公開日:2016年12月28日

楽天スーパーDEALを活用するとアクセス・転換率・リピート顧客率がアップする

今回は楽天ヘビーユーザーが多く利用する楽天スーパーDEALについてご紹介します。

ポイント還元率が高く、多くのユーザーが利用する楽天スーパーDEALですが、事業者にとって還元するポイントが増えたり、対象商品が売れた際に楽天側に売上の10%を支払う必要があるなど、コストアップの部分が目立ってしまいがち。
ですが、実際に運用してみるとそのコストを補って余りある結果が出ていますので、事例の数字も交えてその効果をご紹介しましょう。

楽天スーパーDEALは高還元率でユーザーの目に留まりやすい

楽天市場では通常商品だと20%のポイント還元が限界値ですが、楽天スーパーDEALであれば最大50%と高還元率を設定することが可能になります。
また、スーパーDEAL対象商品になると検索画面にスーパーDEAL対象商品として表示されることで検索商品の中でも視認性が格段に高まり、商品を検索しているユーザーにとってもポイント還元率が高い商品であることが一目で分かるため、他社の商品よりも圧倒的に有利な状態を作ることが可能です。

しかもスーパーDEALには専用の検索ページがあり、ここからの検索だとスーパーDEAL対象商品のみが表示されます。
例えば「ワンピース」と検索すると通常ページから検索した場合には100万商品以上がヒットしますが、スーパーDEALのサーチだと約1,000商品と競合する商品が大きく減り、やはり有利な状態になります。
ちなみに通常の検索であっても対象商品にはスーパーDEALのロゴマークが表示され、スーパーDEAL商品のみに絞っての検索も可能です。

上記のように、スーパーDEALのアクセス面の優遇による恩恵はニッチな商材でも確認できています。
例えば仏具を扱っている弊社のクライアントではスーパーDEALサーチとタイアップ枠を利用した結果、必要なときにしか買わないような商材であってもしっかりと転換率を伸ばすことができました。

楽天スーパーDEALへ出品すべき商品

スーパーDEALはユーザーにとってのメリットが大きいことから、楽天市場のヘビーユーザー、つまり会員ランクが高い優良顧客が集まりやすい点も特徴的です。
スーパーDEALはダイヤモンドやプラチナ会員のリピート顧客が多く利用している傾向にあり、商品の利益率自体は多少下がるものの、アクセス・転換率・優良顧客率の3つが向上するため、見せ筋となる商品を厳選して、なるべく多くの商品を出品しましょう。
特に以下のような商品がオススメです。

・高価格の商品
・アクセスが集まりにくい商品
・ニッチな商品
・在庫を無くしたい商品

【まとめ】楽天スーパーDEALをもっと活用するために

売上を上げるためにはアクセス増加、転換率の向上は必須になります。
商品登録、露出、イベント、リピート、商品ページ情報、付加価値など必要な施策をしっかり押さえておきましょう。

なお、楽天市場で売上UPするために最低限やるべきこと25のチェックリストでまとめました。
楽天市場で売上UPを目指す方は、下記のチェックリスト(PDF)をダウンロードしてみてください。

<楽天市場>売上UPするために最低限やるべき25のチェックリスト

【レポートダウンロードはこちら ▼】

ECに関する経営や売上UPのご相談は株式会社いつも.にお気軽にお問合せください。
また、「EC担当者 プロになるための教科書」など、いつもの書籍でも共有しております。
ご興味のある方はぜひご購入ください。