「新規顧客は約2倍、リピーターも増加中。Amazonで成功するための『攻略本』をいただいたような感覚です」

株式会社土居珈琲

代表取締役社長 土居陽介様

自社工場で焙煎したレギュラーコーヒーを、オンラインショップで全国の消費者に販売している株式会社土居珈琲様(本社大阪府)自社ECサイトを中心にEC事業を展開しながら、新たな顧客接点を作るため、近年はECモールでの販売にも注力しています。

そうした中、Amazon店の成長を加速させるため、いつも.が提供するコンサルティングサービス「Amazonセラー売上アップ支援サービス(セラーコンサルティング)」を2018年7月にご契約くださいました。
契約半年後には、月次の新規顧客獲得数が契約前の約2倍に増加したほか、リピーターも増えているそうです。「Amazonセラー売上アップ支援サービス」を契約した理由や、契約後の成果などについて、土居珈琲の土居陽介様に話を伺いました。

土居珈琲様のオフィシャルサイトはコチラ

土居珈琲様のAmazonのサイトはコチラ

 

課題:Amazonで新規顧客とリピーターを増やす施策を知りたかった。

対策:2018年7月に「Amazonセラー売上アップ支援サービス(セラーコンサルティング)」を契約。

成果:契約半年後には、月次の新規顧客獲得数が契約前の約2倍に増えたほか、リピーターも増えている。

「いつも.さんはAmazonの運営支援で豊富な実績を持っているので、コンサルティングをお願いすることにしました」

――まずは、土居珈琲様のEC事業の概要について教えてください。

レギュラーコーヒーの製造販売業で1975年に創業し、2000年に本店サイト(自社ECサイト)を立ち上げて、レギュラーコーヒーのネット通販を開始しました。それから約15年間は本店サイトのみで展開していましたが、新しいお客様との接点を作るため、2015年にECモールへの出店を開始。現在は楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングに出店しています。売上がもっとも多いのは本店サイトですが、成長率で見ると、ここ1年ほどはAmazon店が一番です。
 

――2018年7月に「Amazonセラー売上アップ支援サービス (セラーコンサルティング)」をご契約いただきました。契約した理由をお聞かせいただけますか?

Amazonでお客様を増やすための、正しい施策と、その優先順位を教わるために、「Amazonセラー売上アップ支援サービス(セラーコンサルティング)」を契約しました。

私はEC事業に20年近く携わっており、ECの知識はそれなりにあります。しかし、Amazonの仕組みに精通しているわけではありません。Amazon特有のノウハウや、Amazonならではの有効な施策もあるでしょう。
ですから、Amazonの運営支援で豊富な実績を持つ、いつも.さんのコンサルティングサービスを契約することにしました。

 

――たくさんのコンサルティング会社がある中で、いつも.の「Amazonセラー売上アップ支援サービス (セラーコンサルティング)」を選んでいただいた決め手は、なんだったのでしょうか?

いつも.さんはAmazonにおける運営支援の実績がありますし、それに加えて、弊社が以前から契約していた、いつも.さんの他のサービスの成果に満足していたため、契約を決めました。

弊社は2016年5月から、いつも.さんが手掛けているAmazon広告の運用代行サービス「Amazonスポンサープロダクト広告運用代行サービス」を契約しています。また、定額制の制作代行サービス「SUGOUDE(スゴウデ)」も利用していました。

これらのサービスを契約したことで、EC事業の強化や成長につながったことを実感しています。そして、いつも.の担当者さんの対応が良いことも含めて、「Amazonセラー売上アップ支援サービス(セラーコンサルティング)」を選びました。

「Amazonでやるべきことをアドバイスしてくださり、相談にも乗っていただけるのは、すごくありがたいです」

 

――「Amazonセラー売上アップ支援サービス(セラーコンサルティング)」では、どのような施策のアドバイスを受けたのでしょうか?

主に新規顧客を増やすための施策と、転換率を上げるための施策をアドバイスしていただいています。具体的には、商品ページの導線を改善する方法や、検索経由のアクセスを増やすためのキーワード対策、商品画像の改善方法などです。自社のサイトの欠点は、自分では気が付きにくいですから、第三者の目で客観的に改善点を指摘していただけると、とても助かります。

 

――「Amazonセラー売上アップ支援サービス(セラーコンサルティング)」を契約したことで、どのような成果が出ていますか?

契約から約半年が経過した2018年12月時点で、月次の新規顧客数は契約前の約2倍に増えました。そして、リピーターも増えています。モール内の検索対策に取り組んできたことや、商品の魅力を伝えるコンテンツを増やしてきたことの成果が表れているのだと思います。

また、Amazonで売上を伸ばすためのノウハウが社内にたまり、私や社員の成長にもつながっていると感じます。これもサービスを契約したメリットの1つでしょうね。

 

――「Amazonセラー売上アップ支援サービス(セラーコンサルティング)」の率直な感想を、お聞かせください。

Amazonセラー売上アップ支援サービス(セラーコンサルティング)」は私にとって、テレビゲームの攻略本のようなものかもしれません。Amazonという難しいステージをクリアするための、攻略本をいただいているような感覚なんですよ。

Amazonは、消費者にオンラインで買い物をしてもらうという目的に照らし合わせれば、とても優れたECモールだと思います。流通額は年々、すごい勢いで伸びていますよね。会社が成長していく上で、成長しているプラットフォームでビジネスを行うことが重要だと考えていますので、近年はAmazonを特に強化しています。

でも、契約前は、Amazonで売上を伸ばすために、優先的に何をすべきか判断するのが難しかった。それに、Amazonの機能は、どんどん進化していくので、最新の機能や仕様に付いていくのも大変でした。

そういった中で、Amazonでやるべきことを整理して説明していただけて、分からないことがあったときに相談に乗っていただける「Amazonセラー売上アップ支援サービス(セラーコンサルティング)」は、とてもありがたいサービスです。
「弊社のビジネスの考え方を共有していただき、これからも足並みを揃えてサポートしていただけると嬉しいです」

 

――株式会社いつも.に対する要望があれば、ぜひお聞かせください。

弊社は、本当に良いコーヒーだけを作っていきたいと思っています。ですから、安易な安売りはしませんし、短期的な売上を追うのではなく、長期的に買い物をしてくださるお客様を増やすことを重視しています。

こうした弊社の考え方を、いつも.さんにも共有していただき、足並みを揃えてこれからもサポートしていただけると嬉しいです。

 

――最後に、御社のEC事業の今後の展望を教えてください。

弊社は1975年に創業し、レギュラーコーヒーの卸売りを手掛けてきました。ただ、1980年代以降、大手のコーヒーチェーンが台頭し、オーナー経営の喫茶店の数が減っていく中で、法人向けの卸売りだけでは売上が先細りになることは明らかでした。ですから、新たなビジネスの柱を作るために、2000年にネット通販を始めたんです。

それから約20年が経ち、今では会社の売上のほぼすべてがECです。多くのお客様が、弊社のコーヒーを買ってくださっていることは、本当に嬉しいですし、とても感謝しています。

スーパーや他のネットショップなどでは、弊社よりも安いコーヒーがたくさん売られています。多くの商品がある中で、弊社のコーヒーを選んでくださるお客様に満足していただけるように、これからも良い商品を作り続けていきたいです。

お客様から選ばれるために、何か1つをやれば良いという「魔法の杖」はありません。お客様の期待に応え続けるために、目の前のことを1つ1つ改善していきます。

 

土居珈琲様にご利用いただいているサービスについてはこちら⇓
<Amazonセラー売上アップ支援サービス>