内を回遊させることは非常に重要な施策です。

商品と欲しい気持ちのズレを解消していく

いかに店舗で商品ページを作り込んでも、検索して欲しいと思っていた商品と少しでもズレが生じていた場合には
せっかく商品ページに引き込んだお客様が、商品ページから『戻る』を押して離脱してしまえば
ユーザーは再び楽天全体の検索画面へと戻ってしまうため再び自店舗に引き込むことは難しくなってしまいます。

ズレを解消していくための対策

しかし、店舗内にも例えば「ボトムス」「小物」「帽子」など、様々なカテゴリがあり離脱する前に、
そのカテゴリページに誘導することができれば、楽天全体から探し直すのではなく、
自店舗のカテゴリの中から色々な商品を改めて見てもらえる状態に持ち込むことができます。

マクロからミクロの検索状態にすること

このように、
『楽天で探す』という状態から
『店舗で探す』という状態に移行すること

転換率を向上させる上で非常に大きな意味を持ちます。

実際に、ページビューや滞在時間が増えると転換率アップが倍以上にも上がるというデータもあるため、
回遊施策を行うことは非常に重要なのです。

実店舗での行動からWebでの行動を考えてみる

例えば『Tシャツ おしゃれ』など、型番や商品名ではなくざっくりとしたキーワードで
検索を行っている状態は、実店舗に例えると、大きなショッピングモールで
ウィンドウショッピングをしている状態と似ています。

店舗側としては、ショッピングモールで店先に商品を出している状態と同じで
商品ページをクリックして来店したユーザーはその店先でまだ商品を見ている状態なのです。
この状態は店舗には入っているものの、まだモール全体で商品を探している状態です。

店舗内で回遊させることが転換率アップへつながる

店舗内で他にも商品を扱っているという情報は実店舗であれば、店舗内の商品が必ず目に入るため確認できますが
ECページの場合、動線やカテゴリをページ内で意識して見せておかないと
これ以上の商品があるかどうかを視認できないため、再びウィンドウショッピング状態となってしまうのです。

そのため、転換率を上げるためにも一度引き込んだユーザーを【店舗内で回遊させる】必要があるのです。

商品ページの中で店舗内で取り扱っている商品が、すぐに探せる状態に自店舗がなっているかどうか
今すぐ確認してみましょう。

まずはご相談ください

きちんと商品を探せる状態になっているのかな?と不安になった方、ご安心ください。

いつも. では、「自店舗のどこに課題があるのかわからない」
そのようなお悩みをお持ちの方に【いつも. 式 店舗診断】を無料で実施しています。

自社ECコンサルティングサービスとは
弊社の9300社を超える支援実績の中で培った成功ノウハウをもとに、それぞれ項目ごとに診断させていただきます。

弊社精鋭コンサルタントの診断によって、今すべきことがはっきりすれば
効率的に売上改善を図っていくことが可能となります。

ぜひこの機会に、課題の棚卸をしてみませんか?

診断後のしつこい営業は一切ございません。ぜひ下記リンクからお気軽にお申し込みください。

 

▼ 自社ECコンサルティングサービスの詳細・お申し込みはこちら ▼
     itsumo365/service/ec/tessokuconsulting

楽天市場カテゴリの最新記事