2020年10月09日

売上アップと業務の効率化を両立できる!ECサイト運営に役立つツール(1)

ツールは使い方次第で、売上をアップさせる強力な武器になる

今回は、わずらわしい業務を代わりにやってくれる上に売上がアップする運営体制に改善してくれる、EC運営に役立つツールをご紹介します。

売上アップと業務の効率化を両立できるのがツールです。

EC運営に使えるツールは数が多いため、今回は主要なツールの種類を一部お伝えします。

「毎日の業務が処理しきれていない」という方は、ぜひお読みください。

これははずせない、購入率を上げる4つのツール

これから購入率を向上させるツールを4つ紹介します。

(1)レコメンドツール

レコメンドとは、Amazonや楽天などのモールでよく見られる
「この商品を買った人はこんな商品を買っています」、といったものや、
ユーザーが見ているページに合わせて類似商品を自動で表示してくれる機能です。

 

(2)パーソナライゼーションツール

現在ページを見ているAという人の購入履歴やページ閲覧時間などの行動をデータ分析機能やAIが記憶し、

以前商品を購入したBという人物と似た行動であることを判断し、

Bが購入した商品を興味がありそうな商品としてオススメしたり、商品購入を迷っているとAIが判断したユーザーにクーポンを出すなどをしてくれる機能です。

スマホ時代で消費者がいろいろなサイトを見て回る傾向が強くなった中で、潜在客を逃さないためにも必須の機能となっています。

 

(3)エントリーフォームツール

商品購入やID登録の際などに、必須項目の入力漏れがあった場合に教えてくれる機能で、情報をスムーズに入力できるようにサポートするものです。

入力に時間がかかっている部分がわかるものもあり、ユーザーの利用体験からサイトを改善し、スムーズな商品購入に導いてくれるので、売上に影響する重要なツールとなっています。

 

(4)コンテンツ自動表示ツール

モールなどでよく見る「この商品はこれだけの人が買っています」「こんなレビューがありました」「今購入すると何日後に届きます」といった個別の情報を自動で表示してくれるツールです。

サイト上で更新をしていなくても新しさを出してくれるものや、ランキングを自動で生成してくれるものもあります。

日々変化する内容を人手で都度更新するのは大変ですが、その手間を省いてくれるツールを利用することで、他の作業に貴重な時間を割くことができるのです。

 

今回は4種類のツールを紹介させていただきました。
便利なツールはまだまだたくさんありますので、次回お伝えしたいと思います。

「ECサイト運営に役立つツール(2)」の記事はこちら

事業を効率化することで、集客や売り場づくり、接客に取り組める

ツールを導入すると、EC事業の効率化が図れるだけでなく、情報収集や集客、売り場作り、接客、SNS活用といった幅広い業務に取り組むことが可能となります。

ツールをうまく活用して真に必要な業務に時間を使い、店舗の売上をアップさせていきましょう。