公開日:

【楽天スーパーDEALの活用法】商品登録と売上アップの解説

今回は楽天市場のヘビーユーザーが多く利用する「楽天スーパーDEAL」についてご紹介します。
ポイント還元率が高く、多くのユーザーが利用する楽天スーパーDEALですが、事業者にとっては、ユーザーに還元するポイントが増えたり、対象商品が売れた際に楽天市場に支払う手数料があるなど、コストアップの部分が目立ってしまいがちです。
ですが、実際に運用してみると、そのコストを補って余りある結果が出ていますので、事例の数字も交えて効果をご紹介していきます。

1)楽天スーパーDEALはポイントバックが魅力

まずはじめに、楽天スーパーDEALについて説明します。楽天スーパーDEALとは、対象商品の購入金額の一部を楽天ポイントでポイントバックされる楽天市場のサービスです。
楽天市場では、通常商品だと100円のお買い物で1%のポイントバックですが、楽天スーパーDEALのポイントバックは最低10%~最大50%であり、楽天会員であればエントリー不要で常時開催されているので誰でも利用することができます。また、人気ブランドメーカーを含む対象商品が毎日更新されているので、楽天会員にとっては大変お得なサービスなのです。
楽天市場のトップページには「スーパーDEAL」の導線が4箇所もあることから、楽天市場が力を入れているサービスであることが分かります。

2)楽天スーパーDEALは高還元率でユーザーの目に留まりやすい

楽天スーパーDEALであれば商品価格に対して最大50%と高還元率を設定することが可能です。また、楽天スーパーDEALの対象商品になることで、検索導線が増えたり、商品ページに「楽天スーパーDEAL」が大きく表示されるようになり、ユーザーの目に留まりやすくなる運用側のメリットがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

2-1)「楽天スーパーDEAL」の検索導線が増える

検索画面に楽天スーパーDEAL対象商品として表示されることで、検索される商品の中でも視認性が格段に高まり、商品を検索しているユーザーにとってもポイント還元率が高い商品であることが一目で分かるようになります。そのため、他社の商品よりもお得な商品としてユーザーに訴求することができるのです。
楽天スーパーDEALには専用の検索ページがあります。この検索ページ経由だと楽天スーパーDEALの対象商品のみが表示されるので、通常よりも競合が少ない状態で商品が掲載されます。
例えば「ワンピース」と検索すると、通常ページから検索した場合には150万商品以上が表示されますが、楽天スーパーDEALの専用検索ページから検索した場合は、約3,000商品と競合する商品が大幅に減って有利な状態になるのです(2021年11月16日時点)。
補足として、通常の検索であっても対象商品にはスーパーDEALのロゴマークが表示されます。

こうした楽天スーパーDEALのアクセス面の優遇による恩恵は、メジャーな商材だけではなく、ニッチな商材でも得ることができます。
具体例として、仏具を扱っている弊社のクライアントでは、掲載方法の「DEALサーチ」と「タイアップ枠(広告)」を利用した結果、必要な時にしか買わないような商材であってもしっかりと転換率を伸ばすことができました。

2-2)商品ページに「楽天スーパーDEAL」が表示される

楽天スーパーDEALで商品登録されている商品には「スーパーDEAL」アイコンと「対象期間」が表示されるため、商品ページでユーザーが買い物かごに入れる一押しの要素となります。楽天スーパーDEALは、24時間タイムセールとしても毎日更新されるため、販売期間を戦略的に設定することでユーザーの購買意欲を煽るなど様々な商品の売り出し方を工夫して運用することができるのです。

3)楽天スーパーDEALへ出品すべき商品

楽天スーパーDEALはユーザーにとってのメリットが大きいことから、楽天市場のヘビーユーザーや会員ランクが高い優良顧客が集まりやすい点も特徴的です。
楽天スーパーDEALはダイヤモンドやプラチナ会員のリピート顧客が多く利用している傾向にあり、商品の利益率は下がるものの「アクセス・転換率・優良顧客率」の3つが向上するため、見せ筋となる商品を厳選してなるべく多くの商品を出品するのが良いでしょう。

特に、以下のような商品を出品することをお勧めします。

・高価格の商品
・アクセスが集まりにくい商品
・ニッチな商品
・在庫を無くしたい商品

4)楽天スーパーDEALの出品方法

最後に楽天スーパーDEALの出品方法について説明します。
ここまで楽天スーパーDEALのメリットについて説明してきましたが、掲載費用を把握した上でポイントバックを設定して運用しなければ、利益が割れてしまう可能性があります。
楽天スーパーDEALには2種類の出品方法がありますので、それぞれの特徴に合わせて商品登録するようにしましょう。

4-1)楽天スーパーDEALに出品する課金方式は「成果報酬型」

楽天スーパーDEALの課金方式は、ユーザーのポイントバックとは別に売上の10%を手数料として楽天市場に支払う成果報酬型です(2021年11月16日時点)。
例えば、楽天スーパーDEALの「DEALサーチ枠」で10,000円の商品をポイントバック20%で掲載してユーザーが購入したとします。

この場合は以下の計算になります。

【商品】10,000円 -(【ポイントバック(20%)】2,000円-【楽天市場手数料(10%】1,000円)
=【売上】7,000円

※楽天市場へ支払う販売手数料、決済手数料は別途発生します。

以上のように、しっかりと発生するコストを把握した上でポイントバックの割合を考えましょう。

4-2)楽天スーパーDEAL「DEALサーチ枠」

商品の掲載期間は、最短1日~最長14日まで指定することができます(2021年11月16日時点)。また、最短でエントリーの翌日から商品登録ができるため、まずはお試しで始めたいという方は「DEALサーチ枠」から始めるのが良いでしょう。

商品が掲載される場所
(1)楽天市場の通常検索ページ
(2)楽天スーパーDEALの専用検索ページ

4-3)楽天スーパーDEAL「広告枠」

商品の掲載期間は、最短1日~最長14日と楽天市場が企画する内容により異なります(2021年11月16日時点)。また、商品登録するためには企画が開催される14日前までにエントリーが必須です。

(1)楽天市場の通常検索ページ
(2)楽天スーパーDEALの専用検索ページ
(3)楽天市場の企画ページ

【まとめ】楽天スーパーDEALをもっと活用するために

売上を上げるためにはアクセス増加、転換率の向上は必須になります。
商品登録、露出、イベント、リピート、商品ページ情報、付加価値など必要な施策をしっかり押さえておきましょう。

D2C・EC運用に役立つレポート(PDF)も公開中です。

 
【現在公開中のレポート一覧はこちら▼】
https://itsumo365.co.jp/report/